ソロキャンプや登山に最適!世界最小のモバイルピザ釜「PizzaHax(R)」を新発売

スピアフィッシング〜魚突きに必要なスキルと訓練〜

スピアフィッシング〜魚突きに必要なスキルと訓練〜
   
魚突きは手銛と自分の身ひとつで海に潜り、魚と駆け引きをするアクティビティですが、それには相応の技術の習得が不可欠です。まず始めに身につけるべき技術は「潜水技術」。そして必ず必要になってくるスキルが「息こらえ」です。これらについて順を追ってご説明していきたいと思います。
   

潜水技術について

まず魚突きに不可欠な技術は潜水の技術です。

 

スピアフィッシング・魚突き

 

素潜りに慣れ親しんでいたりダイビングの経験がある方はどうってことないことかもしれませんが、潜水技術は素潜り初心者がまず体得しなければならないことです。

基本的な潜水技術を習得すれば2〜5mは潜れるようになり、磯場にいるようなカワハギ・ハコフグ・カサゴ・メバルなどの小さな魚から挑戦することができるようになるでしょう。

では、基礎的な潜水技術を順を追ってご紹介します。

 

ジャックナイフ

「ジャックナイフ」は素潜りで最も一般的な潜水方法です。

まずはこの潜り方をマスターする必要があります。

 

 

おへそ目がけて潜り、ウェットスーツの浮力に反発するように最初だけ力強く漕ぎ進められればあとはすーっと海に潜っていけるでしょう。

 

 

 

耳抜き

潜ると同時に「耳抜き」をする必要があります。

潜る前に鼻を片手で押さえ、ティッシュで鼻をかむように軽く「ふんっ」と鼻から空気を吐き、さらにジャックナイフで潜ってからも何度か繰り返し、耳に詰まるような違和感をなくします。

耳抜きを行わないと潜るごとに体の内側と水中での気圧のズレが生じ、鼓膜の損傷や痛みを伴うので耳抜きは必ず行う必要があります。

人によっては慣れてくると唾を飲み込んだり奥歯を噛むことで耳抜きが出来るようになります。

また、潜る前にガムを噛んで顎を柔らかくしたり、笑ってリラックスした状態の方が比較的楽に耳抜きができます。

 

スピアフィッシング・魚突き
出典 宮古島体験ダイビングショップ|BIGHOLIDAY-TRIP

 

マスクブロー

マスク内の空気を追い出すことを「マスクブロー」と言います。

耳抜きと同様に、潜るに従ってマスク内でも水中との気圧の差によって「マスクスクイズ」と呼ばれるマスクの締め付けが引き起こります。

これを解消するためにマスクブローを行います。

マスクブローを行わないとマスクが締め付けられ、眼球を圧迫し、目の痛みや充血・頭痛を伴います。

圧が上がりすぎる前にマスクブローを行うことが大切です。

マスクブローのやり方は、鼻からマスク内に少し空気を送るだけです。

そうすることでマスク内の気圧が水圧と一緒になり、均衡を保つことができます。

 


 

 







安全・危機対策カテゴリの最新記事