大事な愛車をキレイに保とう!自分でできるロードバイクのメンテナンス♪入門編

Greenfield

大事な愛車をキレイに保とう!自分でできるロードバイクのメンテナンス♪入門編

ロードバイクに乗っていると、日々のメンテナンスは欠かせません。定期的なメンテナンスを行うことが、大切な愛車を長く快適に乗り続ける秘訣です。しかし、ロードバイクの部品は多岐にわたるため、一体どこまで自分でやればいいのかわかりにくいですよね。そこで今回は、ロードバイクを買いたての方でも、自分の手で簡単にできるロードバイクのメンテナンス方法を紹介します。

ロードバイクのメンテナンスをした方がいい理由

 

ロードバイクをメンテナンスせずに乗り続けていると、車体に汚れが溜まり、走行中に異音が聞こえたりします。

少しずつ汚れが溜るロードバイクだからこそ、定期的なメンテナンスを怠ると全体に不具合が起きてしまうのです。

また、定期的にメンテナンスをすれば、トラブルを回避できる上に、ロードバイクの寿命も伸びます。

せっかく大金を費やして購入したロードバイクですから、できるだけ長く快適に乗りたいですよね。

だからこそ日々のメンテナンスを欠かさないことが大切です。

 

 

2.ロードバイクのメンテナンスに必要な道具について

 

では、ロードバイクのメンテナンスに必要な道具を紹介します。

ここで紹介する道具を揃えておけば、大抵のメンテナンスは自分の手でできます。

ロードバイクを購入した人は、なるべく手に入れておきましょう。

 

ロードバイクのメンテナンスに必要な道具① 空気入れ

空気入れはタイヤの空気圧を調節するために必要な道具です。

ロードバイクは空気圧に敏感な乗り物なので、日々空気圧をチェックすることが重要です。

 

 

 

ロードバイクのメンテナンスに必要な道具②パーツクリーナー、チェーンオイル

ロードバイクの洗車やチェーンの油汚れを落とし、注油のために必要な道具です。

特に、チェーンなどロードバイクの駆動部分は、走行中の快適性を左右するので、定期的なメンテナンスが必要です。

 

 

 

ロードバイクのメンテナンスに必要な道具③六角レンチ、タイヤレバーなどの工具

パンクの修理や部品の調節、交換に必要な道具です。

特に、六角レンチは色々な工具がセットになった、コンパクトな商品があるのでおすすめです。

 

 

ロードバイクのメンテナンスに必要な道具④タオルやいらない布

ロードバイクの汚れを落とすために拭くものです。

ロードバイクの洗車には必ず必要なので用意しておきましょう。

 

 

自分でできるロードバイクのメンテナンスについて

 

ここからは具体的なメンテナンス方法についてまとめていきます。

これから紹介するメンテナンス方法を定期的に行って、ロードバイクを良好な状態に保ちましょう。

 

ロードバイクのメンテナンス方法①空気を入れる

先ほども触れましたが、ロードバイクはタイヤの空気圧に敏感な乗り物です。

空気圧が低いとパンクのリスクが高まるとも言われています。

また、ロードバイクは普通の自転車とは異なり、仏式のバルブを使用するので、専用の空気入れが必要です。

ロードバイクの空気入れはできれば乗るたびに行う事をお勧めします。

常に適切な空気圧に保つという意識を持ちましょう。

適正な空気圧はタイヤの側面に記載されているので、数値に合わせて空気を入れましょう。

 

ロードバイクのメンテナンス方法②洗車と注油

ロードバイクのチェーンやスプロケットを洗浄し、注油することによって快適な乗り味を維持できます。

また、フレームを洗うことでキレイな見た目を維持できます。

ロードバイクの洗車方法は簡単です。

まずはブラシなどで全体の汚れを大まかに落とします。

次に、パーツクリーナーを布などにつけて細かい汚れを拭き取ります。

チェーンやスプロケットなどは、油汚れを落とす専用のクリーナーを使用してキレイに拭いていきましょう。

仕上げにチェーンに注油をして完了です。

これでロードバイクをキレイで快適な状態に保つことができます。

洗車や注油は乗車頻度にもよりますが、週に1回はやっておきましょう。

 

ロードバイクのメンテナンス方法③パンク修理やパーツの交換

タイヤのパンク修理や消耗したパーツの交換も自分でできるようになりたいですね。

パンクの修理については、タイヤレバーを使用します。

パンクしたタイヤをホイールから外し、チューブを入れ替えることでパンク修理が完了します。

そして、部品の交換についてですが、ブレーキシューやタイヤ、バーテープなどは、

おおよその消耗時期がありますので、それに合わせて定期的に交換しましょう。

これらの部品の交換は六角レンチなどの、簡単な工具があればできます。

 

 

まとめ

ロードバイクのメンテナンスは簡単なものから難しいものまでさまざまですが、できれば簡単なものはできるだけ自分の手で行いたいですね。。定期的なメンテナンスを欠かさずロードバイクを快適に長く走りましょう。

関連記事