アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

絶滅危惧種はなぜ増えてるの?レッドリスト(絶滅危惧種のリスト)から考えよう

絶滅危惧種はなぜ増えてるの?レッドリスト(絶滅危惧種のリスト)から考えよう
多種多様な生きものが共存している地球。しかし、近年たくさんの地球上の生きものが絶滅の危機に追い込まれています。その多くの原因は人間によるもの。今回は、絶滅危惧種の現状と原因についてくわしく説明します。

絶滅危惧種とは

絶滅危惧種 レッドリスト

絶滅危惧種とは、生息している数が減少していて、絶滅の可能性が高い野生生物のことを指します。絶滅は自然の摂理であり、避けられないもの。地球の歴史のなかでも、種の絶滅は繰り返されてきました。

しかし、今、自然界では考えられないスピードで絶滅が危惧される種が増えており、世界的に問題になっています。

環境省によると、1975年以前は1年間に絶滅する種数は1種以下でした。ところが、1975年~2000年の間では、1年間に絶滅している生きものは4万種にものぼるとされています。かつてないスピードで絶滅する種が増えているということです。

生きものは自然のなかで密接につながっています。ひとつの生きものの絶滅によって生態系のバランスが崩れ、 自然環境全体に大きな影響を与えてしまうのが問題。そのため、生きものの絶滅回避に向けた取り組みが世界中でおこなわれています。

出典:環境省「日本の絶滅危惧種と生息域外保全

 

レッドリストとは

絶滅危惧種 レッドリスト

レッドリストとは、絶滅の可能性が高い野生生物をリストにまとめたものです。1964年、「IUCN(国際自然保護連合)」が、絶滅危惧種について国際的に調査してまとめたものがはじまり。現在は各国や各地域で独自のものもつくられています。

IUCN(国際自然保護連合)のレッドリスト

2021年のIUCNのレッドリストによると、37,400種以上が絶滅危惧種に選定されています。

IUCNのレッドリストは、世界共通の絶滅危惧種のリストとされ、もっとも包括的な情報源です。単に野生生物の生息状況を示したリストという以上に、生物の多様性を守る保全活動への強力な指針となっています。

出典:IUCN「RED LIST

日本における環境省のレッドリスト

日本でも、ICUNが作成したレッドリストの評価基準に基づいて、環境省のレッドリストが作成されています。

環境省の「レッドリスト2020」によると、日本国内の絶滅危惧種は合計3,716種。「レッドリスト2019」と比較すると、40種も増えています。日本では確認されているだけで、生存している生物の種類は9万種以上。しかし、年々その多様性が減少しつつあります。

出典:
環境省「レッドリスト
環境省「第6章 自然環境の保全と自然とのふれあいの推進

ページ: 1 2
   
   

環境保護カテゴリの最新記事