アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

【2022年版】おすすめショートスキーの板

【2022年版】おすすめショートスキーの板
自由で楽しそうなショートスキーに挑戦してみたい人も多いのではないでしょうか。ゲレンデで遊んだり、子どもと滑ったり、持ち運びも便利なショートスキーは1本あると気軽にスキーが楽しめます。そんなショートスキーの板の選び方のポイントをご紹介します。

ショートスキー板の選び方

ショートスキー 板スキー板は長さによって操作性や安定性に違いがあります。短い板は軽く回しやすい分操作性は高くなりますがスピードを出したときの安定性は低くなります。

反対に、長い板は長さと重さによって安定性は高いけれど操作性が低くなります。

ショースキーはそもそもの長さが普通のスキーよりは短くなりますが、板を選ぶときはこれらを考慮して選ぶことをおすすめします。

スキーに慣れたい初心者向きのショートスキー

スキーに慣れたい人、いずれ通常のスキーに移行したいと考えている人は、120cmくらいの板で練習することをおすすめします。

ポジショニングや重心移動など、少し長めのショートスキーを習得することで、その後普通のスキー板に移行しやすくなります。

パークで遊びたい人向けのショートスキー

パークで遊びたい人は、ツインチップの少し太目のショートスキーがおすすめです。

トップとテールが反りあがったツインチップ形状の板は、前にも後ろにも滑れるので後ろ向き(スイッチ)で滑ることもできます。

さらに、太いことでジャンプの着地やジブで安定するのもメリットです。キッカーでのスピンも長い板よりもかけやすいですよ。

子どもに伴走したい人向きのショートスキー

軽く取り回しがしやすいショートスキーは子どもの転倒やとっさの動きに反応しやすいことが魅力です。

滑走時はもちろん、リフトの乗り降りや移動のときなど、子どもに合わせて細かく動けるので、子どもの伴走に向いています。

スキーに慣れている人は長めのショートスキーで、スキー初心者やボーダーは短めのショートスキーの方が扱いやすいかもしれません。

 

ショートスキー板のビンディングの違い

ショートスキー 板ショートスキーの板に装着するビンディングには、解放式と固定式があります。その特徴や違いの活かし方について紹介します。

解放式ビンディングとは

一般的なスキーに装着されている解放式ビンディングは、板に一定以上の力が掛かるとスキー板とブーツが外れます。

どれくらいの力が掛かったら解放するかの解放値はスキーのレベルや体重によって変わり、一般的に上級者や体重のある人は高く、初心者や体重の軽い人は低く設定します。

転倒したときや無理な捻りが加わったときはスキー板をブーツから解放し、ブレーキが下りて板が流れないようになっています。

解放式ビンディングはワンタッチで脱着しやすいのもメリットです。

固定式ビンディングとは

固定式ビンディングはスキー板とブーツが固定されています。解放機能がない分シンプルな作りで、軽量さがメリットです。

固定されているため、転倒したときや捻りの動作が加わった際も解放はしないので注意が必要です。

違いを活かした選び方

怪我防止の観点からはできれば解放式がおすすめですが、ごく短い板のセットでは固定式しか選べない場合もあります。

また、持ち運びの利便性を考えて、軽い固定式を選択することもあるかもしれません。

固定式ビンディングを使用の場合は、ブレーキがついていないのでリーシュコードをつけるようにしましょう。

ページ: 1 2
   
   
NEW SPORT1991 ボードブーツファン2点セット WTMSK888P/BLACK + 専用プレート
ノーブランド品

ゲレンデスキーカテゴリの最新記事