冬を遊び尽くせ!! HOT CHILLYS(ホットチリーズ) ゲレンデでの防寒フェイスマスクが大活躍! ベースレイヤーやソックスも

登山向けの三脚は【コスパ・安定性・機能性】をチェック!上位モデルおすすめも紹介します

登山向けの三脚は【コスパ・安定性・機能性】をチェック!上位モデルおすすめも紹介します
   
登山に行くときの撮影器材は軽くてコンパクトなものを選びたいものですよね。今回は山に持っていく三脚を選ぶときのポイントについて説明していきます。上位モデルやお手頃価格のおすすめも紹介しますので三脚選びの参考にしてください。
   

なぜ登山向けの三脚が必要か?

登山 三脚

素敵な景色を目にすると、できればその景色を残したくなります。そのため登山愛好家はカメラを携行する人が多くいます。そんな登山愛好者には三脚は必需品です。登山での撮影時に三脚がおすすめな理由をみていきましょう。

どんな場面で三脚が必要?

筆者は登山時の撮影のときに必ずと言っていいほど三脚を使用します。薄暗い風景を撮影する場合には、シャッタースピードを遅くしますが、このとき三脚がなければ手ブレでうまく撮影できません。

また、山で星空を撮影するときにもシャッタースピードを10秒程度に設定しなくてはならないため、三脚が必須です。

さらに、美しい風景を背景にして記念写真を撮影するときにも三脚は欠かせません。三脚があると自由にアングルを変えることもできます。

どんな三脚が登山向き?

三脚の上部にはアングルを調整する雲台がついており、カメラをネジで固定して使用します。雲台にカメラを固定する方法として、直接固定するネジ式とクイックシュータイプなどがあります。

クイックシューというのは、カメラ底部に固定して雲台にワンタッチで脱着することができるパーツです。そのため、ネジ式よりもクイックシュータイプの方が素早く三脚にカメラをセットすることができます。

また、クイックシューをカメラに装着するとき、ドライバーが必要なタイプと手で直接回せるタイプとがあります。

ドライバーが必要なタイプだと、道具を忘れてしまった場合、登山に持参した三脚が使えないということになりかねません。手動で固定できるタイプのクイックシューを選ぶようにしましょう。

 

登山用三脚選びのポイント

登山 三脚

登山に持っていく三脚選びのポイントをまとめました。

ポイント①軽くてコンパクト

登山に行くときには、命を守る装備(ザイルやピッケル、アイゼン、シュラフ、テント、食料など)を中心に考えます。

撮影器材は軽くて登山の負担にならないことが大切。三脚もコンパクトで軽く持ち運びに便利なものを選ぶようにしましょう。素材ではカーボン製が頑丈で軽量なのでおすすめです。

コンパクト(折り畳みサイズは50㎝以下が理想)でありながら、使用するときには幅広い高さのアングルがねらえる三脚(伸ばしたサイズは150㎝以上)が理想的です。

ポイント②丈夫で安定性がある

山では三脚を岩にぶつけたり倒してしまったり、落としてしまったりと、さまざまなハプニングに遭遇します。そのため、多少のことでは壊れない丈夫な三脚でなくてはなりません。

また、三脚の多くは安定性を求めてあえて重くしていますが登山には不向きなので、できるだけ軽くて安定したタイプのものがおすすめです。

耐荷重は1㎏以上あれば問題ありません(1㎏以上のカメラは少ないため)。使用するカメラの重さにあわせて三脚の耐荷重を確認するようにしましょう。

ポイント③機能性(すぐ使える)

カメラの設置に時間がかかるような三脚では、せっかくのシャッターチャンスを逃してしまいます。写したいときにすぐにセッティングできるクイックシュータイプの三脚がおすすめです。

また、伸ばした脚を固定する方式は「レバー式脚ロック」がおすすめ。伸ばした脚の固定や解除がワンタッチで行えます。

ポイント④価格(コスパ)

価格もはずすことのできないポイントのひとつです。値段が高いものほど機能的で使いやすいというものではありません。

お手頃価格だけれども、丈夫で機能的なコスパの良い三脚を選ぶようにしましょう。

 

