アウトドアシーンでも大活躍間違いなし! 永久に臭わない 潜水艦のために開発された消臭糸で作られたタオル【MIL_SPEC ミルスペック】

女子のロードバイクレース 「ザルディバルコ・エマクメーン・サリア」

女子のロードバイクレース 「ザルディバルコ・エマクメーン・サリア」
   
スペインの中でも特に自転車レースが盛んなバスク地方。この地で開催されるレースには、数多くの観客が声援を送ります。今回はこのレースに出走した、萩原麻由子選手が所属するエネイカット・サイクリング・チームを中心に、レースの様子をレポートします。
   

雨のバスクのレース

ロードバイク レース

 

この日のレース会場はバスクの2大都市・ビルバオとサンセバスチャンのほぼ中間にあるザルディバルコという町が舞台です。

この日、200人近い女子サイクリストがこの町に集まりました。

この日のレースに出走する選手は、3つのカテゴリーに分かかれて競争します。

まず、17・18歳の「ジュニア」のカテゴリーの選手のレースが始まり、その後「アンダー23」のカテゴリーと「エリートおよびプロ」のカテゴリーの選手は同時にスタートします。

この町の周囲は山・山・山。

そのため、このレースのコースの主役は、町の周囲にある登りです。

レース中、選手は3回も斜度7%の登りを登ることになります。

もちろん、他にももっと斜度が緩め登り区間があります。

しかし、基本的に登り主体のコースです。

加えてこのレースの前日の夜から、現地では雨が降り続いていました。

幸いレース直前に雨はやんだものの、道路には水たまりが残ります。

そんな中で、レーススがスタートしました。

 

 

 

 

エネイカット・サイクリング・チーム

ロードバイク レース

 

このレースにはエネイカット・サイクリング・チームが出走しました。

今シーズン、日本人サイクリストの萩原麻由子選手が所属するチームです。

このレースに出走したのは8選手。

この日が今年の第1戦のレースとなった選手も数多くいました。

 

ロードバイク レース

 

雨の中、チームのメカニックやマッサージャーがあわただしく、レースの準備をします。

選手たちとチームスタッフの間のコミニュケーションは、問題なく行われているような印象を受けました。

この日、エネイカット・サイクリング・チームの中心となるのは、バスク人サイクリストのジロッサ・イサシ選手。

実は彼女の自宅は、このレース会場からわずか8㎞しか離れていません。

「自分の家の庭先で、レースしているような感じですね。」

もちろん、彼女の家族はみんな応援に駆け付けました。

 

ロードバイク レース

 

サンドラ・ドス・サントス選手は、フランス人。

長野県上田市に本拠地を置くチームに2年間、所属していたことがあります。

「日本語、ちょっとだけならわかります」と話してくれました。

 

 

8人もの同じチームの選手が、同じレースに同時に出走する機会というのは、実はあまりありません。

 

ロードバイク レース

 

最後に、ウンベルト監督が、「レースを楽しんでおいで」と言って、選手たちをスタートラインへと送り出します。

 

 

 

 

レース展開

ロードバイク レース

 

レース開始早々、3人の選手が先頭集団を形成します。

その中にはエネイカット・サイクリング・チームのイサシ選手もいましたが、ほどなくこの先頭集団はメイン集団に吸収されてしまいました。

その後は、50人ほどの選手がいる大集団のまま、中盤までレースが進みます。

 

ロードバイク レース

 

しかし、レースが終盤にはいると、レース展開に動きが出始めます。

最後の峠にかかるころ、大集団から2人の選手が飛び出し、協力してメイン集団との差を開きます。

結果的に、最後にメイン集団から飛び出したこの2選手がゴール前にスプリントで優勝争いを演じることになりました。

そして、この日のレースで優勝したのは、モービースター・チーム所属のエイダー・メリーノ選手。

現在の女子のスペインチャンピオンでもあります。

 

ロードバイク レース

 

なお、前半で逃げ集団に加わったエネイカット・サイクリング・チームのイサシ選手でしたが、運悪く乗っていた自転車がレース中に故障。

そのため、自転車を取り換えることになり、メイン集団から遅れてのゴールとなりました。

 

 

ルコックスポルティフ サイクリング サイクルウェア レディース エントリーボンディングジャケット le coq sportif QCWOGC65

 

 

レースを振り返って

ロードバイク レース

 

ちなみに、今回のレースで、エネイカット・サイクリング・チームの最高順位はドス・サントス選手の第5位。

ウンベルト監督は今回のレースについて、次のように評価します。

「イサシ選手のメカニックのトラブルは、本当に残念だったよね。

でも、このバスクのレースで、このチームの存在感を示すことができたと思う。」

自転車王国バスクでは、女子のチームも数多く存在します。

そのような中で、バスク以外から来た、比較的規模がちいさなチームが、レースで目を引くような活躍を見せることは、意外と簡単なことではないのです。

とは言え、選手たちの調子は良くなってきていることを確認できたことは、ウンベルト監督にとって、今回のレースの成果であったようでした。

 

 

NEWS

ロードバイクの本場ヨーロッパで人気の北欧メーカー「SWIX社」が展開する

「バイク ケアライン」がついに日本初上陸!

バイクウォッシュ

自転車を清潔に保つ、ボディ全体に使える強力で優しいクリーナー。
低温でも問題なくご利用いただけます。

 

 

 

 

ディグリーザー(脱脂剤)

効率的なチェーンクリーナー。自転車チェーンとギア、シャフトなどのための非常に強力な脱脂剤です。

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント(潤滑油)ウェット

水と汚れに強い耐久性!
オイルに適下することで、悪天候の過酷な条件下に対する耐久性をアップ。自転車チェーンのすべらかな運行を助けます。

 

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント (潤滑油)ドライ

ほこりや乾燥した天候下でのより良いシフティングのために。
自転車チェーンに使うことで、摩擦係数を下げるスプレーです。

 

 

 

 

まとめ

バスクで開催された女子のロードバイクレース。距離は短くても、登りが主体のハードなレースです。この時期、バスクのあちこちでこうしたレースが開催されます。選手たちは毎週末にこうしたレースに出走しながら、レースの経験を積んでいくことになります。

ロードバイクカテゴリの最新記事