アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

キャンプにあると便利な着火道具6選

キャンプにあると便利な着火道具6選
夜に燃え上がる火を囲んで語り合うのは、キャンプの醍醐味のひとつ。そのほか、料理をしたりランタンを使ったりするときなど、キャンプで火を使うシーンは数多くあります。今回は、そんなときにひとつあるととても便利な、着火道具をご紹介します!

キャンプでの火起こしの方法は?

キャンプ 着火道具

「火起こし」といってもどのようにやればよいのか、とくにキャンプ初心者はイメージがつかみにくいのではないでしょうか。キャンプでどのように火を起こせばよいのか、簡単に説明します。

①まずは、燃えやすい小さなものから火をつける

よくやりがちなミスが、最初から太い薪に火をつけること。そうしてしまうと、なかなかうまく着火してくれません。まずは小さいものから火をつけ、だんだんと大きくしていきます。

最初は、以下のようなものから火をつけ、火がまわるのを待つとよいでしょう。

  • 細い枝
  • 細く割った薪
  • 着火剤
  • 麻ひも

②だんだん火を大きくしていく

着火して火がまわってきたら、徐々に火を大きくしていきます。薪に火をつける順序も、最初に少し太い薪、次に太い薪、というように段階を踏みましょう。よく火が燃えてきたら、絶やさないように火を維持します。うちわや火吹き棒などで酸素を送り込んだり、ときどき薪を足してたりして、火が消えないように見守りましょう。

キャンプ用の着火道具を使うべきメリット

キャンプ 着火道具キャンプで火起こしをする際に、キャンプ用着火道具を使うべきメリットをご紹介します。

通常の着火道具よりも火をつけやすい

屋外で行うキャンプでは、その日の天候や風、気温などの環境によって、普段使っているライターなどではなかなか火がつかないことも。アウトドア用のターボライターやバーナーなどのキャンプ用着火道具は、強風や低い気温など悪天候の下でも火をつけやすいというメリットがあります。

とくに、初心者は慣れない火起こしに苦労しないために、アウトドア用の着火道具を使うのがおすすめです。

アウトドア気分を味わえる

キャンプ用着火道具のひとつであるファイヤースターターは、金属の棒と火打石の役割をする金具をこすって使う道具で、まさに「火起こし」気分を楽しめます。使いかたに多少コツがいる道具ではありますが、その不便さもキャンプの楽しみの要素のひとつになるでしょう。

ただし、ファイヤースターターは慣れないうちは扱いづらいので、使いやすいターボライターなどの着火道具も念のため一緒に持って行くと安心です。

キャンプ用の着火道具おすすめ6選

キャンプ 着火道具

キャンプ用の着火道具を、使いかたやおすすめのポイントを挙げつつご紹介するので、選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

SOTO(ソト)マイクロトーチ アクティブ

簡単に火をつけられるので、とくに初心者におすすめのターボライター。ボタンを押すだけで、簡単に高火力の炎がつきます。燃料はカセットガスから充填できるので、無くなってもすぐ補充できるのもよいところ。手のひらに収まる、コンパクトなサイズ感も魅力です。

SOTO(ソト)マイクロトーチ アクティブ
SOTO(ソト)マイクロトーチ アクティブ

新富士バーナー スライドガストーチ

こちらも、高火力のターボライターです。この商品の必見ポイントは、火口が伸縮自在であること。自在に火口を伸ばせるので、離れた場所から火をつけることもできます。極細集中炎なので、風が強くても着火しやすいのもメリット。

新富士バーナー スライドガストーチ
新富士バーナー スライドガストーチ

Bush Craft(ブッシュクラフト) メタルマッチ

火起こし気分を楽しみたい!という方にぴったりなのが、このファイヤースターター。金具を擦りあわせて着火させる構造なので、ライターのように手軽に火をつけることはできませんが、火がついたときのうれしさはひとしおです。使用している金属は、発火しやすいフェロセリウムなので、初めてでも比較的使いやすいでしょう。

Bush Craft(ブッシュクラフト) メタルマッチ
Bush Craft(ブッシュクラフト) メタルマッチ
ページ: 1 2
   
   

キャンプ道具カテゴリの最新記事