アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

オールシーズン対応の究極の寝袋「BlackBuck シュラフ」誕生

オールシーズン対応の究極の寝袋「BlackBuck シュラフ」誕生
BlackBuck シュラフは海外で大人気の山岳用ウェア素材「Pertex Quantum」を使った軽量・超保温シュラフです。800FPの高密度ダウンを使用することで、冬キャンプでも快適に眠ることができます。汎用性の高いキルト型とマミー型を使い分けて、4シーズンでの使用が可能になります。

BlackBuck シュラフ

800FPの高級品質ダウンを使用

BlackBuck シュラフ

一般的に550FP以上で高品質とされ、700~900FPぐらいのものまでが最も良質とされます。
ダウンがたくさん入っているからと言って良い寝袋とは限らず、肝心なのはフィルパワーが高いかどうかという点です。
ダウン量が多ければ多いほど重さも増え、かさばる原因となります。
そのため、フィルパワーの高いダウン量が多く、軽量であることが上質な寝袋といえます。

BlackBuck シュラフ

そして、キルトの優れているところは汎用性の高さです。

BlackBuck シュラフ

BlackBuck シュラフ

春夏秋冬オールシーズンで使用可能!

BlackBuck シュラフ

春/秋の快適気温でのキャンプでは、マミー型の寝袋でマイナス6度まで対応可能。
夏の暑い夜には、キルト型をさっとかけるだけで、マミー型では密閉しすぎて暑かった!という悩みから解放されます。

キルトのみ使用時は、最低0度まで対応可能です。

BlackBuck シュラフ

夏でも標高1,000m以上でのキャンプでは朝晩は肌寒いので、キルト型を使えばバッチリです。
少し肌寒く感じた場合は、足元を絞ってマミー型っぽく使うと暖かくなります。

BlackBuck シュラフ

冬の寒い時期には、マミー型の寝袋を包むようにキルト型の寝袋をかぶせて、2in1の使い方ができます。合わせてマイナス15度まで対応可能です。

ページ: 1 2
   
   

キャンプ道具カテゴリの最新記事