アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

【初心者向け】到着から撤収までソロキャンプの流れを紹介します!

【初心者向け】到着から撤収までソロキャンプの流れを紹介します!
プライベートキャンプ場を持つキャンプ好きの筆者が、到着から撤収まで、より具体的なソロキャンプの流れについて紹介していきます。テントを張る場所の選びかたなどについても解説。ソロキャンプを予定されている初心者はぜひ参考にしてみてください。

到着から撤収まで!筆者のソロキャンプ1日の流れを紹介

筆者がキャンプ場に到着してから撤収するまでの流れを、具体的に紹介していきます。

【10:00】キャンプ場へ到着

ソロキャンプ 初心者

キャンプ場でソロキャンプをする場合は、チェックインの時間を確認しておきましょう。チェックインの際には、スタッフさんのルール説明などをしっかり聞いてください。

テントの設営や調理の準備など、ソロキャンプでは予想以上に時間がかかります。スケジュール通りにキャンプ場に入り、早めに準備することが、ソロキャンプを楽しむポイントです。

【10:30】周辺環境のチェックと場所の選定

キャンプ場に入ったら、まずはトイレや炊事施設などの設備をチェックしましょう。また、森の中などで野営ソロキャンプをする場合は、クマなどの危険がないか、しっかり確認してテントを張るようにしてください。

周辺環境のチェックが終了したら、テントを張る場所選びをします。

キャンプ場は、整地されているので問題ありませんが、フリーサイトや野営の場合はできるだけ平らでゴツゴツした石のない、テントが設営しやすい場所を選ぶようにしましょう。

【10:45】タープやテントの設営

ソロキャンプ 初心者

場所が決まったら、最初にタープやテントを設営します。タープやテントをはじめに張ることで、急に雨などが降りだしても安心です。拠点をつくってそこを中心にすることで、効率良く作業をすすめることができます。

また、せっかくのソロキャンプなのに、隣の焚き火の煙が迷惑(または煙が隣のサイトへ流れて迷惑をかける)という状況は避けたいものです。

区画サイトの場合、すいていれば最低でも1区画以上あけてテント設営をします。フリーサイトや野営では、できるだけ距離をあけて(20m以上)テントを張るようにしてください。

【11:00】キャンプギアのディスプレイ

タープやテントの設営が完了したら、ソロキャンプで使用するギアを使いやすいようにディスプレイします。寝るためのコットなどもこの段階で組み立てておくと、チェアーやギアを置く台がわりに使えて便利です。

【11:30】昼食の準備

キャンプ場到着から昼食まではあまり時間がないので、手早く作れるレシピの料理がおすすめです。

【16:00】休憩しながら夕食の準備

ソロキャンプ 初心者

キャンプギアのディスプレイと昼食が終わったら、あとはビールでも飲みながら、ゆったりとした気分で夕食の準備にとりかかります。

【19:00】焚き火を眺めながら夕食とお酒を楽しむ

ソロキャンプ 初心者

焚き火を眺めながら美味しいキャンプ料理を食べながらお酒を飲む、ソロキャンプでいちばん楽しい時間です。ただし、お酒の飲み過ぎは、翌朝のコーヒーや朝食をまずくするので、ほどほどにおさえておきましょう。

【22:00】就寝の準備

楽しい時間をすごしたら、そろそろ就寝の時間。夜の22時頃までには就寝するようにしましょう。昼間にコットを組んでいるので、あとは断熱マットを敷いてシュラフに入り眠るだけです。

【6:00】朝食の準備

朝食もソロキャンプの楽しみのひとつ。自然のなかでぐっすり眠った朝のコーヒーは格別です。

【12:00】撤収

一般的なキャンプ場のチェックアウトは11時〜12時。火の後始末や自分が出したゴミのまとめ、タープやテントの撤収を早めにおこないます。

お天気に恵まれていたら、その場でタープやテントを乾燥させてからたたむようにしましょう。帰ってからの後片付けがラクです。

ページ: 1 2
   
   

キャンプカテゴリの最新記事