アウトドアシーンでも大活躍間違いなし! 永久に臭わない 潜水艦のために開発された消臭糸で作られたタオル【MIL_SPEC ミルスペック】

ダイバーのお悩み解決!ダイビング用ドライスーツの使い方Q&A10選

ダイバーのお悩み解決!ダイビング用ドライスーツの使い方Q&A10選
ダイビング用ドライスーツのお悩みにQ&A方式でお答えします。ドライスーツは便利なダイビングギアですが、使い方にはちょっとしたコツが必要ですね。ドライスーツを上手に使いこなして快適なダイビングをしたいダイバーは、ぜひ参考にしてください。
 

日本の海にはドライスーツが必需品

ダイビング ドライスーツ

 

日本の海でダイビングをするならドライスーツは必需品といえるでしょう。

南の島のイメージのある沖縄でも、本島周辺では冬はドライスーツを使用しているダイバーも少なくありません。

ドライスーツの最大のメリットは、1年を通していつでも快適にダイビングができるということ。

さすがに日本の真夏はドライスーツだと暑く感じますが、秋から春までの3シーズンはドライスーツがあればとても重宝します。

伊豆半島では毎年10月くらい、紀伊半島では11月くらいから、ウエットスーツからドライスーツへの衣替えの時期です。

ドライスーツを使いこなして日本の海を思う存分楽しみましょう。

 

 

ドライスーツの使い方Q&A10選

ダイビング ドライスーツ

 

ドライスーツはとても便利なダイビングギアですが、専門スキルが必要なためドライスーツの使い方で悩みを抱えているダイバーも少なくないようです。

そこでドライスーツの使い方に関するお悩みをQ&A方式でまとめてみました。

ドライスーツを使いこなすためのポイントを見てみましょう。

 

Q1.ネオプレンとシェルどちらがいいの?

ネオプレンとシェルどちらにも一長一短がありますが、初心者が最初の1着に選ぶならネオプレンタイプがおすすめです。

なぜならネオプレンはウエットスーツと同じ素材なので、素材そのものに保温性がありインナーを着こむ必要が少なく、伸縮性もあるので水中で動きやすいからです。

一方、シェルタイプは伸縮性のないファブリック素材のため、保温性は中に着るインナーで調整する必要があり、さらにスーツ内の空気調整をしっかり行わないとスクイズ感も強くなります。

ただし、シェルタイプは軽量で水切れがよく耐久性にも優れており、加えて携行にも便利なことから欧米では主流になっています。

またほかにも、ネオプレンにラジアルコートを用いたタイプもあり、動きやすさに加え耐久性や速乾性にも優れているため、ドライスーツの使用頻度の高いダイバーから支持されています。

 

Q2.インナーは何を着ればいいの?

ドライスーツを使いこなすうえでインナーはとても重要です。

ネオプレンとシェルでは使用するインナーはまったく異なりますが、フリースやスエット、ヒートテックなどの保温性下着を上手に組み合わせて選ぶことがポイントです。

また、ドライスーツのタイプに合わせた専用インナーウェアなら、保温効果はもちろんスーツ内の湿度も調整してくれるので、とても快適です。

加えてホットソックスやホットインソールなどのアイテムも使えば、真冬でも足元からの冷えに対応可能です。

 

Q3.ドライスーツは着るのが大変?

ダイビング ドライスーツ

 

首と手首のシールがキツくて「着るのが大変」と感じているダイバーも少なくありません。

ドライスーツを着る時のコツとしては、手首部分の内側にベビーパウダーを少し振りかけておけば手首を通すのが楽になります。

そして、頭を通すときはレジ袋やドライタオルを使う方法があります。

やり方はかんたんで、レジ袋を頭に被ったまま首を通す、あるいは髪を上げドライタオルをかぶったまま首を通すと、髪がからまずに着ることができます。

ただし、首と手首のシールは非常にデリケートなため、無理に引っ張ると破けてしまうこともあるので注意しましょう。

 

Q4.ウエイト調整はどうすればいい?

ドライスーツは浮力が大きくなるため、ウエットスーツ着用時のウエイト量と比べてプラスアルファの調整が必要になります。

また、ウエイト量は使用するインナーやタンクの種類(アルミまたはスチール)といった条件によって変わりますので、潜る前に毎回調整しなければいけません。

適正量をチェックするには、BCとスーツ内のエアを抜いた状態で水面が目の高さになるようにウエイトを調整します。

ただし、ウエイトベルトで調整しようとすると腰に負担がかかり過ぎてしまうことがあるため、ウエイト分散ジャケットやアンクルウェイトなどでウエイトをバランスよく分散することもポイントです。

ページ: 1 2
   
   

ダイビングカテゴリの最新記事