登山におすすめの三脚を紹介

登山 三脚

上記のポイントをふまえながら、コスパの良いモデルから上位モデルまで、登山に持っていくおすすめ三脚を紹介します。

SLIK 三脚 スプリント PRO II 3WAY

「SLIK 三脚 スプリント PRO II 3WAY」は軽量で折りたたんだサイズが17.7㎝ととてもコンパクトです。安定性はありますが、強風が吹いているときの撮影には向いていません。

重量 1.1㎏
折りたたんだサイズ 17.7㎝
伸ばしたサイズ 162㎝
耐荷重 2kg

SLIK 三脚 スプリント PRO II 3WAY BK N 4段 旅行用三脚 106518

SLIK カーボン三脚 エアリーカーボン 644 LED 4段ナットロック式

日本の三脚ブランドであるSLIK(スリック)社がトラベル用として制作したものです。その名の通りカーボン製で丈夫なため安定性も高く、登山に持っていく三脚としてもおすすめできます。

センターポール下部にLEDライト(着脱可能)がついているので懐中電灯としても使用可能。

重量 1.2㎏
折りたたんだサイズ 47.5cm
伸ばしたサイズ 179.5cm
耐荷重 3kg

SLIK カーボン三脚 エアリーカーボン 644 LED 4段ナットロック式 脚反転機構 クイックシュー式自由雲台 LEDライト搭載 108475

スリック エアリーカーボン 644 LED【送料無料】

Velbon トラベル三脚 ULTREK UTC-63 II AS  

Velbon(ベルボン)もスリックと並ぶ歴史のある日本の三脚ブランドです。この「ULTREK UTC-63」は、トラベル三脚の上位モデルとして制作されました。

「ロータリーハブ構造」を採用しており、3本の脚ごとにノブを操作する必要がないため、セッティングが早いという特徴があります。

重量 1.53kg
折りたたんだサイズ 35.7cm
伸ばしたサイズ 152cm
耐荷重 4kg

Velbon トラベル三脚 ULTREK UTC-63 II AS 5段 ウルトラロック 脚径30mm 中型 自由雲台 (トルク調整対応) コマ止め方式 アルカスイス互換 カーボン脚 325181

【送料無料】Velbon トラベル三脚 ULTREK UTC-63 II AS 5段 ウルトラロック 脚径30mm 中型 自由雲台 (トルク調整対応) コマ止め方式 アルカスイス互換 カーボン脚 325181

Manfrotto befree GT XPRO カーボンT三脚キット

カメラ用三脚や照明器材などを開発するイタリアの老舗メーカーが手掛ける三脚です。センターポールが水平になるという特徴があり、高さ9㎝という低いポジションからも撮影することができます。

マクロ撮影や俯瞰アングルの撮影などにも便利な三脚です。

重量 1.76kg
折りたたんだサイズ 43cm
伸ばしたサイズ 162cm
耐荷重 10kg

Manfrotto befree GT XPRO カーボンT三脚キット キャンリングケース付 MKBFRC4GTXP-BH ブラック

Gitzo 三脚 トラベラーα 1型 カーボン 4段 ボール雲台キット

高級三脚メーカーとして名高いフランスのGitzo(ジッツオ)社の三脚です。抜群の安定性と携帯性、耐久性を備えています。付属のショートポールを取り付けることでローアングルからの撮影も可能です。

山での星空撮影、日没後、日の出前の撮影がしたい方におすすめ。難点は13万円程度とお値段がはるところです。

重量 1.45kg
折りたたんだサイズ 42.5cm
伸ばしたサイズ 163.5cm
耐荷重 10kg

GITZO 三脚 トラベラー 1型 カーボン 4段 QDボール雲台キット GK1545T-82TQD

GITZO 三脚 トラベラー 1型 カーボン 4段 QDボール雲台キット GK1545T-82TQD

まとめ

登山に持っていく三脚は軽くてコンパクトなものがおすすめです。今回は上位モデルの高価な三脚も紹介しましたが、どれも丈夫で信頼のおけるメーカーなので一生使い続けることができるでしょう。今後、登山撮影を続けていきたいという方におすすめです。
スリック エアリーカーボン 644 LED【送料無料】
【送料無料】Velbon トラベル三脚 ULTREK UTC-63 II AS 5段 ウルトラロック 脚径30mm 中型 自由雲台 (トルク調整対応) コマ止め方式 アルカスイス互換 カーボン脚 325181
GITZO 三脚 トラベラー 1型 カーボン 4段 QDボール雲台キット GK1545T-82TQD

登山カテゴリの最新記事