半永久的ににおわない!「mil-spec ミルスペック」海上自衛隊のために作られた消臭タオル

第10回 日本山岳遺産サミットを2月15日(土)に開催【特別講演は「登山道の荒廃に登山者は何ができるか」がテーマ】

第10回 日本山岳遺産サミットを2月15日(土)に開催【特別講演は「登山道の荒廃に登山者は何ができるか」がテーマ】
   
日本山岳遺産基金は、2月15日(土)に「第10回 日本山岳遺産サミット」を開催いたします。
第1部では、本年度の日本山岳遺産認定地および認定団体を発表、各認定団体の活動報告を行います。
また第2部では、北海道大学農学研究院の愛甲哲也先生をお招きし、「登山道の荒廃に登山者は何ができるか」をテーマに特別講演を行います。
このほか、日本山岳遺産基金10周年を記念して、会場内に過去の認定地の紹介コーナーを設ける予定です。
   

第10回 日本山岳遺産サミット 開催概要

日本山岳遺産サミット

日時
 
2020年2月15日(土) 13:00~16:00 (開場12:30)
会場 一橋講堂中会議室
東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内※地下鉄神保町駅(A8・A9 出口)、竹橋駅(1b 出口)徒歩4分
内容 第1部 2019年度日本山岳遺産認定地・認定団体発表
高田大岳(青森県/十和田山岳振興協議会)
大笠山(富山県/五箇山自然文化研究会)
伊吹山(滋賀県・岐阜県/伊吹山を守る自然再生協議会)
比叡山・比良山地(滋賀県・京都府/ 比良比叡トレイル協議会)
脊振山系(福岡県・佐賀県/脊振の自然を愛する会)
第2部 特別講演「登山道の荒廃に登山者は何ができるか」
北海道大学農学研究院 愛甲哲也先生
参加費 500円 ※参加費は日本山岳遺産基金への寄付としてお預かりし、同基金の活動に活用させていただきます
定員 150名

※会場の都合で事前に登録が必要です

参加申込方法 日本山岳遺産基金のウェブサイトからお申し込みください
https://sangakuisan.yamakei.co.jp/
申込締切 2020年2月12日(水曜日)

※定員に達した場合、締め切り前でも受付を終了します。

主催 日本山岳遺産基金、株式会社山と溪谷社

特別講演 演者 愛甲 哲也(あいこう てつや)

愛甲 哲也(あいこう てつや)

北海道大学農学研究院准教授。
自然公園、都市公園の管理のあり方について研究を行ない、特に山岳性自然公園における登山道管理、山岳地におけるし尿対策をテーマとする。
一般社団法人大雪山・山守隊理事、山のトイレを考える会事務局運営委員などを務める。

日本山岳遺産基金とは

登山と自然の専門メディア社である山と溪谷社が、日本の山岳自然環境の保全、次世代の登山者の育成、安全な登山の啓発を目的に、2010年に設立した任意団体。
山岳地でのゴミ拾い、マナーアップの呼びかけ活動や、青少年登山への支援を行うとともに、日本山岳遺産を認定・発表し、上記の目的に沿った活動団体に助成を行っている。
https://sangakuisan.yamakei.co.jp/







登山カテゴリの最新記事