ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

【完全保存版】冬キャンプで気をつけたい!一酸化炭素中毒について徹底解説

【完全保存版】冬キャンプで気をつけたい!一酸化炭素中毒について徹底解説
秋から冬、そして春にかけてのキャンプでは、焚火やストーブで温まることも楽しみのひとつ。そこで今回は、テント内で心配される一酸化炭素中毒について徹底解説します。対策についても詳しく紹介しますので、ぜひチェックしてください。

一酸化炭素中毒とは

冬 キャンプ 一酸化炭素

一酸化炭素中毒という言葉は知っているけれど、実際にどういったメカニズムで発生して、どのような症状がでるのか、詳しく理解していないかたが多いのではないでしょうか。

ここではそのあたりを詳しく解説します。

一酸化炭素中毒になるメカニズム

一酸化炭素は猛毒

一酸化炭素は、無色・無臭であるため、発生しても気づきにくい気体です。そのうえ、血液のヘモグロビンと結合しやすく、酸素の200倍もの親和性があります。

一酸化炭素は、すばやく血液と結合して、酸素の運搬能力をうばい、身体内を窒息の状態にする猛毒です。

どうして一酸化炭素が発生するのか?

ものを燃やすと、通常は二酸化炭素が発生しますが、酸素が少なくて完全に燃えきらない不完全燃焼の状態になると、通常は炭素1に対して酸素2が結合してCO2(二酸化炭素)になるところが、炭素1と酸素1が結合してCO(一酸化炭素)が発生します。

一酸化炭素の性質は?

空気の重さを1とした場合、一酸化炭素は0.967とわずかに軽いため、密閉された空間では、その上部にたまっていくという性質があります。

一酸化炭素の濃度はPPMの単位で表し、100PPMを超えると一酸化炭素中毒の症状が現れはじめ、1,000PPMを超えると死亡する可能性がでてきます。

一酸化炭素中毒の症状・怖さを理解しよう

一酸化炭素は無色、無臭で感知しづらいため、異常に気づいたときには、酸欠で身体が動かせなくなり、逃げたくてもなにもできない、という恐ろしい状況に陥ります。

空気中に含まれる一酸化炭素の濃度が高くなるにつれて、軽い頭痛→前頭痛→後頭痛→めまい→吐き気→失神といった症状が現れ、最悪の場合は死にいたります。

死亡事故にいたる怖さだけでなく、血液と一酸化炭素が結合して新たな酸素が取り込めないため、治療が難しく、重い後遺症が残るケースも少なくありません。

 

キャンプでおこなうべき一酸化炭素中毒対策について

上記の一酸化炭素中毒になるメカニズムをふまえ、どのような対策をすれば良いのか紹介していきます。

一酸化炭素中毒対策①テント内や車内を密閉しない

キャンプテントの中や車内などの密閉空間で、ガスバーナーやストーブを使用する際には、出入り口を開放するなどして、空気の流れやすい状態にすることが重要です。

また、一酸化炭素は空気よりも少し軽く、空間の上部にたまりやすい性質があるので、キャンプテントの場合は上部に空気穴(ベンチレーション)のついたものを選ぶようにしましょう。

一酸化炭素中毒対策②ストーブなどの一酸化炭素を出すものを使用しない

キャンプテント内や車内のような密閉空間では、できるだけガスバーナーやストーブなどを使用しないようにしましょう。

どうしても使用したい場合は、上記で紹介したように換気をじゅうぶんにおこなってください。

一酸化炭素中毒対策③一酸化炭素チェッカーで常にモニタリングする

キャンプテント内や車内に一酸化炭素チェッカーを備えつけておくことも、一酸化炭素中毒を起こさないための有効な対策になります。

性能が高く故障しにくい、信頼できる一酸化炭素チェッカーを選ぶことが大切です。以下で一酸化炭素チェッカーの選びかたとおすすめのアイテムを紹介します。

キャンプカテゴリの最新記事