Greenfield「公式LINEお友達登録」で アウトドアスポーツアイテムを毎月プレゼント!10月第2弾は、国内販売開始となる「メープルウォーター Maple3」

サーフィン女子におすすめのサーフトリップ先特集

サーフィン女子におすすめのサーフトリップ先特集
   
今回の記事は、サーフィン女子におすすめのサーフトリップ先特集です。波だけではなく、旅の間に美容や食を満喫できる場所を集めました。

サーフィンといえばやっぱりハワイ!ワイキキビーチでエンジョイサーフ

サーフ女子 トリップ

 

基本中の基本ですが、みんながサーフトリップ先にハワイを選ぶのには訳があります。

サーフィンの面では、美しい海、バラエティが豊かな波質など、数え上げればキリがないほど、ハワイにはたくさんの魅力があります。

初心者が楽しめるサーフスポットもあるので、どんなレベルであっても旅の間にサーフィンを満喫できるはずです。

ワイキキビーチなら、サーフィンをしながらダイアモンドヘッドを眺めることができます。

ボードレンタルも種類が豊富なので、手ぶらでハワイに行ってもいいほどなのです。

サーフィンの合間に、ショッピングを楽しんだり、ダイヤモンドヘッドを登るのもいいでしょう。

たとえ波がなかったとしても、ハワイには旅を満足させるすべてが揃っています。

ハワイのレストランで南風に吹かれながら、シャンパンで乾杯。

その日の記憶は、あなたのサーフトリップの記憶にしっかりと刻み込まれることでしょう。

 

 

フランスにサーフトリップ・ホセゴーで食も満喫

サーフ女子 トリップ

 

フランスといえば、『食』。ファッションといえば、パリ。

そんなフランスにも、素敵なサーフトリップ先があります。南フランスのホセゴーに行けば、サーフタウンの気分を満喫できることでしょう。

ホセゴーには、砂浜でブレイクするサーフスポットが点在しています。

様々なレベルや経験にあった場所を選ぶことができるのも、大きな魅力の一つでしょう。

もちろん、ホセゴーはサーフィンだけではありません。

ビーチ沿いにある遊歩道は、自転車や歩行者に優しい作りになっていて、街中のどこにでも簡単にアクセスすることができます。

本場フランスのカフェで、サーフィンの空き時間中、のんびりと過ごすのもいいかもしれません。

夜はちょっと高めのレストランで、フランスのワインを楽しむのもいいでしょう。

クロワッサン片手に、読書に熱中するのもひとつです。

ヨーロッパでのサーフトリップは、たくさんの魅力があるのです。

フランスへのサーフトリップは波だけではなく、ヨーロッパの歴史にも触れることができます。

サーフボードを片手に、フランスのサーフタウンを歩く。

そんな夢のようなサーフトリップが、実現できるのがホセゴーなのです。

 

 

基本は抑えたいバリ島サーフィン・クタビーチでリラックス!

サーフトリップといえば、バリ。

どんなレベルのサーファーにとっても、バリは楽園です。

世界的に有名なクタビーチでサーフィン。バリなら、サーフレッスンやレンタルも充実しています。

サーフィンをしたことがない方も、挑戦してみてはどうでしょうか?

基本中の基本であるサーフトリップ先ですが、サーフィン以外にも魅力的な部分がたくさんあるのです。

お寺やアドベンチャーパークなどの観光スポットもたくさんあり、サーフィンをしない時も、時間を持て余すことはありません。

海でヨガをしたり、シュノーケルのツアーに参加するのもいいでしょう。

あっという間に時間が過ぎてしまう、そんな充実したときを過ごしたい方には、バリをオススメします。
 
 

サーフトリップするなら英語圏・ニュージーランドのラグランでサーフィン!

サーフ女子 トリップ

 

近年雑誌などで注目されている、サーフスポットがあります。

それがニュージーランドです。

ニュージーランドであれば、他のどのサーフトリップ先よりも混雑を避けてサーフィンを楽しむことができます。

世界的に有名なサーフスポットであるラグランは混雑しますが、それでも波に乗れないほどではありません。

東海岸側に車を走らせたら、初心者もサーフィンができるサーフスポットも点在しています。

もちろん、サーフィンだけではありません。

ニュージーランドのコーヒー文化は、非常に発展しています。

サーフィンをしない時間はカフェでまったりしてもいいでしょう。

ビーガンやベジタリアンのためのカフェフードも、ニュージーランドは充実してます。

おなかに優しくて、体にもいい。そんな食生活をニュージーランドで実現できるのです。

海外での食生活になじめない方も、ニュージーランドなら安心です。

水温は他の国よりも下がりますが、夏の間はスプリングスーツで長時間のサーフィンが可能です。

南半球に位置するニュージーランドの、強い日差しの下にウェットスーツを干せば、数時間で乾いてしまうことでしょう。
 
 

スリランカのビーチリゾート!ヒッカドゥアでサーフィンと美を極める

スリランカには、美しい波とビーチががあります。特にオススメなのが、西海岸側に位置するヒッカドゥア。

リーフブレイクからサンドブレイクまで、自分のレベルに合わせてサーフスポットを選ぶことができるはずです。

もちろん、波だけではありません。

スリランカといえば、アーユルヴェーダが有名です。

サーフィンの合間に、しっかりと美のケアができるのがスリランカの魅力なのです。

美味しいスリランカカレーや、紅茶を楽しむこともできます。

運がよければサーフトリップの途中で、海がめや自然の象と巡り合うことも。

そんなワイルドで素敵なサーフトリップを楽しみたい方には、スリランカがオススメです。

 

 

   

まとめ

サーフトリップの魅力は、サーフィンや波だけではありません。みたことのない景色を見たり新しいことを経験することも、旅の大きな魅力の1つなのです。旅の中で、波に縛られる必要はありません。たとえ波がなかったとしても、楽しむ気持ちを持てば、一生の思い出になることでしょう。

 

サーフィンカテゴリの最新記事