冬を遊び尽くせ!! HOT CHILLYS(ホットチリーズ) ゲレンデでの防寒フェイスマスクが大活躍! ベースレイヤーやソックスも

ディープリムホイールとは?ロードバイクのディープリムの効果とメリット・デメリット

ディープリムホイールとは?ロードバイクのディープリムの効果とメリット・デメリット
   
ロードバイクのホイール交換は非常に効果的な改造で、いろいろな種類があります。レースでよく使用されるものに「ディープリム」がありますが、いったいどんな効果があるのでしょうか。今回はディープリムホイールのメリットとデメリットについて解説します。
   

ディープリムホイールとは?

ロードバイク ディープリムホイール

 

ロードバイクのホイール交換は、本格的にロードバイクを楽しんでいればいつかは検討するだろうカスタマイズです。

ロードバイクの改造は軽量化が第一目的ですが、重いのに価格が高いディープリムホイールもあり、プロのレースでも装備したマシンをよく見かけますよね。

そもそもディープリムホイールとはどのようなものなのでしょうか。

 

リムが深いホイールのこと

ディープリムホイールは、その名のとおりリムが深いタイプのホイールです。

おもにリムの太さが30㎜以上のものをセミディープリム、50㎜を超えるホイールをディープリムと呼び、見た目的にも一般的なホイールとは大きな違いがありますよね。

基本的にカーボン素材が使用されていますが、それでもノーマルのホイールよりは重たいことが多いです。

 

レース用としてよく用いられる

ディープリムホイールは、一部のモデルを除いた完成車にはあまり搭載されておらず、交換で取り付ける場合が多いです。

とくにレース志向のライダーが好んで使用しているので、グランツールのマシンでもよく見かけますよね。

高価であること、また、メリットだけでなくデメリットもあるため、趣味乗り用マシーンで使われることは珍しいです。

 

 

ディープリムホイールにするメリット

ロードバイク ディープリムホイール

 

ディープリムホイールは効果で、カーボン製が多いのでやや扱いがデリケートな部分があります。

それでも多くのライダーがディープリムホイールを欲する理由は、成績を残すために有効なメリットがあるからです。

 

空気抵抗を軽減する

ロードバイクはスピードが速いため、空気抵抗も感じやすいです。

ノーマルのロードバイクでも、向かい風でスピードが出にくくなる経験をした方も多いでしょう。

ディープリムホイールは空気抵抗を減らすため、スピードが出しやすく、維持しやすいメリットがあります。

エアロフレームを採用したロードバイクだと、フレームの性能を生かすために、完成車でもディープリムを採用しているモデルがありますね。

 

SHIMANO(シマノ) WH-9000-C75-TU-F フロント単品

 

速度を維持しやすい

ディープリムホイールは空気抵抗が減らせるため、ペダリングが軽快になって速度を維持しやすいメリットがあります。

さらに、リムが太い分重さがあるので、慣性でホイールが回りやすく、スピードが落ちにくい特性もあります。

筆者がディープリムホイールを使っていたときは、空気抵抗よりも重さでホイールが回る感覚のほうが強く感じられました。

速度を重視するトラックレーサーやトライアスロンバイクでも、ディープリムホイールを装備したマシンが多いですよね。

 

campagnolo(カンパニョーロ) BORA ULTRA 80 TRACK TU F

 

剛性が高い

通常、リムは柔らかいため、スポークに引っ張られることで形を保っています。

ディープリムタイプはリム自体の太いため、剛性が非常に優れているメリットもあります。

普通に走っているときにその差は感じにくいですが、ダンシングで走るときには、剛性が高いホイールのほうが安心感がありますよね。

 

campagnolo(カンパニョーロ) BORA ULTRA 50 WO DK F/R HG

 

 

ディープリムホイールにするデメリット

ロードバイク ディープリムホイール

 

スピードを出す場合にはメリットも多いディープリムホイールですが、標準装備がディープリムホイールにならないのにはそれなりのデメリットがあります。

とくに趣味で気軽にサイクリングする場合には、負担が大きいデメリットもあるので、導入する際には以下のようなデメリットもチェックしておきましょう。

 

