ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

山岳部の経験が役に立つこととは?経験者が山岳部をおすすめする理由

山岳部の経験が役に立つこととは?経験者が山岳部をおすすめする理由
高校大学と山岳部に所属したOBの立場から、自身の経験をふまえながら日常生活のなかで役立つことや進学や就職でプラスになるのかについて解説していきます。高校や大学の山岳部に入部しようかと検討しておられるかたは、参考になさってください。

山岳部の経験はどんなところで役立つ?

山岳部 経験

山岳部で活動した経験は、山以外の日常生活のさまざまなシーンで役に立ちます。項目別にして紹介していきます。

山岳部の経験が役立つシーン①キャンプなどのアウトドア

山岳部が出場するインターハイでは、テント設営や調理のテクニックなども審査項目に入っています。そのため、高校の山岳部では素早いテント設営をおこなう技術や、手際のよい調理をするためのトレーニングもおこないます。

キャンプはもちろん、バーベキューなどのアウトドアで山岳部の経験は大活躍してくれるはずです。

山岳部の経験が役立つシーン②サバイバルテクニックが身につく

山岳部の経験者は、山で調理して食事することに慣れているので、台風や地震が発生して、ライフラインが停止しても、さまざまな手法で対応することが可能です。

また、急遽避難しなくてはいけない事態のときには、安全な場所で素早くテントを設営して、安全の確保がおこなえます。

山岳部の経験が役立つシーン③日常生活で役立つことが多い

ロープワーク

テント設営のとき、またはロッククライミングのときには、ロープワークの知識が欠かせません。ロープワークの技術は、荷造りをするときなどの日常生活のなかで大活躍してくれます。

天候の知識

山の天候は変わりやすいため、天気の知識をつけることも山岳部の重要なトレーニングのひとつです。

天気情報を聞きながら天気図を作成するトレーニングをしているので、気圧の谷が今どのあたりにあり、どのくらいのスピードで移動しているのかもしっかり把握できます。

天候の知識は山だけでなく、キャンプやアウトドア全般にとっても非常に重要であり、普段の日常生活のなかでも役立ちます。

 

山岳部での経験は進学や就職にプラスになる

山岳部 経験

 山岳部に所属して活動してきた筆者の経験上、山岳部に所属していたというだけで、頑張りや、ねばり強い、根性がすわっているといった良いイメージがかってについてくる感じがしています。

大学の面接で教授に「3年間山岳部で頑張ってきたんだね」といわれたことがあります。また、就職活動のときも、山岳部で活動してきたということで、協調性があるチームワークが良い、ねばり強いといったいいイメージを持たれることが多かったようです。

さらに、山岳部というワード自体にインパクトがあるため、これまでどんな山に登ったの?とか、どんな活動をするの?といった面接のときの話題性にことかかないというメリットもあります。

ページ: 1 2
   
   

登山カテゴリの最新記事