ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

ネパールのトレッキングは圧巻の景観が魅力!代表的なトレッキングエリアを紹介

ネパールのトレッキングは圧巻の景観が魅力!代表的なトレッキングエリアを紹介
誰もが知るエベレストや数々のヒマラヤの名峰、大自然の絶景が広がるネパール。国土の8割が丘陵・山岳地帯でもあるネパールには、里山歩きから本格的な登山まで世界中から多くのトレッカーが訪れます。そんなネパールでのトレッキングの魅力をご紹介します。

神々の国、ネパール

ネパールトレッキング

ネパールってどんな国?

ネパールは北海道の約1.8倍ほどの面積に3,000万人弱の人が住む、インドと中国のチベット自治区に接する海のない内陸国です。

ネワール族や、山岳地帯に住むシェルパ族など50以上の民族と多数の宗教が平和的に共存し、人の数より神様の数の方が多い「神々の国」とも呼ばれています。

このアジアの小さな国を有名にしているのは、世界最高峰のエベレストをようするヒマラヤ山脈の存在が大きいでしょう。

その圧巻の景観は世界中のトレッカー達の憧れであり、シーズン中には多くの外国人が訪れにぎわいをみせています。

世界の屋根ヒマラヤ

ヒマラヤとは古代サンスクリット語で「雪の棲家」を意味します。

ユーラシア大陸とインド大陸が衝突した際に隆起して出来たヒマラヤ山脈には7,000m級の山々がそびえ、その圧倒的なスケールから世界の屋根と呼ばれています。

ヒマラヤ山脈は東西2,400kmを越え、そのうちネパールには800㎞またがり、8,000m峰が8座そびえています。

谷の奥深くまで山岳民族が住む村があり、村々に滞在しながらエベレストやダウラギリ、ローツェなどをはじめとする高峰を仰ぎ見ることができます。

特別な技術を必要とせずトレッキングで憧れの名峰の数々を眺めることができるのは、ネパールならではといえるでしょう。

 

ネパールのトレッキングのスタイル

ネパールトレッキング

旅の始まりはカトマンズから。首都のカトマンズはネパールの玄関口です。

ヒマラヤの山々に囲まれた盆地にあるカトマンズはかつてインドとチベットを結ぶ交易の中、継地として栄えてきました。

今では人口100万人を越す大都市となり、日夜クラクションが鳴り響き人々の活気に満ち溢れています。

日本からネパールへの旅路は、もちろん日本国内で旅行会社を通じて手配もできますが、現地の旅行会社を利用することも難しくありません。

中心地のタメル地区には多数の旅行会社が建ち並び、トレッキングツアーの手配や日本語の話せるガイドの手配も可能です。

また荷物を運んでくれるポーターを雇うこともできるので、重たい荷物をポーターに任せて身軽にトレッキングを楽しむこともできます。

まずは何を準備したらいいの?

ネパールでトレッキングをしてみたいけれど、一体どんな準備をしたらよいのでしょう。

もし日本から装備を忘れてしまた場合も、もしくは旅の途中で思い立ってトレッキングを始めてみたくなったとしても大丈夫です。

町には沢山のアウトドアショップがあり、トレッキングに必要なウェアや登山装備は全て一式そろうほどに充実しています。

レンタル品もあるので、日数に合わせて寝袋やかさばる装備などを借りることも可能です。

また、行動食や薬なども現地で入手することができます。

もちろん日本から使い慣れた自分の装備を持っていくのが一番安心ですのでお忘れなく。

重宝するのは羊羹(ようかん)や梅干し、ホッカイロなど日本ならではのものでしょうか。

現地の人々との会話にもきっと一役買ってくれるに違いありません。

ページ: 1 2
   
   

登山カテゴリの最新記事