アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

初心者のスポーツ自転車はどっちを選ぶ?ロードバイクVSマウンテンバイク

初心者のスポーツ自転車はどっちを選ぶ?ロードバイクVSマウンテンバイク
ロードバイクとマウンテンバイクは、スポーツ自転車の二大巨頭といってもいいほど市場規模が大きい自転車です。使われる競技は違いますが、趣味として買うにはどちらがいいのでしょうか?今回はそれぞれ所有している筆者が比較し、どっちがいいか解説します!

初心者でもわかるロードバイクとマウンテンバイクの違い

ロードバイク マウンテンバイク

 

ロードバイクとマウンテンバイクは、初心者でもすぐに見分けがつくほど違う自転車ですよね。

でも、見た目よりも実際の使い方や設計における違いが、購入するときには重要になります。

まずは見た目以外に、どのような点に違いがあるのか覚えておきましょう。

 

オンロード競技用とオフロード競技用の違い

ロードバイク、マウンテンバイクそれぞれ競技用に開発されている自転車ですが、使われる競技が違います。

ロードバイクは、舗装路を走るロードレースなど、マウンテンバイクは山道やダートコースなどを走るレース用の自転車です。

もちろんマウンテンバイクは舗装路を走ることができますが、スピードではロードバイクに敵いません。

逆に、ロードバイクは山道を走るのは困難なので、汎用性でいえばマウンテンバイクが勝るといわれることも多いですね。

 

本体の重さの違い

スポーツ自転車において、車体の重量は性能に大きく影響します。

具体的にはスピードの出しやすさや距離を走ったときの体力の消耗に違いが出るので、長距離走ることを想定しているロードバイクは、10kg以下を基準に設計されているものが多いですね。

一方マウンテンバイクでは、オフロードの衝撃に耐える強度や、ショックを吸収するサスペンションを装備しているため、ロードバイクに比べるとかなり重く設計されています。

マウンテンバイクでも、クロスカントリー競技などでは軽さが武器になりますが、それでも15㎏以下のモデルは稀です。

 

使われているパーツの違い

ロードバイクとマウンテンバイクでは、パッと見てもハンドルの違いやサスペンションの有無など、パーツの違いがわかりますよね。

そのほかにも、変速機やブレーキといったコンポーネントや、ホイールやタイヤといったパーツが違います。

構造的には同じですが、多くのモデルで規格が違うため互換性はないので、改造するときには注意が必要です。

 

 

ロングライドにはロードバイクが最適

ロードバイク マウンテンバイク

 

趣味のサイクリングの楽しみ方として、長距離走るロングライドという楽しみ方があります。

ときには100㎞以上走ることもあるので、体力だけでなく、機材の能力も必要ですよね。

そんなロングライドでは、ロードバイクとマウンテンバイク、どちらがいいのでしょうか?

 

オンロードを長距離走るにはロードバイクが最適

ロードバイクは、数百キロの距離を1日で走りきるロードレース用に開発された自転車なので、もちろんロングライドにもぴったりです。

本体も軽く作られているので体力を浪費しにくく、細くて大径のタイヤはスピードを維持するのにも適していますね。

ただしこれは舗装路に限った話で、コースを道路やサイクリングロードに限定したロングライドであれば、ロードバイクがもっとも適していると言えます。

 

マウンテンバイクも軽量化・オンロード化で長距離ライドが可能

マウンテンバイクは重たく抵抗の強いタイヤを使っているため、筆者の感覚だと100㎞のロングライドでもかなりバテてしまいます。

ただし、タイヤなどをオンロード向きのものにカスタマイズすれば、距離を伸ばしたサイクリングも、マウンテンバイクで楽しむことができます。

オンロード化してもロードバイクよりはオフロードを走りやすく、いろいろな道を走りたい場合にはカスタマイズマウンテンバイクのロングライドもおすすめです。

 

マウンテンバイクのオンロード化カスタマイズについてくわしい情報はこちらもご覧ください。

 

ページ: 1 2 3
   
   

ロードバイクカテゴリの最新記事