【メスティン】おうちで作るおすすめおやつ!メスティン折りやお手入れ方法も

輪行でサイクリングの幅を広げよう!ロードバイクと電車に乗る輪行の方法

輪行でサイクリングの幅を広げよう!ロードバイクと電車に乗る輪行の方法
   
ロードバイクは快適な乗り物ですが、車の多い街中だと不安もありますよね。そんな方におすすめなのが輪行です。ロードバイクと一緒に電車に乗り、目的地付近でスタートできる輪行は、サイクリングの幅を広げてくれます。今回は輪行の魅力と方法を解説します。
   

ロードバイク×電車旅=輪行!

ロードバイク 輪行

 

ロードバイクは自走して数百キロ走ることもある自転車ですが、ちょっと趣向を変えたい方におすすめなのが輪行です。

輪行は自転車を電車に乗せて移動し、駅を基点にサイクリングを楽しむレジャーです。

自転車をそのまま乗せて移動できる、JR東日本のBBbaseなどでも注目されていますね。

では、あえて自転車を持ち歩いて電車で移動するメリットは、いったいどこにあるのでしょうか。

 

初心者にこそおすすめしたい輪行の魅力

ロードバイクを買ってすぐに輪行に挑戦する人は少なく、ルートにマンネリ化したベテランライダーが挑戦するものだと思われがちです。

たしかにベテランが行動範囲を広げるためにも輪行はおすすめですが、じつは初心者にも輪行は非常に有効なレジャーです。

ロードバイクは主に道路を走り、自動車と並走することも多く、まだ走行に不慣れな初心者にそれは少し危険でもあります。

輪行すれば、電車移動しサイクリングロードや道路の広い田舎道からスタートするということも可能なので、危険なエリアを避けてサイクリングを楽しむこともできますね。

 

走りに徹したい方にもおすすめ

輪行は観光を兼ねたレジャー目的としてはもちろん、サイクリングを純粋に楽しみたいという方にもおすすめです。

サイクリングで一番ストレスになるのが、信号や一時停止などで停車する必要が出てくることです。

ロードバイクは構造的に停車が苦手な特性を持つので、街乗りは快適とはいえません。

走ることに集中したい方も、輪行して市街地を避けることで、ロードバイクの性能を存分に発揮し、快適なサイクリングを楽しめるようになります。

 

 

 

輪行に必要な道具

ロードバイク 輪行

 

日本ではまだ、BBbaseのように自転車をそのまま乗せられる電車は少ないです。

基本的には自転車をバッグなどに入れて乗せる必要があるため、それなりの準備が必要になります。

まずは、どういったグッズを用意するべきなのが解説します。

 

輪行袋・輪行バッグ

自転車は原則全体を隠して電車に乗せるのがルールで、専用の袋を使用するよう決められています。

具体的には輪行袋や輪行バッグと呼ばれるものがあり、自転車を持ち歩く専用の設計になっています。

ロードバイク用、ミニベロ用などでサイズに違いがあるので、もっている自転車に対応するものを用意しましょう。

袋タイプはサイズにある程度余裕があるので、最初のうちは袋タイプのほうが間違いないでしょう。

 

オーストリッチ(OSTRICH) 輪行袋 [L-100] 超軽量型 ブラック

 

エンド金具

輪行袋には、ロードバイクからホイールを外して収納します。

ホイールを外すとフレームのエンドが先端になり、ぶつけると破損やディレーラーがずれる恐れがあるため、保護するためにエンド金具を取り付けます。

130mm用と135mm用、もしくは兼用があるので、ロードバイクの規格を確認して購入しましょう。

 

TIOGA(タイオガ) リア エンド ホルダー YBA00200

 







ロードバイクカテゴリの最新記事