半永久的ににおわない!「mil-spec ミルスペック」海上自衛隊のために作られた消臭タオル

オイルランタンの人気上昇中!定番から個性派までイチオシをご紹介

オイルランタンの人気上昇中!定番から個性派までイチオシをご紹介
   
アウトドアシーンだけでなく、その見た目からインテリアの一部として活用されることもあるオイルランタン。不動の人気を誇る定番ものから、人とは違う個性的なランタンまで、おしゃれなだけじゃない実力もあわせてご紹介します。
   

オイルランタンが人気の理由

オイルランタン

 

安全で誰でもかんたんに使える「LEDランタン」も最近では人気ですが、ランタンの元祖でもある「オイルランタン」は、キャンプ好きならどうしても外せないアイテムですね。

正直、火力の調節をしたり、メンテナンスをしたりと“手間のかかるヤツ”ですが、その手間こそがキャンプの醍醐味のひとつなのです。

 

使い方は意外とかんたん

なんとなくむずかしそうなイメージを持たれがちですが、基本の使い方はいたってシンプルです。

その仕組みは学校で使うアルコールランプと一緒で、燃料を芯に吸わせて火を灯すというもの。

初心者でもかんたんに扱える点も人気の理由ですね。

燃料のコスパのよさも、なにかと物入りなキャンプにはうれしいポイントです。

 

主役級の存在感

ガスランタンほどの大光量ではないところも、オイルランタンのいいところ。

明るさがひかえめなところが、オイルランタンの最大の魅力ともいえます。

ほのかな灯りは夜の静けさの邪魔をすることなく、キャンプならではの特別な空間をつくってくれることでしょう。

揺れる炎を眺めるだけ、というぜいたくな時間を過ごせます。

 

 

不動の人気!定番のオイルランタン

オイルランタン

 

オイルランタンといえば、の歴史ある定番ブランドのランタンをご紹介します。

 

コールマン/ワンマントルランタン286A

コールマンの代名詞ともいえるガソリンランタンの中でも圧倒的な人気の286A。

定番中の定番で、多くのキャンパー達に支持され続けています。

安心のコールマンブランドならではのサイドパーツの豊富さとメンテナンス方法の動画まであり、サポートもバッチリです。

 

  • 明るさ:約200CP(キャンドルパワー)/130W相当
  • 燃焼時間:約7.5~15時間
  • 本体サイズ:約直径16×高さ31cm
  • 重量:約1.4kg

 

コールマン/ワンマントルランタン286A

【Coleman(コールマン)】ワンマントルランタン 286A740J

 

デイツ(DIETZ)/ハリケーンランタン デイツ78

R.E.DIETZ社のオリジナルランタンで、#78はちょうどいい大きさで人気のあるモデルです。

1840年にNYで創業したメーカーで歴史も古く、長い間愛され続けています。

オイルランタンの象徴ともいえるレトロな見た目も人気の理由ですね。

 

  • 明るさ:7CP
  • 燃焼時間:20時間
  • 本体サイズ:約直径15×高さ27cm
  • 重量:456g

 

デイツ DIETZ ハリケーンランタン デイツ78

 

フュアーハンド/ベイビースペシャル276

1893年にドイツで創業したメーカー。

代表的なモデルである276は、大きさ、スペック共にデイツ78とほぼ同じですが、フュアーハンドのほうが色の種類が多めです。

 

  • 明るさ:5W
  • 燃焼時間:20時間
  • 本体サイズ:約直径15×高さ26cm
  • 重量:520g

 

フュアーハンド/ベイビースペシャル276







キャンプ道具カテゴリの最新記事