ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

【2019年版】淡路島の海開きはいつ?おすすめビーチ特集と海開きの時期

【2019年版】淡路島の海開きはいつ?おすすめビーチ特集と海開きの時期
   
関西エリアの観光スポットとして名を馳せる淡路島。淡路島は島内にビーチが点在し、海水浴にはもってこいの観光地です。そこで気になるのが淡路島にあるビーチの海開きの時期。今回は淡路島のビーチの海開きの時期をおすすめビーチと合わせて紹介します。
   

大浜海水浴場 海水浴といえば一番にあがるビーチ

淡路島 海開き 大浜海水浴場
出典:淡路島観光ガイド・あわじナビ

 

淡路島で海水浴といえば大浜海水浴場。

淡路島内で非常に人気の高いビーチです。

シーズンになると多くの人が訪れ、大変賑わいます。750mに渡る遠浅で白い砂浜の美しさには思わずうっとりしてしますでしょう。

地元の人にも定番の海水浴場として利用されていて、環境省の選ぶ「日本の快水浴場百選」にも選出されていているのです。

釣り場としても親しまれているようですが、海水浴の時期の釣りは禁止となっています。

施設としては有料のシャワー・ロッカー、更衣室、トイレなどの設備があるので安心して利用できますね。

洲本ICから国道28号線を洲本方面へ車で約10分走ればビーチに着くので、車で手軽に行くことができるのもおすすめポイントです。

駐車場も100台分の無料駐車場が用意されています。

シーズンになると混み合い、駐車場が満車になる場合もあるのでそのあたりは注意が必要ですよ。

海開き:7月1日〜8月31日

住所:兵庫県洲本市海岸通1-871-1

 

 

阿万海岸海水浴場 夜は海ほたるが見れるビーチ

阿万海岸海水浴場 淡路島 海開き
出典:淡路島観光ガイド・あわじナビ

 

阿万海岸海水浴場は、透き通るような水質で遠浅の南国感が漂う開放感のあるビーチです。

白く美しい砂浜もあいまって、おしゃれな海水浴場として若者やファミリー層に絶大な人気を誇っています。

また、夜になると海ほたるを見ることができるスポットとなっています。

海ほたるのつくり出す幻想的な雰囲気に、きっとあなたもうっとりしてしまいますよ。

設備としては、有料のシャワー・コインロッカー、更衣室、トイレなどが充実しています。

無料駐車場が200台分用意されており、車で神戸淡路鳴門自動車道西淡三原ICから約25分ほどです。

海開き:7月初旬〜8月下旬

住所:兵庫県南あわじ市阿万西町

 

 

五色県民サンビーチ 五色の玉砂利が敷き詰められたビーチ

五色県民サンビーチ 淡路島 海開き
出典:あわじウェブドットコム

 

五色県民サンビーチは、こはく、るり、めのう、しろ、斑紋、五色の玉石が敷き詰められているビーチ。

この五色の玉石が敷き詰められていることが、ビーチの名前の由来になっています。

五色県民サンビーチはひっそりとしたビーチで、地元の子どもたちのプライベートビーチのような存在。

しかし、トイレや更衣室、シャワー、コインロッカーもあるので安心して利用できますよ。

夕陽の名所でもあるので、時間が許すのであればサンセットまで見ていくといいでしょう。

人がごった返すようなことは少ないようなので、ゆったりと海水浴を楽しみたい方にはぴったりなビーチです。

アクセスは神戸淡路鳴門自動車道西淡・三原I.Cから車で15分くらい。

海開き:7月15日〜8月16日

住所:兵庫県洲本市五色町鳥飼浦

 

 

浦県民サンビーチ アクセス良好、水質も良いビーチ

浦県民サンビーチ 淡路島 海開き
出典:淡路島観光ガイド・あわじナビ

 

浦県民サンビーチは水質の良いビーチとして名を馳せています。

「日本の海水浴場88選」にも選出されるほどの水質を誇るのが浦県民サンビーチの特徴。

また、広く大阪湾を望むことができる眺めの良さもこのビーチ自慢のポイントです。

周辺には天然芝のパターゴルフができる施設もあり、海水浴と合わせて楽しむことができるレジャー施設があるのも高評価です。

このビーチは非常に立地が良く、神戸淡路鳴門自動車道東浦ICから約5分という抜群のアクセスの良さです。

有料のシャワーと、無料の脱衣所、ロッカー、トイレもあるので文句なしでしょう。

有料駐車場で500円かかるという点だけ注意が必要です。

海開き:7月中旬〜8月下旬

住所:兵庫県淡路市浦618~670番地

 

 

北淡室津ビーチ 水質が良く穴場的なビーチ

北淡室津ビーチ  淡路島 海開き
出展:あわじウェブドットコム

北淡室津ビーチは比較的小さめのビーチですが、水質も良く遠浅なビーチのため子どもづれでも安心できるビーチです。

波も穏やかなことも安心できるポイントで、こじんまりとしている穴場的な存在。

漁港の近くということもあり、新鮮な魚が食べることができる海の家があるのは嬉しいですね。

施設としては、有料のロッカー・冷水シャワー、トイレ、更衣室があり駐車場は30台分用意されています。

アクセスも神戸淡路鳴門自動車道北淡ICから約5分と立地も悪くありません。

海開き:7月中旬〜8月下旬

住所:兵庫県淡路市室津

 

※記載されている情報に関しては2019年6月3日時点での情報になります。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。淡路島は海水浴はもちろんのこと、今回の記事では触れていない観光スポットもたくさんあります。関西圏からのアクセスも非常に良く、大変綺麗なビーチもこの他にも多数存在します。海水浴シーズン到来まで秒読みの今、今年の海水浴は淡路島で決まりです。家族連れでもよし、カップルでのデートにもよし、様々なシチュエーションに合わせてビーチを選部ことのできる、淡路島での海水浴をおすすめします。ぜひ、今年の夏も海水浴を楽しんでください

ビーチ/海水浴カテゴリの最新記事