走り出しや坂道がキツい

ロードバイクのホイールの重さをもっとも感じるのが、走り出しや坂道など、ホイールの回転数が低いときのペダリングです。

ディープリムホイールも重さがあるため、走り出しはスピードに乗りにくく、坂道もペダルが重く感じるでしょう。

走り出しや坂道を重視したい場合、セミディープリムホイールであれば、重さもある程度抑えられますし、強く漕ぎ出しても十分な剛性を感じられますね。

 

SHIMANO(シマノ) WHEEL WH-RS770-C30 ロードDISCチューブレスホイール前後セット

 

横風の影響を受けやすい

ディープリムホイールは、進行方向から受ける風に対しては空力を発揮しますが、横からの風の影響も受けやすくなります。

とくに橋の上など横風にさらされやすい環境では、バランスを崩しやすいため、よく注意する必要があります。

こちらもリムハイトの低いセミディープリムタイプであれば、ディープリムよりも横風の影響を受けにくくなります。

 

シマノ デュラエース WH-R9100-C40-CL クリンチャー ホイールバック付属

シマノ デュラエース WH-R9100-C40-CL クリンチャー 前後セット(EWHR9100C40FRCC) ホイールバック付属

 

値段が高め

ディープリムがあまり使われない理由の一つが、価格の高さにあります。

アルミ製もありますがデメリットが多く、実用性を考えればカーボンホイールが多くなるため、価格もその分高くなります。

ただし、最近は3万円台の中華製のディープリムホイールも登場しているので、ディープリムホイールの性能を試したいという方にはハードルが低くなっていると言えますね。

 

SUPERTEAM 50mm クリンチャ ーホイールセット700c 23mm ロードバイク カーボン ホイール

SuperTeam カーボン wheel 700C Road Bicycle wheelset 38/50/60/88mm 3K Matte

 

 

ロードバイクNEWS

ロードバイクの本場ヨーロッパで人気の北欧メーカー「SWIX社」が展開する「バイク ケアライン」がついに日本初上陸!

ディープリムホイールの効果を最大限生かすためにも、SWIXバイクケアラインでメンテナンスし、ロードバイクを最適な状態に保ちましょう!

 

バイクウォッシュ

自転車を清潔に保つ、ボディ全体に使える強力で優しいクリーナー。

低温でも問題なくご利用いただけます。

 

 

ディグリーザー(脱脂剤)

効率的なチェーンクリーナー。

自転車チェーンとギア、シャフトなどのための非常に強力な脱脂剤です。

新しいオイルを塗る前に、ディグリーザーできれいに洗浄することで、よりオイルが効果を発揮します!

 

 

バイク ルーブ ルブリカント(潤滑油)ウェット

水と汚れに強い耐久性!

オイルに適下することで、悪天候の過酷な条件下に対する耐久性をアップ。

自転車チェーンのすべらかな運行を助けます。

 
 

 

バイク ルーブ ルブリカント (潤滑油)ドライ

ほこりや乾燥した天候下でのより良いシフティングのために。

自転車チェーンに使うことで、摩擦係数を下げるスプレーです。

より軽快なペダリングを目指すなら、ドライルーブがおすすめです!

 
 

 

 

まとめ

ディープリムホイールは、ロードバイクの性能を伸ばす様々なメリットがあるパーツです。速度面のメリットが多く、レース志向のライダーにはうれしいパーツですよね。もちろん見た目がかっこよくなるのも無視できないません。ぜひこの機会にディープリムホイールでロードバイクのドレスアップと性能アップしてみてくださいね。
シマノ デュラエース WH-R9100-C40-CL クリンチャー 前後セット(EWHR9100C40FRCC) ホイールバック付属
SuperTeam カーボン wheel 700C Road Bicycle wheelset 38/50/60/88mm 3K Matte

ロードバイクカテゴリの最新記事