アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

常春の島・マヨルカ島で自転車ロードレースシーズンが開幕!『チャレンジ・シクリスタ・マヨルカ』

常春の島・マヨルカ島で自転車ロードレースシーズンが開幕!『チャレンジ・シクリスタ・マヨルカ』
ヨーロッパ有数のリゾート地、スペイン・マヨルカ島。ここで1月に開催される自転車レースが、『チャレンジ・シクリスタ・マヨルカ(通称:チャレンジ・マヨルカ)』です。日本人の石原悠希選手と小山智也選手も出走した、今年の同レースをレポートします。
 

自転車乗りの天国・マヨルカ島

マヨルカの港をサイクリングする人たち。

スペイン本土東側の地中海に浮かぶ4つの島はバレアレス諸島と呼ばれ、その中で最大の面積を持つのがマヨルカ島です。

一年を通して気候が温暖なマヨルカ島は、ヨーロッパ有数のリゾート地。

そして、この島を訪れる観光客に、もっとも人気のあるアクティビティの1つがサイクリングです。

この島にある多くのリゾートホテルは、サイクリストのための自転車用ガレージを設置していたり、自転車の修理用品を自由に使える施設を持っていたりするところがほとんど。

また、マヨルカ島のリゾートホテルが並ぶエリアにはレンタサイクルの店が複数あるため、わざわざ自分の自転車を持ってこなくても、現地ですぐに自転車をレンタルできるようにもなっています。

このように、理想的な気候を持ち多くの人にサイクリングが親しまれているこの場所で、プロの自転車チームがシーズン前にチーム合宿を行うのは、自然な流れと言えるでしょう。

こうしたマヨルカ島やアリカンテで合宿を行うプロの自転車チームが参加するのが、通称『チャレンジ・マヨルカ』と呼ばれている、5日間連続で開催されるレースです。

マヨルカ島にある山や平地、そして風などをフルに活用したコースレイアウトが、この『チャレンジ・マヨルカ』のレースの特徴となっています。

毎年1月の最終週に開催され、ヨーロッパでの自転車ロードレースシーズンの開幕を告げるこのレース。

今年は、日本人の石原悠希選手と小山智也選手が出走しました。

ちなみに、このチャレンジ・マヨルカは5日間のレースですが、5日間のステージレースではなく、1日で終わるレースが5日間続きます。

そのため、各チームは毎日出走選手を変更することも可能ですし、その日のレースを途中でリタイアした選手でも翌日のレースをまた走ることもできます。

 

島の西側がレースの舞台

チャレンジ・マヨルカの3日目のレースで2位となったバルベルデ(写真右)だったが、翌日のレースでは優勝。

今年のチャレンジ・マヨルカの主な舞台となったのは、マヨルカ島の西側でした。

マヨルカ島の西側には、セッラ・デ・トラムンターニャと呼ばれる、山岳地域が連なっています。

反対に、マヨルカ島の東側は、比較的地形が平坦な地域。

そのため、マヨルカ島の西側を主に走る今年のチャレンジ・マヨルカでは、5日間のレースの内、上りが得意なクライマー向きのコースが2日ある一方で、平坦な道を得意とするスプリンター向きのレースが3日ありました。

しかし、スプリンター向きのレースと言っても、全く上りのないコースというのは、『チャレンジ・マヨルカ』を始めとするスペインのレースではありえません。

スプリンターがマヨルカのレースで勝つためには、山も登ることができるだけの脚力を持っていることが必要条件となります。

そして、今年の『チャレンジ・マヨルカ』の目玉レースとなったのが、4日目のトロフェオ・ポリェンサ・ポート・アンドラチュのレースでした。

マヨルカ島の西側の山岳地帯をほぼ縦走する形でコースが設定され、選手たちはこの日だけでトータル3,000m以上も坂を上ることになりました。

この目玉レースで勝利したのは、今年限りで現役引退を表明しているアレハンドロ・バルベルデ(モビスター)。

スペイン人スター選手の久しぶりの勝利に、ゴール前では観客から大きな拍手が送られました。

ページ: 1 2
   
   

ロードバイクカテゴリの最新記事