今年は諦めました…でもやっぱり雪中キャンプがしてみたい!初心者は春先をねらえ!雪中ビギナーにおすすめキャンプ場♪関東編

Greenfield

今年は諦めました…でもやっぱり雪中キャンプがしてみたい!初心者は春先をねらえ!雪中ビギナーにおすすめキャンプ場♪関東編

春の気配を感じるようになってきましたが、まだまだ雪中キャンプできます!真冬は自信ないけど、気温が上がってきた今なら行けるかも!という方は、来シーズンのリハーサルを兼ねて行ってみる価値ありですよ。今回は、春先の雪中キャンプをおすすめする理由と、残雪が見込めて関東からアクセスしやすいキャンプ場をご紹介します。

春先の雪中キャンプがおすすめな理由

春が近づき、今年も雪中キャンプに踏み切れなかったなぁ・・・と後悔している人もいるのでは?

しかし、雪が多かった今年は、地域を選べばまだまだ雪中キャンプができます。

 

 

雪中キャンプをしてみたいけど、不安でなかなかチャレンジできないという人は、本番に向けてのリハーサルとして、春先に雪中キャンプを体験しておくといいですよ。

雪中キャンプ初心者に春先をおすすめする理由は、ただ単に寒さが和らいでくることだけではありません。

雪が少ない状態なら、スコップで雪を搔き出して地面を固める必要がないこと。

3月にもなると、夜の間にテントが埋まってしまう程吹雪くこともそうそうないので、安心して眠れること。

また、積雪が少なくなると、真冬には車が入れなかったようなテントサイトにも簡単にアクセスでき、荷物の搬入出がラクにできることなどが挙げられます。

ただし、春の雪は湿って重くなるので、木や建物の上から落ちてくると危険です。

設営する前に、地面の状態だけじゃなく頭上もしっかり確認しましょう。

 

 

春先の雪中キャンプにおすすめのキャンプ場

フォレストパーク安達太良 福島

 

日本百名山にも選定されている安達太良山の裾野に位置するフォレストパーク安達太良。

必要な設備はなんでも揃い、管理も隅々まで行き届いていて、口コミでも評価の高い人気のキャンプ場です。

豊かな森林に囲まれた電源付きオートサイトのほか、コテージやトレーラーなどの宿泊施設もあります。

また、レンタル品も充実していて、スタッフさんも親切な方ばかりなので、初心者でも安心して雪中キャンプできますよ。

こちらの人気の理由の1つが、敷地内のビジターセンター内にある温泉です。

トロッとした泉質のお湯は、お肌がツルツルになり、体が芯から温まると大好評。

宿泊者は、滞在中何度でも無料で利用することができます。

雪中キャンプには嬉しいポイントですね。

 

  • フォレストパーク安達太良

http://www.fpadatara.com/

 

那須高原アカルパ 栃木

 

リゾート地那須高原の北に位置する那須高原アカルパは、手作りのぬくもりを感じるアットホームなキャンプ場です。

豊かな自然をそのまま利用した場内には、美しい清流「白戸川」が流れています。

電源付きキャンプサイトはもちろん、バンガローやコテージ、大型ドッグランやお風呂などの施設が充実していますが、アカルパの魅力はなんといっても広々とした区画サイトです。

訪れる人がゆっくりできるキャンプ場にしたいというオーナーの思いで、もともと80区画だったサイトをひとつひとつ拡張し、60区画まで減らしたそう。

大きなテントも悠々張れて、プライベート感もバッチリですよ。

場内にもお風呂がありますが、近くの本格温泉施設を利用するのもおすすめです。

 

※2018年3月16日〜営業再開

 

  • 那須高原アカルパ

http://www.akarupa.com/index.php

 

outside BASE 群馬

 

快適生活研究家の田中ケンがプロデュースした北軽井沢のオートキャンプ場です。

「自然との共存」がテーマなだけあり、テントサイトはほとんど手つかずの林の中。

木々に囲まれ、自然との一体感を味わうことができます。

また、不便さを楽しんでもらいたいという思いから、電源サイトは設けられていません。

電源に頼らず薪ストーブなどを使い、一歩ステップアップした雪中キャンプをしたい方におすすめです。

コテージ、お風呂、売店、アスレチックやドッグランなどの施設はしっかり完備されています。

outsideではスノーシューなどのアクティビティツアーも開催しているので、キャンプと一緒に楽しんでみてはいかがでしょう。

 

  • outside BASE

http://outsidebase.com/

 

ミヤシタヒルズオートキャンプ場 長野

 

ミヤシタヒルズオートキャンプ場は、標高1000mほどの高原にあるため、春先でも残雪が見込めるスポット。

長野で雪中キャンプするならココ!というほど、設備が充実していて、初心者でも安心して楽しめる人気のキャンプ場です。

テントサイトは林間サイトと草原サイトに分かれ、もちろん電源付きサイトもあります。

炊事場やサニタリーもしっかり管理されていて、気持ちよく使えますよ。

全サイトにスノコが付いているので、春先の湿雪でも快適にテントを張れます。

 

  • ミヤシタヒルズオートキャンプ場

http://www.miyashitahills.jp/

 

北軽井沢スウィートグラス 群馬

 

どんな季節も最高の空間を提供してくれる北軽井沢スウィートグラス。

いつかここで雪中キャンプをしてみたいという人は多いのではないでしょうか。

基本の電源付きのノーマルサイトから、広々グループサイト、愛犬と過ごせるフリードッグサイトなど、人数やシチュエーションに合わせて選べる豊富なテントサイトが魅力です。

スウィートグラスでは、3/29まで「Winter Village」と題して、様々な「冬暮らし」を提案しています。

そのシンボルともいえるのが誰もが集える「アサマヒュッテ」。

山小屋をテーマにしたヒュッテは薪ストーブが焚かれ、温かい飲み物や軽食を楽しむこともでき、雪中キャンプにはうれしい存在です。

 

  • 北軽井沢スウィートグラス

http://sweetgrass.jp/

 

湯沢中里スノーリゾート 新潟

 

こちらはなんと、スキー場のゲレンデで雪中キャンプができるという贅沢なスポット。

テント6張り以上で予約が可能なので、子供会や仲良しグループで利用してみては?

テント1張り5,000円で、1週間前までに予約すればいいそうです。

 

 

第六ロマンスゲレンデのリフト前のスペースにテントを張るので、滑りたくなったらいつでも滑りに行けちゃいます。

すぐ近くには無料休憩所とトイレもあるので安心ですよ。

公式HPにはキャンプについての記載がないので、直接電話でお問い合わせください。

 

  • 湯沢中里スノーリゾート

http://www.yuzawa-nakazato.com/winter/

 

 

 

 

まとめ

今年も雪中キャンプできなかったと諦めないで!3月は、標高の高い地域はまだまだ雪が残っています。春先に雪中キャンプを体験しておけば、次のトップシーズンには自信をもって行けそうですよね。是非、残雪のあるうちにお出かけください♪

関連記事