ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

キャンプ用ジュラルミンペグ「Flepeg」は卓越した切削加工で生み出し強靭さを実現!

キャンプ用ジュラルミンペグ「Flepeg」は卓越した切削加工で生み出し強靭さを実現!
キャンプ用ジュラルミンペグ「Flepeg」は航空機の部品にも使われているジュラルミンを採用しています。らせん形状と平面を合わせた存在感のあるデザイン。地面と密着し固定力をアップ!地面に真っすぐ打つだけで『回転しながら地中に入っていく』スマートな構造設計です。

キャンプ用ジュラルミンペグ「Flepeg」

キャンプ用ジュラルミンペグ「Flepeg」

硬い地面にペグが刺さらなかったり、途中で抜けてしまったり、撤収の際になかなか抜けなかったり、と苦労された経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
創業 49年の歴史を積みあげた 精密切削部品加工メーカーである有限会社太悦鉄工が開発したジュラルミンペグ 『キャンプ用フレペグ』 を公開!

キャンプ用ジュラルミンペグ「Flepeg」

『キャンプ用フレペグ』は航空機の部品にも使われる『ジュラルミン』を採用!たまご1個より軽い 1本56gと超軽量を実現。
『ジュラルミン』を採用したことで強靭かつ高強度です。

①地面に真っすぐ打つだけで『回転しながら地中に入っていく』スマートな構造設計!

キャンプ用ジュラルミンペグ「Flepeg」

『キャンプ用フレペグ』の挿入部の形状は、美しいらせん形状になっています。
『キャンプ用フレペグ』は、このらせん形状だからこそ、地面に対してただ真っすぐ打つだけで、自然にくるくると回転しながら地中に入っていく構造になっています。
簡単に挿入することができて、ペグとしての強度を保つ。抜けにくい形状を探求して、らせん形状と入り込む角度を追求しました。

キャンプ用ジュラルミンペグ「Flepeg」

通常のペグは角度をつけて、斜めに打ち込みますが『キャンプ用フレペグ』は、らせん形状で出来ているため、真っすぐ打ち込んでも、威力を発揮します。
(45°程度にペグダウンして頂いても固定出来ます。)

②らせん形状と平面を合わせた存在感のあるデザイン。

キャンプ用ジュラルミンペグ「Flepeg」

『キャンプ用フレペグ』の一番の特徴は、挿入部の形状がらせん形状になっていることです。このらせん形状が地面と密着するため、固定力がアップします。
らせん形状と地面が、ボルトとナットの役割を果たしているのです。
そのため、通常のペグのように斜めに打ち込む必要がなく、地面に対して垂直に打ち込むだけで十分固定されます。
キャンプが慣れていない方でも簡単に打ち込むことができます。

キャンプ用ジュラルミンペグ「Flepeg」

また、ペグの一部を平面に加工したことで、土と当たる面積を増やし、横からの力に充分耐えることが出来ます。
『キャンプ用フレペグ』は 全長19.5㎝です。簡易引抜強度試験をし、『キャンプ用フレペグ』の固定力を調べました。

キャンプ用ジュラルミンペグ「Flepeg」

その結果、固い地面では、『キャンプ用フレペグ』は抜ききることができず、荷重がかけられる最大値の平均を出しています。
同じ場所でも、地面の硬さや環境等の違いによる差異も含みますが、地面への固定力が優れていることがわかります。
19.5cmではありますが、らせん形状にすることにより、このような固定力を発揮できているかと思います。

キャンプ用ジュラルミンペグ「Flepeg」

※石が多い河川などのサイトでも使用は可能ですが、地面が砂地の場合は、芝生や乾いた土よりも強度が劣ります。
より頑丈な地層までペグが届くよう、長めのものを推奨いたします。

③ペグ抜き、撤収が簡単

キャンプ用ジュラルミンペグ「Flepeg」

『キャンプ用フレペグ』を抜くときは、ハンマーで横棒を軽く叩くことで、土とペグの間に隙間ができ、垂直に引っ張ることで逆回転しながら 簡単に抜けます。

④航空機の部品にも使われている、アルミの中でも強く変形しにくい『ジュラルミン』を切削加工

キャンプ用ジュラルミンペグ「Flepeg」

『キャンプ用フレペグ』の軽さは、たまご1個分(60g)よりも軽い 1本 56g!
『キャンプ用フレペグ』は、全長19.5㎝なのでペンケースにも入る大きさです。

キャンプ用ジュラルミンペグ「Flepeg」

『キャンプ用フレペグ』は、航空機の部品にも使われている、『ジュラルミン』を採用しています。
『ジュラルミン』はアルミの中でも高強度で、強靭!でもたまご1個分より軽い、1本56gと超軽量を実現しました。

ページ: 1 2
   
   

キャンプ道具カテゴリの最新記事