ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

今こそペダリング改善!効率的なペダリングでロードバイクを楽しもう

今こそペダリング改善!効率的なペダリングでロードバイクを楽しもう
ロードバイクは高性能の自転車ですが、乗る技術がなければその性能を引き出せません。初心者が注意すべきなのがペダリングで、ママチャリを漕ぐのとは全く違う感覚が必要です。今回はロードバイクを買ったらぜひ習得してほしいペダリングについて解説します。

ペダリングが下手だとどうなる?

ロードバイク ペダリング

 

ママチャリに乗った経験があれば、きっとロードバイクに乗り換えても、前に進むだけなら難なくこなせるでしょう。

しかしロードバイクはスペックが高く、ただ乗れているだけではその性能を引き出せません。

とくに初心者が勘違いしたまま乗りがちなのがペダリングで、ロードバイクの動力になるので下手なペダリングにはデメリットも多いです。

 

巡行距離が短くなる

ロードバイクは長距離を走りやすい自転車ですが、ペダリングで体力を無駄に使ってしまうと、長距離走るのがむずかしくなります。

とくに、初心者の壁ともいわれるロングライド100㎞は、ペダリングの改善でぐっと低い壁になるでしょう。

せっかくロードバイクを買ったのに、なかなか思ったように体力が続かないという方は、ペダリングを見直してみましょう。

 

スピードが出ない

ロードバイクは各部を軽量化し、抵抗を少なく設計してあるので、スピードは出しやすい自転車です。

初心者はまず25㎞/h巡行を目指そうといわれますが、25㎞/hを維持するには、無駄なペダリングで体力を無駄にしていては実現がむずかしくなります。

適切なペダリングはスピードを維持しやすくなるので、ロードバイクに乗るならぜひ会得しておきたい技術ですね。

 

 

①ロードバイクのペダリングは踏まずに「回す」

ロードバイク ペダリング

 

今回は、初心者がロードバイクのペダリングを改善する方法を3つのポイントでまとめてみました。

まず注意してほしいのが、技術というよりは、根本的な意識を変えるポイントですね。

ママチャリから乗り変えた場合、よくやりがちなのがペダルを踏みこんでしまうペダリングです。

たしかにペダルに力を乗せて回すことには変わらないのですが、踏み込むというイメージだと、ロードバイクのせっかくの性能を無駄にしてしまっている可能性があるのです。

 

グイグイ踏むのは誤り

ママチャリは安くて荷物を載せやすい代わりに、自転車自体が重く、ギアも少ない自転車です。

このため、けっこう力を入れなければ進んでくれませんよね。

一方ロードバイクは、ギアの枚数も多く、軽量で、タイヤも惰性でスイスイ回るよう設計されています。

つまりロードバイクは、ママチャリに比べて予想よりもかなり軽い力でペダルを漕ぐことができます。

これから解説する技術を身に付ければ、ママチャリのように踏み込まず、ペダルをクルクル回すようなイメージで十分進んでくれますよ。

 

軽い早歩きぐらいのイメージで

ペダルを回す脚の感覚ですが、ママチャリでは歩いているときに、急な階段を上るのと同じぐらいの力を使っている方が多いかと思います。

この力を長時間のサイクリング中ずっと続けると考えたら、体力的に厳しいのは明白ですよね。

一方ロードバイクでは、平坦な道を軽い早歩きするぐらいのイメージで十分です。

もしそれ以上の力を使っているようなら、すこしペダリングに無駄な力を使っている可能性があります。

もちろんこれはロードバイクで平地を走っている場合なので、坂道などではもう少し力が必要になりますね。

 

ページ: 1 2 3
   
   

ロードバイクカテゴリの最新記事