アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

ワカンは雪山登山に欠かせないギア

ワカンは雪山登山に欠かせないギア
今回は冬山の登山に必要なワカンについて紹介します。ワカンはどういう冬山で、どのようにして使用するのか、また選びかたやおすすめについても詳しくまとめました。この冬、登山を予定されているかたは、ぜひチェックしてください。

雪山登山の必須ギア「ワカン」について

登山 ワカン

ワカンとはどういった登山ギアなのか、わかりやすく紹介していきます。

ワカンとは「かんじき」のこと

ワカンとは輪になったかんじきのことで、雪山登山には欠かせない登山ギアです。積雪が30cm以上になると、登山靴だけでは歩きにくくなります。

新雪の場合はまだかき分けながら(ラッセルして)進むことができますが、数日経ち表面が解けて凍った雪の場合は、足がズボズボと沈み込んで、歩くのが非常に困難です。

そこで活躍するのがワカンです。登山靴の底の表面積を広くして、雪への沈み込みをおさえることができます。

ワカンとスノーシューの違いは?

ワカンもスノーシューも同じかんじきです。違いは雪に接する広さにあり、ワカンよりもスノーシューのほうが雪に接する面が広くて、雪への沈み込みが少ないのが特徴。

スノーシューは降り積もったばかりのふかふかした新雪で使用されるのに対して、ワカンは、数日経過して表面が硬く凍った雪面に適しています。

ワカンとスノーシューの使い分け

 ワカンスノーシュー
ふかふかの新雪
表面が凍った雪面
小回りの効きやすさ(コンパクトさ)×
雪面での浮力

 

ワカンの特徴と使い方

登山 ワカン

ワカンの特徴と使い方についてわかりやすく紹介していきます。

ワカンの特徴

形状はフラットタイプとベントタイプ

ワカンには、なだらかな登山道や平地をおもに歩くためのフラットタイプと、坂道で使用するために前方が跳ね上がったベントタイプとがあります。

アイゼンと併用する場合には、上下逆にして使えるフラットタイプを選ぶようにしましょう。

素材はアルミやプラスチックなどさまざま

ワカンには、アルミなどの金属製からプラスチック製、木製など、さまざまな素材が用いられています。雪山登山には、破損などの少ないアルミ製がおすすめです。

装着方法はベルト式とラチェット式

ワカンの装着方法は、おもにベルト式とラチェット式との2つがあります。一般的なワカンはベルト式ですが、ラチェット式のほうが脱着しやすいので雪山におすすめです。

ワカンの使い方

ワカンは、登山靴の底にベルトやラチェットなどで装着します。ワカンによって装着方法が違うので、説明書にしたがって装着してください。

アイゼンと併用する場合には、先にアイゼンを装着したあと、フラットタイプのワカンを上下逆にして装着します。

ページ: 1 2
   
   

登山カテゴリの最新記事