Greenfield「公式LINEお友達登録」で アウトドアスポーツアイテムを毎月プレゼント!10月第2弾は、国内販売開始となる「メープルウォーター Maple3」

ロードのボディもぴかぴかに!適切なロードバイクの洗車方法とおすすめ商品

ロードのボディもぴかぴかに!適切なロードバイクの洗車方法とおすすめ商品
   
車の洗車はもう一般的になっていますが、ロードバイク乗りの皆さんは愛車を洗車したことがありますか?じつはロードバイクも洗車は重要で、怠ると意外な落とし穴があります。今回はロードバイクの適切な洗車の方法と、用意したいおすすめ商品をご紹介します。

ロードバイクの洗車の必要性

ロードバイク 洗車方法

 

自動車は必ずといっていいほど洗車してもらえますが、洗車してもらえる自転車は少ないです。

同じ屋外を走る乗り物ですが、やはり「自転車を洗車する」というイメージがないのが大きな理由でしょう。

実際には、ロードバイクなどの自転車にも洗車は必要で、長く乗りたいなら必ず行うべきメンテナンスです。

 

塗装の劣化を防ぐ

ロードバイクもフレームには塗装が施してあり、その塗装が劣化してしまうと美しさが損なわれてしまいます。

塗装を痛める一番の原因は汚れで、道路に残っている油分や、ロードバイク本体から出る油分などが汚れとなり、塗装に長く付着するとシミになります。

一度シミになってしまうと落とすことはできないので、きれいにするなら全塗装することになります。

全塗装の手間と予算を考えれば、定期的なメンテナンスできれいにしておくほうがいいですよね。

塗装が劣化し割れたりはがれたりすると、フレームそのものの寿命にもつながるので、塗装の劣化を防ぐことは重要です。

 

転売時の価値向上に

ロードバイクは自動車と同じく乗り換えることも多いです。

転売するときには、もちろん買い取る側も見た目のきれいさを重視します。

普段洗車しなくても、人の手に渡すときには一応洗っておこうという方も多いかもしれませんね。

もちろんシミになってしまったら価値を落とす要因になるので、やはり日ごろから定期的に洗ってあげたほうがいいでしょう。

 

 

自転車の基本的な洗車方法

ロードバイク 洗車方法

 

では、実際に自転車を洗うときの手順をご紹介します。

自動車の洗車とは違い、水をざーっとかけてごしごし洗うようなことは適しません。

ロードバイクの寿命と性能を維持するために、正しい洗い方を覚えておきましょう。

 

①雑巾で汚れを落とそう

まずは、固く絞った雑巾で大まかに汚れを落としていきましょう。

BB周りなど、ギアがある場所では手を切らないように注意してくださいね。

雑巾で落としきれない汚れがある場所があれば覚えておいて、クリーナーで洗浄します。

この工程をしっかりやることでよりきれいになるのはもちろん、フレームの異常にも気付けるので走行の安全から見ても重要な作業です。

 

②放水はご法度!専用のクリーナーで汚れをきれいに

雑巾で落としきれない汚れは、かならず専用のクリーナーで洗浄します。

水の使用はご法度なので、拭き上げだけで洗浄剤を除去できる専用のクリーナーが必要です。

クリーナーは適量ウエスにとるか、フレームに適量吹き付けて使用しましょう。

雑巾で拭き上げると汚れ戻りして仕上がりがくすんでしまうので、きれいなウエスを使いましょう。

 

③ワックスをかけてみよう

汚れがきれいになったら、ワックスをかけてみましょう。

ガラスコート系のワックスであれば、洗車後に吹き付けて磨き上げるだけでも新品のような光沢が戻ります。

つや消し系の塗装などには適しませんが、汚れを寄せ付けにくくなるので可能であれば施したほうがいいでしょう。

 

 

 

専用クリーナーの重要性

ロードバイク 洗車方法

 

作業工程でもご紹介しましたが、ロードバイクの洗浄には放水はご法度です。

専用クリーナーが各社から発売されていて、プロの洗車手引きでも専用クリーナーを使用するよう推奨されています。

なぜ水と洗剤で洗車してはいけないのでしょうか。

 

パーツへの負担を防ぐ

プロは放水して洗車するシーンもありますが、それは扱いをしっかりわかっていて、自転車にかける時間が長いからこそできる業です。

ロードバイクは自動車と違い、駆動系や機械部分(コンポーネント)が露出しています。

水をかけて洗剤で磨いてもきれいにはなるのですが、駆動形や機械部分隙間に水や洗剤が残って劣化を誘発します。

サドルやバーテープなど水を吸いやすいパーツは乾燥まで時間がかかりますし、加水分解のリスクもあります。

また、ギア周りの汚れが飛んで結果的にフレームが汚くなってしまうこともあります。

中性洗剤を水で薄めて洗う方法もありますが、拭き残しがあれば洗剤自体が塗装を痛める原因になってしまうのでおすすめしません。

 

『SWIX BIKE WASH』を知っていますか?

最近、日本で取り扱いが始まったSWIX BIKE WASHをご存知でしょうか?

スポーツケミカルのメーカーが開発した自転車用洗浄剤です。

やさしい洗剤なので塗装を痛めず、もちろん拭き上げにも水は不要です。

寒い時期も扱いやすいので、オールシーズンサイクリングする方にもぴったりですね。

 


 

SWIX BIKE WASHの使い方

使い方も簡単で、ウエスに適量取って汚れを拭き取るだけでOKです。

塗装を痛めないやさしい原料で作られているので、汚れがひどい場所には直接吹き付けてしばらく待てば汚れを落としやすくなります。
吹きかけてしばらく置いておけば、どんどん汚れが落ちていくのが目に見えて気持ちがいいです。

筆者も実際に使わせていただきましたが、手にも優しい印象で、拭き上げも楽なのでかなり気に入りました。

 

 

   

まとめ

ロードバイクも自動車同様に洗車は必須です。自動車との違い機械部分に注意して洗車する必要があり、より丁寧な作業が必要です。ロードバイクの洗車をスムーズに、きれいに仕上げるには専用のクリーナーがおすすめです。寿命を延ばし、長くサイクリングを楽しむためにも、定期的にロードバイクも洗車してあげてくださいね。

ロードバイクカテゴリの最新記事