小学生になったらスキーデビュー♪に迷ってるお父さんお母さん♪冬ならではのアウトドアスポーツを家族みんなで楽しみませんか!?

普通免許でも運転できる?キャンピングカーが運転できる免許とは

普通免許でも運転できる?キャンピングカーが運転できる免許とは
家族や装備が増えると、キャンプのときに移動や設営が楽なキャンピングカーも選択肢に入ってきます。そこで気になるのが、免許ではないでしょうか。今回は、キャンピングカーを普通免許で運転できるのかや、用途や価格別におすすめの車種などをご紹介します。

キャンピングカーの種類

キャンピングカー,免許

キャンピングカーには、いくつか種類があります。大きく分けて、「自走式」と「けん引式」の2種類。それぞれどんな特徴があるのでしょうか。

「自走式」キャンピングカー

自動車部と住居部が一体化している、いわゆる1台の車です。

そのためサイズが大きめのものが多いですが、運転する感覚は普通車とほとんど変わりません。車種によってはバスをベースにした大型のものまであるので、サイズの確認が必要です。

「けん引式」キャンピングカー

キャンピングトレーラーとも呼ばれます。

車内は居住スペースのみでエンジンや運転席がないので、自動車でけん引して移動します。そのため普通免許だけでなく、けん引免許が別途必要な場合も。

こちらも軽自動車サイズの小さいものからバスのような大型のものまで、いろいろなサイズがあります。

 

キャンピングカーの運転に必要な免許とは

キャンピングカー,免許

キャンピングカーの種類によっては、普通免許以外の免許が別途必要になってしまう場合も。

自分がどの免許を取得しているかは、持っている運転免許証を見れば簡単に確認ができます。

見方としては、免許証の下に記載されている「種類」という欄で「普通」という記載があれば普通免許、「け引」という記載があればけん引免許、ということになります。

けん引免許について

750kg以上のトレーラータイプのキャンピングカーの場合は、けん引免許が必要になります。

けん引免許を取得するには、年齢が18歳以上であり、さらに両眼の視力が0.8以上でなければいけません。この条件を満たしていれば、自動車学校で取得することができます。

免許を取得した時期は要チェック

道路交通法の改正により、運転免許を取得した時期で運転できる車が異なってきます。注意が必要な箇所なので、詳しく見ていきましょう。

平成19年6月1日以前

この時期に免許を取得した方は、「車両総重量8.0t未満、最大積載量5.0t未満、乗車定員10人以下」の条件を満たした車のみを運転できます。

つまり、ほとんどの車種のキャンピングカーを運転することができるといえます。

平成19年6月2日から平成29年3月11日まで

この時期に免許を取得した方は、「車両総重量5.0t未満、最大積載量3.0t未満、乗員定員10人以下」の条件を満たした車のみを運転できます。

車両総重量にさえ注意すれば、ほとんどのキャンピングカーを運転できるでしょう。

平成29年3月12日以降

この時期に免許を取得した方は、「車両総重量3.5t未満、最大積載量2.0t未満、乗車定員10人以下」の条件を満たしている車のみ運転が可能です。

車検証に車両総重量が記載されているので、レンタカーを使う場合は必ず確認しておくようにしましょう。

なお、平成29年3月12日に「準中型免許」という区分が新しくできました。

これは普通免許と中型免許の中間にあたる免許で、「車両総重量7.5t未満、最大積載量4.5t未満、乗車定員10人以下」の条件を満たしている車であれば運転することができます。

これから免許の取得を考えていて今後大きな車を運転したいと思っている方は、この準中型免許の取得がおすすめです。

ページ: 1 2
   
   

キャンプカテゴリの最新記事