「冬キャンプをより暖かく過ごせたら」と思っている方は多いはず。ストーブにプラスして、サーキュレーターを使えば、暖房効果を上げられます。本記事では、サーキュレーターの種類や設置方法、使用する際の注意点について紹介していきます。

冬キャンプでサーキュレーターを使用するメリット

冬キャンプ サーキュレーター

冬キャンプでサーキュレーターを使用するメリットは、テント内の温度を均一にできることです。冬キャンプのテントでは、冷たい空気が下にたまり、暖かい空気は上にたまります。また、座ったまま動かないことも多いため、テント内の空気も1か所にとどまりがちです。

そんなときに、サーキュレーターを使用すると、空気の循環が生まれます。天井にたまった暖かい空気が下に流れ、テント内の温度を均一に保てるのです。ストーブと一緒に使用すれば、暖かい風がムラなくテント全体に行き渡ります。

くわえて、換気に役立つのもメリットです。強い風を送り出すこともできるので、効率よく換気できるでしょう。

冬キャンプに活用できるサーキュレーターの種類

冬キャンプ サーキュレーター

サーキュレーターには、下記4つの電源の種類があります。

  • バッテリータイプ
  • コンセントタイプ
  • 乾電池タイプ
  • USB充電タイプ

それぞれ紹介します。

バッテリータイプ

サーキュレーターを充電しておくだけで、コンセントがない場所でも自由に使えます。ただし、充電した電力がなくなると使えなくなってしまうので、長時間使用する際は、大容量バッテリーのものを選びましょう。

【バッテリータイプのおすすめ商品】

取り付けと伸縮式の三脚スタンドが付属するサーキュレーターです。本体の後ろにかけフックが付いているので、テントに吊るしての使用も可能。また、回転音やファンの音も静かなので、夜静かに過ごしたい方にもピッタリです。

KEYNICE キャンプ扇風機
KEYNICE キャンプ扇風機

コンセントタイプ

直接電源につなぐため、長時間の使用に最も適したサーキュレーターです。持ち運びやすいタイプのサーキュレーターはたしかに便利ですが、長時間の使用に向いているとはいえません。ただし、コンセントがなければそもそも使用できないため、使用できるかは事前に確認しておきましょう。

乾電池タイプ

どこでも使用可能で、電源が切れても交換すれば再びつかえる、使い勝手がよいタイプです。しかし、乾電池を買う必要があるのでコストがかかります。そのため、乾電池タイプのサーキュレーターを利用する際は、充電式の乾電池を使用し、コストを抑える工夫をしましょう。

USB充電タイプ

汎用性が高く、使いやすいサーキュレーターです。USBケーブルからの充電が可能なため、モバイルバッテリーなどとつないで使用できます。コンセントタイプよりも充電しやすいので、一台持っておくとさまざまな場面で重宝するでしょう。

【USB充電タイプのおすすめの商品】

照明と扇風機の2つの機能をもったサーキュレーターです。LEDライトで、照射角度が広いため、あたりを明るく照らせます。電源は、3本の乾電池を使用するほか 、USB充電をして使用できます。

コンセントがなくても気軽に使えるので、夜のキャンプだけではなく、災害時にも活用できます。

照明部の部位とハンドルは180度回転でき、ライトとファンを別方向に設定できます。そのため、照らす位置や送風方向を好みに調整できます。

Alomejor 携帯扇風機 テントファン
Alomejor 携帯扇風機 テントファン

 

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】 私たちは日本のアウトドア、レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的とした総合ウェブメディアです。 これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者向けの様々な情報を中心に配信しております。 また、アウトドア関連のイベント情報やフィールドで活躍するスペシャリストの方、遊びを豊かにするアイテムを創造し形にするクリエイターの方をクローズアップいたします。