アウトドアシーンでも大活躍間違いなし! 永久に臭わない 潜水艦のために開発された消臭糸で作られたタオル【MIL_SPEC ミルスペック】

軽自動車でも収納術で楽々キャンプ!キャンプ道具の収納術とおすすめグッズ

軽自動車でも収納術で楽々キャンプ!キャンプ道具の収納術とおすすめグッズ
   
キャンプ道具は、どうしても量が多くなり、かさばりがちです。最近は軽自動車のみ所有する家庭も増え、荷物が多いキャンプはどうしても億劫になってしまいますよね。そこで今回は、小型車でも家族分のキャンプ道具を持ち歩ける収納術をご紹介します。
   

まずは必要な道具を洗い出してみよう

キャンプ道具の収納術 グッズ

 

荷物が収納できない方にありがちなのが、必要以上の道具を積み込んでしまうことです。

たしかに、自然の中で泊まるなら「不便のないようにいろいろ持って行きたい!」そんな気持ちはよくわかります。

しかし、不便さもキャンプの醍醐味。

収納の前に、まずは必要なものを確認してみましょう。

 

必要な順に並べてみる

荷物を取捨選択する方法として、キャンプ用品を優先順に並べてみるのが有効です。

もちろん家で荷物を広げる必要はないので、「持ち物リスト」を作成してみましょう。

テントや寝袋、救急箱といった必須のアイテムは必ず持っていくべきですが、必ずしも必要ではないものがきっとまざっているはず。

優先順位下位のアイテムは、思い切って置いていく判断も必要になります。

必須のアイテムがどうしてもかさばってしまう場合は、コンパクトなものに買い換えたり、工夫して代用してみましょう。

最近は、ツーリングキャンプ用にコンパクトに収納できるものも増えているので、小型車の荷物問題を解決するのにもおすすめです。

 

キャンプ場の周辺環境から考えてみよう

一口にキャンプといっても、さまざまな環境でのキャンプがあり、必要なキャンプ用品も変わってきます。

たとえば、食材を確保できるスーパーなどが近くにあれば、わざわざ家から持っていく必要はありません。

また、水を確保しやすい環境であれば水を入れるジャグタンクも不要だったり、小さいものでも対応できます。

炊事場があれば、調理用のテーブルなども必要ありませんね。

ファミリーキャンプ場なら、テントやコンロなどのレンタルサービスが用意されていることもあります。

必要なものやお気に入りのものがあれば持ち歩き、ある程度レンタルで対応するのもいいでしょう。

 

 

コンテナで高さを生かそう

キャンプ道具の収納術 グッズ

 

車への荷物の積み込みは、家庭での収納術も応用できます。

なかでもコンテナは便利で、多くのキャンパーが愛用しています。

最近は小型車でも高さを出して居住性を確保しているので、高さを有効活用するためにも、コンテナに入れることは有効です。

寝袋や小物など重ねておくのが困難なものも、コンテナに入れておけば重ねやすくなり、高く積み重ねられるようになります。

専用品も多く発売されていますが、自分の車のサイズなどに合わせて代用品を選ぶ方も多いです。

野菜コンテナはサイズもさまざまで軽く、とても丈夫で価格も安いのでおすすめです。

 

キャンプ道具の収納術 グッズサンコー サンテナーB #50 ミミナシ 青

用途別に収納する

コンテナに荷物を収納するコツは、用途別、使うタイミング別に収納することです。

荷物の取り出しやすさにも繋がりますし、使うタイミングでコンテナをひとつずつ降ろせるので、時短にも繋がります。

たとえば、テントと寝袋は一緒に置いておきたいイメージですが、テントは到着時に設営しますが、寝袋は寝る前に使いますよね。

このため、すぐに使うテントはコンテナに入れずに荷物の一番上に置いておき、寝袋は夜に使うライトなどと一緒にコンテナに入れておくと、何度も出し入れする必要がなくなります。

 

視界確保を忘れずに

コンテナを使うと高く積み上げられますが、運転中の安全確保も重要です。

道路交通法上は、荷物で後方が見えなくなっていても問題ありませんが、見えるのと見えないのでは安全性が大きく違いますよね。

とくに長距離ドライブになると、その不便さやリスクは大きくなります。

なるべく、ルームミラーで後方を確認できる程度の荷物に収めましょう。

もしどうしても荷物が多くなってしまうなら、後付のバックカメラを取り付けておくと視界を確保できます。

 

キャンプ道具の収納術 グッズAUTO-VOX TD-2 デジタルバックモニター

 

 

小物は袋でまとめよう

キャンプ道具の収納術 グッズ

 

コンテナに大きいものを入れたら、小物は袋に入れてみましょう。

とくにタオルや衣類など、ある程度形の自由が利くものは袋に入れたほうが有効です。

小分けにする以外にも、スペースを有効活用できるメリットがあります。

 

袋に入れへ隙間へ

コンテナは重ねられるメリットがありますが、形が決まっているのでスペースはどうしても空いてしまいます。

コンテナを重ねることによってできた隙間に、袋に入れた小物を差し込めばスペースを有効活用できます。

緩衝材代わりになって、コンテナの転倒を防いだり、荷物を守る役割も果たしてくれます。

 

座席の下も有効活用

意外な収納スペースが、車の座席の下です。

思っているより広いスペースがあるので、着替えぐらいなら十分収納できます。

汚れてしまうのを防ぐために、ある程度密閉できて、防水性のある袋に入れて収納しましょう。

注意点としては、急ブレーキなどで荷物が出てきてしまったときに、ブレーキペダルやアクセルペダルの操作の邪魔にならないよう、絶対に運転席の下には入れないこと。

取り出せなくならないように、あまり奥まで詰めすぎないことです。

 

 

まとめ

いろいろな道具が必要なキャンプでは、収納力が物を言います。小型車では難しいと思われがちなキャンプですが、工夫次第である程度の人数のキャンプも可能になります。コンテナなどの収納グッズも使いながら、テトリスのようなイメージで収納してみると、キャンプの準備自体が楽しくなるかもしれませんね。

キャンプカテゴリの最新記事