ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

LOGOS、炭火バウムクーヘンやシュラスコが作れる!自動で回転するクッキングリル!「くるくるクッキングリル」

LOGOS、炭火バウムクーヘンやシュラスコが作れる!自動で回転するクッキングリル!「くるくるクッキングリル」
LOGOSは、バウムクーヘンやシュラスコを、炭火で簡単に手作りできるアイテム「くるくるクッキングリル」を2021年より発売します。両サイドから加熱できる「チャコラック」を標準装備で、煙を立てずに調理可能です。

くるくるクッキングリル

本体中心にセットした調理バーに生地をかけて焼く工程を繰り返すと、バウムクーヘンを作ることができるアイテムです。
調理バーは自動でくるくると回転するため、手が疲れることがなく、焼きムラのないバウムクーヘンが簡単に出来上がり、お子様と一緒に作業を楽しめます。
付属のスキュアを使うと調理バーに肉の塊を固定できるので、シュラスコや鶏の丸焼き、ローストビーフも作れるほか、別売りの「炭火サンマ焼き器」と組合せると、サンマなどの魚やイカを焼くこともできて、幅広い料理を楽しむことができます。

燃えるものがなく、炭が落下したり高温になってもよい、土などの地面上で使用可能で、別売りの「ピラミッドTAKIBI」および「ピラミッド篝火」のM、L、XLサイズや、「たき火ステンテーブル」などの耐熱テーブルを設置台として使用できます。
たき火台の上で使用すれば、落下した炭や灰を受け、地面を汚すことなく掃除も楽になるので、組合せての使用がおすすめです。
また、パーツは分解可能で、収納バッグが付いているため、持ち運びに便利です。

さらに、燃料用のラックである「無煙!チャコラック」が両サイドに標準装備されており、食材を横から加熱できるため、食材から油が落下しても燃料に落ちることがなく、煙を立てずに調理できます。
チャコラックは、別のBBQグリルの焼き網の上や、別売りの「LOGOS THE KAMADO EMiwa」シリーズでも使用可能で、チャコラックの位置を前後させるだけで簡単に火力調節できるので、炭火での調理時に活躍します。

調理バーが自動で回転することで様々な料理を作ることができるうえ、調理中に煙が立たない「くるくるクッキングリル」を、アウトドアライフでぜひともご活用ください。

くるくるクッキングリル

くるくるクッキングリル

価格 : ¥20,790(税込)
総重量 :(約)3.0kg
サイズ :(約)幅56.5×奥行52×高さ27.5cm
本体部サイズ : 幅30×奥行32.5×高さ27cm
調理有効長 :(約)20cm
チャコラック内寸 :(約)幅30×奥行4×高さ14cm
収納サイズ :(約)幅39×奥行27×高さ14cm
回転バー耐荷重 :(約)1kg
電 源 : 単一アルカリ乾電池×1pcs(別売)
構 成 : 本体、回転バー、モーターグリップ、スキュア×2、受け皿、チャコラック×2、収納バッグ
主素材 : ステンレス、スチール、木材、ABS

くるくるクッキングリル

手作りの炭火バウムクーヘンが簡単に作れる。
調理バーが自動で回転するので、手が疲れることなく焼きムラのないバウムクーヘンが手軽に作れて、親子で一緒に楽しめる。

くるくるクッキングリル

付属のスキュアを使用すればシュラスコなども作れるほか、別売りの「炭火サンマ焼き器」を組合せて使用すると魚やイカなども焼けるので、調理の幅が広がる。

くるくるクッキングリル

燃えるものがなく、炭が落下したり高温になってもよい地面上で使用可能。別売りの「ピラミッドTAKIBI」および「ピラミッド篝火」のM、L、XLサイズや、「たき火ステンテーブル」などの耐熱テーブルを設置台として利用できる。
たき火台の上に設置すると、落下した炭や灰を受けてくれ、地面を汚さず掃除が楽になるので、同時使用がおすすめ。

くるくるクッキングリル

パーツが分解可能でコンパクトに収納できる。持ち運びに便利な収納バッグ付き。

ページ: 1 2
   
   

キャンプ道具カテゴリの最新記事