アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

町工場だから開発できた、親子の時間を演出する体験型たき火台”小焚台”登場

町工場だから開発できた、親子の時間を演出する体験型たき火台”小焚台”登場
OZOPSは小焚台(コタキダイ)を発売します。多くのアウトドア製品があふれる中、日々ものづくりをしている町工場だからこそ提案できた「作る楽しみ」を「たき火」と組み合わせました。親子で一緒に「作る」「焚く」、「学び」と「遊び」を両立した新たなジャンルの商品です。

小焚台

小焚台の組み立てに工具は必要ありません。枠から部品を取り外し、裏面の端面に付属のやすりをかけ、折れ線にそって金属を曲げ、蝶ねじで留めれば完成です。折り紙ができるお子様でしたら、問題なく組み立てることができます。

また金属表面にお絵描きをすることもできます。クレヨン、色えんぴつ、油性マジックなど普段お子様が使っている道具を使って、自分だけのたき火台にデコレーションすることができます。
やりがいを感じるほどよい難しさと、世界に一つだけの道具を作る体験は、お子様の学びと成長を後押しします。

小焚台は製品パッケージのままですと、ただの金属の板です。この製品は、金属の板をたき火台に工作するクラフト、そこから生まれるたき火というアクティビティ、そしてたき火をつかった簡単な調理という一連の体験を生み出すためのものです。
製品への愛着よりも、それを使った素晴らしい思い出を作ってほしいというという想いが込められています。

ページ: 1 2
   
   

キャンプ道具カテゴリの最新記事