半永久的ににおわない!「mil-spec ミルスペック」海上自衛隊のために作られた消臭タオル

水中スクーターでダイビングやシュノーケリングをもっと楽しく快適に!

水中スクーターでダイビングやシュノーケリングをもっと楽しく快適に!
   
水中スクーターがあればダイビングやシュノーケリングがより楽しくなります。 その抜群の推進力で広範囲での移動も楽になり、イルカになったような気分で自在に泳ぎ回ることができます。水中スクーターの魅力とおすすめのモデルをご紹介します。
   

水中スクーターとは?

水中スクーター

水中スクーターとは別名DPV(Diver Propulsion Vehicles)と呼ばれる、水中で推進力を得るプロペラがついたダイビングギアのひとつです。

ダイバーやスノーケラーがフィンキックをしなくても長距離を移動できるので、エアの消費量を大きく減らせるうえ、かなり広範囲の移動が可能になります。

プロペラのON/OFFは手元のスイッチで簡単に行え、慣れてくれば回転アクロバットなどの技もできるようになり、これまでのダイビングでは体験できない楽しみ方が可能です。

水中スクーターには免許が必要?

水中スクーターには特別な免許は必要ありません。誰でも自由に使えます。

ただし、取り扱いには注意が必要です。とくに慣れないうちは水圧の変化が激しい浅場での上下移動は避けた方がよいでしょう。

急な水圧変化で耳抜きが出来なかったり、急浮上したりする可能性があります。

また、好き勝手に動き回るとグループとはぐれてしまうこともあるので、透明度が良くない場所ではとくに注意が必要です。

 

水中スクーターのメリット

水中スクーター

ダイビングやシュノーケリングで水中スクーターを使うことのメリットを考えてみましょう。

メリット①行動範囲が広がる

泳いで行くには遠いスポットでも水中スクーターがあれば無理なくかんたんに移動できます。フィンキックの約10倍の行動範囲が広がるので、より広い範囲でダイビングが楽しめます。

もちろん水中だけでなく長い水面移動もらくらくこなせます。

メリット②エアの消費量が抑えられる

フィンキックを必要としない分、疲れにくく、息切れも少ないためエアの消費量を抑えられます。その結果、潜水時間も増えダイビングを長く楽しむことができます。

メリット③初心者ダイバーでも簡単操作

これまでの水中スクーターは重量が20kg近くあり持ち運びが大変でしたが、近年の水中スクーターはコンパクトなデザインで重量も5kgを切るものが多く、操作も驚くほどかんたんです。

初心者ダイバーでも使い方さえわかれば、手軽に使えるようになりました。

メリット④環境に優しい

砂の巻き上げが気になる砂地や一面に広がるサンゴ礁の上など、フィンワークに注意しなければならないスポットでも、水中スクーターがあればフィンを動かす必要がないので環境へのダメージを減らすことができます。

メリット⑤いろいろな遊び方ができる

遊び方の幅が広がるので普段と違ったダイビングを楽しむことができます。

水中スクーターを片手で持ってその場でくるくる回ってみたり、水中スクーターにGoProをマウントしてスピード感のある水中動画を撮影したりすることも可能です。

 

おすすめの水中スクーター

最新のおすすめ水中スクーターをご紹介します。

SUBLUE WhiteShark Mix 水中スクーター

一押しの水中スクーターは水中ロボットで技術を磨き上げたSUBLUE社の「SUBLUE WhiteShark Mix」です。3.5kgの軽量ボディに加えデュアルモーター採用で最大速度は5 .4km/hを誇ります。

最大水深40mまで使用可能です。また、浮力体が付いているのでシュノーケリングにも使えて、外せばダイビングで使用可能です。
SUBLUE WhiteShark Mix 水中スクーター デュアルモーター 水下40M防水 電動スクーター ウォータースポーツ ダイビング用

created by Rinker
¥59,400
(2020/09/22 19:38:15時点 楽天市場調べ-詳細)

YAMAHA シースクーターエクスプローラー RDS 250

水深30m対応の水中スクーター「YAMAHAシースクーターRDS250」です。重量が8.2kgと少々重いですが、従来式のデザインで扱いやすさが特徴です。GoProマウント付き。

シュノーケリングで使用するなら、水深5m設計の「SEAL」と水深10m設計の「EXPLORER」もあります

Yamaha Seascooter シースクーターRDS 250

 







created by Rinker
¥59,400 (2020/09/22 19:38:15時点 楽天市場調べ-詳細)

ダイビングカテゴリの最新記事