半永久的ににおわない!「mil-spec ミルスペック」海上自衛隊のために作られた消臭タオル

冬キャンプの防寒必須アイテム!暖かブランケットのご紹介

冬キャンプの防寒必須アイテム!暖かブランケットのご紹介
   
冬キャンプにいったけど、フィールドが寒くてたいへんな目にあったという方は多いはず。筆者も、さっと羽織れるブランケットがあったら良かったのにと思ったことがあります。今回は、冬キャンプの必須アイテム、おすすめの暖かブランケットをご紹介します。
   

意外に見落としがちなキャンプ場での寒さ対策

冬キャンプ ブランケット

 

意外に見落としがちなのが、キャンプフィールドで過ごす間の寒さ対策。

寒い季節でも暖かく眠ることができる寝袋や、暖をとるための焚き火台といった寒さ対策はみなさん入念に準備されているようです。

そこに、寒い時にさっと羽織れるブランケットがあると、冬キャンプが各段と楽しく快適になりますよ。

最近のアウトドア用ブランケットは、機能性だけでなくデザインもおしゃれになってきているので、キャンプフィールドでのおしゃれのワンポイントとして取り入れても良いかもしれませんね。

冬キャンプが楽しくなるような、お気に入りのブランケット見つけてください。

 

 

 冬キャンプに持って行くブランケット選びのポイント

冬キャンプ ブランケット

 

冬キャンプに持って行くブランケットならこういうものを!

ブランケット選びのポイントをまとめました。

 

ブランケットの防寒性と保温性が高い

冬キャンプに持って行くブランケット選びの1番のポイントは、防寒性と保温性が高いものを選ぶことです。

ダウン素材やフリース素材など、防寒性と保温性を備えた素材のブランケットがたくさん出ています。

 

撥水性と透湿性のある素材(60/40クロスなど)

撥水性と透湿性をあわせ持つ、「コットン60%/ナイロン40%」素材のブランケットがおすすめです。

キャンプフィールドでは、悪天候に遭遇することもしばしば。すぐに乾く素材のブランケットだと、安心して持ち歩くことができますよ。

 

コンパクトで持ち運びに便利

冬キャンプに持って行くブランケットは、コンパクトに折りたためて、持ち運びに便利な軽いタイプがおすすめです。

折りたたんで小さなポケッタブルになるタイプもあります。

 

デザインや機能性で選ぶ

最近は、ユニークなデザインのアウトドア用ブランケットが豊富に出ているので、冬キャンプでどのようなブランケットの使い方をするのか、想定しながらアイテムを選ぶようにしましょう。

たとえば、折りたたんだらクッションになったり、広げたらポンチョとして羽織れるブランケットもあります。

特にポンチョタイプのブランケットは、冬キャンプでとても重宝するのでぜひチェックしておきましょう。

 

 

冬キャンプにおすすめ!ブランケットのご紹介

冬キャンプ ブランケット

 

上記のブランケット選びのポイントをふまえて、おすすめのアイテムをご紹介します。

 

腰に巻いて使えるブランケット「grn outdoor 60/40 MAKU BLANKET GO9428Q」

冬キャンプ ブランケット 出典:grn outdoor

 

腰に巻いて使えるブランケットです。

大容量のポケットが付いていて、キャンプ場での調理やさまざまな作業のときにとても重宝しますよ。

コットン60%/ナイロン40%からなる「60/40クロス」素材を使用しており、撥水性と透湿性の機能にすぐれています。

小さくしてポケッタブルになるで持ち運びにも便利。

アウトドアで大活躍してくれる1枚です。

 

 

防災用としても活躍「Kachula カチュラ 多機能 アドベンチャー ブランケット キャンプ レジャーシート ポンチョ」

カチュラの多機能アドベンチャーブランケット。

キャンプやレジャーでポンチョやクッションとして使用できます。

また、防災グッズ、災害対策にも活躍してくれそう。

 

Kachula カチュラ 多機能 アドベンチャー ブランケット キャンプ レジャーシート ポンチョ

 







キャンプ道具カテゴリの最新記事