アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

軽量ソロテントが欲しい人必見!購入する前に知っておきたいこと3選とおすすめのテント紹介!

軽量ソロテントが欲しい人必見!購入する前に知っておきたいこと3選とおすすめのテント紹介!

 

ソロテントのメリット・デメリット

登山 ソロテント

次に紹介するのは軽量ソロテントを使用するにあたって生じるメリット・デメリットを紹介していきます。

軽量ソロテントのメリット

  • とにかく軽い
  • 収納・携帯しやすい
  • 設営・撤収が簡単
  • 安価なものが多い
  • 速乾性に優れている
  • 種類が豊富で個性を出しやすい

軽量ソロテントのデメリット

  • 狭く窮屈感がある
  • テント内で立てない
  • テントとの距離が近いため雨音が気になる
  • 体積が小さい分、外気温の影響を受けやすい
  • 体積が小さい分、風の影響を受けやすい

 

おすすめのソロテント紹介

登山 ソロテント

最後にいままでに紹介した4種類のテントでおすすめの商品を紹介をしていきます。

ドーム型軽量ソロテント:MSRエリクサー1 

MSR アウトドア キャンプ 軽量 バックパッキング テント グランドシート(フットプリント)付 エリクサー 【日本正規品】

【サイズ】収納時:48×15cm

【重量】2,160g

【定員】1人用 ダブルウォール/吊り下げ式

総重量2.1kgと軽量ながら耐久性に優れていて、何よりもテント内が広いため開放感がバツグン!大柄の人や開放的に過ごしたい人におすすめです。

ワンポールテント:BUNDOK ソロティピー 1

【サイズ】約2,400×2,400×1,500mm

【収納時サイズ】約600×170×170mm

【重量】約2,200g

総重量2.2kgと軽量に加えて、1万円台で購入できるコスパの良さ!安価ですが、耐水性や生地の丈夫さと問題のないスペックです。

created by Rinker
BUNDOK(バンドック)
¥14,800 (2022/07/03 05:09:24時点 Amazon調べ-詳細)

パップテント:Anlikパップテント

Anlik パップテント ソロキャンプ メッシュインナー 軽量 ポール2本 収納付き

【サイズ】約k200×125×115cm

【重量】約2,000g

【耐水圧】約3,000mm

総重量2kgと軽量ですが210Tナイロン生地を使用しているため、強度が高くかつ設営・撤収が簡単!そして、このスペックなのに1万円以下で購入できるコスパの良さも魅力的です。

ワンタッチテント:FIELDOORワンタッチテント

【サイズ】約210×165×110cm

【重量】約2.9㎏

【耐水圧】1,500㎜

ワンタッチテントなのにフライシートが付いているのが魅力的ですね!軽量はもちろんのこと設営・撤収もとても簡単。しかし、耐水性は高くないため悪天候では使用しにくいですが、このテントも1万円前後で購入ができるためコスパは抜群!

4種類の軽量ソロテントの特徴について紹介しました。今回はこれからソロテント泊デビューする方に向けて、高価でハイスペックなテントではなく、コスパが良くかつスペックが悪くない点を重視して紹介しました。それぞれのテントの種類や特色を理解できれば、目的にそぐわないテントを購入してしまい失敗してしまう可能性が少なくなります。ぜひこの記事を参考にして、よいテント泊ライフをお過ごしください!
ページ: 1 2
   
   

登山カテゴリの最新記事