ロードバイクデビュー!ロードバイク初心者がまず注意すべきポイントとは?

Greenfield

ロードバイクデビュー!ロードバイク初心者がまず注意すべきポイントとは?

ロードバイクは、ママチャリやシティサイクルとは根本的に違うものです。 このため、選び方にも大きな違いがあり、知らずに買うと後悔することも。 今回はロードバイクデビューする方へ、ロードバイクの注意点と購入する際のポイントを解説します。

ロードバイクはママチャリより乗り心地が悪いの?

自転車シティサイクル

 

ロードバイクを購入しようと思ったきっかけはなんでしょう?

ママチャリなどシティサイクルに比べてスポーティな見た目だったり、スピードを出せる性能などでしょうか。

たしかに、ロードバイクはシティサイクルなどに比べて、走ることのみを追求した機能美があります。

それによる、走行性能は高くなっているのです。

ただし、ロードバイクにはじめて乗った人の多くは、じつは違和感を感じています。

ロードバイクには、ひとつだけシティサイクルに勝てない点があります。

それが乗り心地です。

スピードを追求した結果、乗車姿勢はかなり前のめりで視界が悪く、ペダルにどう力を入れていいかもわからないでしょう。

またスピードのための軽量化によってタイヤは細く、サドルにいたっては硬くてクッション性がありません。

つまり路面の凹凸を拾いやすく、それがおしりにダイレクトに伝わるのです。

すぐに感覚はつかめると思いますが、まず購入を検討したときに、乗り心地に劣るというデメリットだけはわかった上でデビューすることをおすすめします。

慣れてしまえば、ロードバイクはどの自転車よりもスピーディで快適なサイクリングを楽しめます。

 

 

ロードバイク選びはメーカーに注意

ロードバイクショップ

 

自転車ブームがにより、さまざまなロードバイクが店頭に並ぶようになりました。

ロードバイクと一口に言っても、坂道に強いモデルや、平地でスピードを出しやすいモデル、すべてでバランスのいいモデルなどがあります。

そのなかでも、まず注目したいのがロードバイクのメーカーです。

高いブランド物を買わなければいけないというわけではなく、一部ではロードバイクのような見た目なのに、性能がそぐわないものがあるからです。

 

なるべくルック車は避けることが大切

どうみてもロードバイクなのに、性能がそぐわない自転車を「ルック車」と呼びます。

具体的にいえば、ルック車にはスピードが出しにくく、疲れやすいものが多いです。

専門店以外の自転車売り場やネット通販に多いです。

ルック車見きわめる一番の方法が、メーカーです。

ロードバイクをつくるメーカーのほとんどが、競技で培った技術を製品にフィードバックしています。

つまり、現在や過去にプロチームのスポンサーや機材提供をしているメーカーであれば、ある程度性能に確証が持てるということです。

ルック車もすべてが悪いというわけではありません。

安く入手しやすいというメリットもあるので、見た目だけを重視するならひとつの選択肢としては考えてもいいでしょう。

ただし、最近ではメーカー品のロードバイクでも、安いもので8万円程度から手に入るので、なるべくならメーカー品をおすすめします。

 

 

フレームのサイズで選ぼう

ロードバイクメンテナンス

 

シティサイクルを選ぶときは、足がつくかどうかで選ぶことが多かったですよね。

その違いは主にタイヤの大きさで、乗る人の身長に合わせてインチ数を選ぶようお店でもコマーシャルしています。

ただし、ロードバイクではタイヤの大きさで自転車を選ぶことはできません。

ジュニア用と大人用では違いがありますが、基本的にはタイヤのサイズは統一されているからです。

具体的には700cという規格で統一されていて、ロードバイクである以上は700c以外のサイズは使用していません。

ロードバイクはタイヤサイズで自転車を選べない代わりに、「フレームサイズ」で選びます。

自転車の骨組みであるフレームのサイズを変えて、身長にあわせた1台を選ぶことができます。

SML表記もありますが、基本的に数字で表記されているので、メーカーサイトなどから自分の身長に適応するフレームサイズを選ぶようにしましょう。

 

こまかな調整はカスタマイズがおすすめ

フレームサイズでおおよそ体に合わせることはできますが、やはり各個人の体のつくりにまで合わせることはできません。

とくにロードバイクではより快適に乗るためにぴったり体に合わせる必要があり、あまりに合わないと怪我の原因にもなります。

フレームサイズは合っているはずなのに違和感があるという場合は、カスタマイズで調整しましょう。

具体的には

  • ステム
  • ハンドル
  • クランク

などです。

それぞれ自分で交換することも可能ですが、専門店でサイズのアドバイスを受けた上で交換するといいでしょう。

専門店では、専用の計測機器を使用して適切なパーツを案内してくれるサービスもあります。

 

 

まとめ

ロードバイクとシティサイクルは、同じ自転車でも根本的に違うものです。それなりにデメリットもあり、選び方もシティサイクルと違います。せっかく性能の高いロードバイクをほしいと思ったなら、しっかりと性能を引き出せるものを選ぶことをおすすめします。

公式アカウント

関連記事