半永久的ににおわない!「mil-spec ミルスペック」海上自衛隊のために作られた消臭タオル

初心者必見!キッカーに挑戦する際に知っておくべき基礎知識と安全対策

初心者必見!キッカーに挑戦する際に知っておくべき基礎知識と安全対策
   
今回は、ゲレンデのパーク内に設置されているキッカーの各部名称や種類、それぞれの特徴や危険性について紹介します。キッカーの特徴や危険性を理解しておくことは、安全にパークを楽しむ上で非常に重要です。初心者さんは必ずチェックしておきましょう。
   

キッカーとは?

キッカー スノボ ジャンプ台

 

キッカーとは、人工で作られたジャンプ台を指します。

キッカーには4〜5mの小さいものから、20mを超える大きいものまで、さまざまな種類があります。

怪我をしないためには、個人の滑走レベルに合わせて適切な形状とサイズのキッカーを選択しましょう。

 

 

18-19 ANON RODAN 133621 アノン ヘルメット 【送料無料】

 

 

キッカーの各部名称

キッカー スノボ ジャンプ台

 

キッカーの各部名称は上記の画像の通りです。

それぞれの構造がどのような役割を持っているのかを紹介していきます。

 

アプローチ

アプローチとは、キッカーを飛ぶための加速をつけるバーンのことです。

アプローチでスピードの調節を失敗してしまうと、飛び過ぎやテーブル落ちなどの危険なミスジャンプに繋がります。

その日のコンディションやキッカーのサイズに合わせて、適切なスピード調整を行う必要があります。

 

アール(ボトム、トランジション)

アプローチからリップに向かって弧を描いてる部分を、アールやボトム、トランジションと呼びます。

アールがきついと体にかかる重力が大きくなるため、転倒などのミスにつながる危険性が高まります。

ここでためた力が、ジャンプの高さや安定性に大きく影響します。

 

リップ

正式には飛び出す場所の先端を指しますが、ボトムからリップまでの全体をリップとも呼びます。

スピンをするためにラインをとったり、ジャンプの踏切で使用する重要な場所です。

 

テーブル

リップの先端からランディングまでのフラットな部分をテーブルと呼びます。

ジャンプ後にスピードが足りず、テーブルに着地することをテーブル落ちといいます。

テーブル落ちは着地の衝撃が分散されないため、怪我につながる危険性の高いミスです。

しっかりとテーブルを飛び越えるようスピード調整をしましょう。

 

カド、デコ

テーブルからランディングに差し掛かる場所をカド、もしくはデコと呼びます。

こちらも着地の衝撃が大きいため、落ちると非常に危険な場所です。

 

ランディング

着地するバーンのことを指します。

傾斜がついているため、着地の衝撃が分散され、安全に着地することができます。

ランディングバーンの真ん中より少し上に着地することを目標に、スピードを調節しましょう。

 

 

 

 

キッカーの種類

次に、キッカーの形状による種類の違いや特徴を紹介します。

 

テーブルトップ

キッカー スノボ ジャンプ台







スノーボードカテゴリの最新記事