半永久的ににおわない!「mil-spec ミルスペック」海上自衛隊のために作られた消臭タオル

DIYでチェーン交換!ロードバイクのチェーンのチェーンを交換方法と手順

DIYでチェーン交換!ロードバイクのチェーンのチェーンを交換方法と手順
   
ロードバイクは性能が重要な自転車で、ドライブトレインの手入れは欠かせません。なかでもチェーンは消耗品なので、メンテナンスも重要ですが、劣化したら交換して性能を取り戻しましょう。今回はロードバイクのチェーン交換の方法を手順を追って解説します。
   

ロードバイクのチェーン交換のタイミングは?

ロードバイク チェーン交換

 

ロードバイクの機関部品(ドライブトレイン)はほとんどが消耗品です。

メンテナンスも必須ですが、性能が落ちたら交換して性能を取り戻す作業も必須です。

なかでも、ペダルの回転をリアタイヤに伝えるためのチェーンには負担がかかり、性能維持には交換も必要なパーツですね。

では、チェーンはどういったタイミングで交換するべきなのでしょうか?

 

チェーンの寿命は3,000~6,000㎞

チェーンは、しっかりメンテナンスして使ったとしても、おおよそ3,000~6,000㎞で交換しなければいけません。(SHIMANO製チェーンの例)

これはチェーンのコーティングがはがれて摩擦抵抗が大きくなったり、チェーンの摩耗が始まってかみ合わせが悪くなるタイミングだといわれています。

100㎞のロングライドでいえばおおよそ50回で交換なので、思ったより頻度は高いですよね。

 

サビが見えるとき

チェーンはメンテナンスを怠ると、すぐにサビてしまいます。

サビると抵抗が増え、回転がスムーズにできなくなり、最悪破断にもつながります。

定期的にオイルを洗浄し、塗りなおすだけでサビ防止になるので、なるべくこまめにメンテナンスすることで寿命を延ばすこともできます。

メッキやコーティング系のチェーンならサビに強いので、あまりメンテナンスできない方におすすめですね。

 

チェーンが切れたとき

ロードバイクのチェーンは、異物が挟まったり、消耗した時などに切れてしまうこともあります。

切れてしまっても接続しなおすことはできますが、また違うところが切れたり、短くなって不備が出る場合があります。

基本的には、一度切れてしまったチェーンは交換するほうが安心です。

 

 

ロードバイクのチェーン交換に必要なもの

ロードバイク チェーン交換

 

ロードバイクのチェーン交換は専用の工具や、交換するにあたって必要な消耗品などもあります。

はじめてチェーン交換に挑戦する場合は、以下のアイテムをあらかじめ用意しておくことをおすすめします。

 

交換用チェーン

まずは交換するための新しいチェーンですが、以外にもいろいろな種類があります。

基本的にはギアの数に合わせて選び、予算が許すならメッキやコーティング系のチェーンがおすすめです。

 

SHIMANO シマノ CN-HG701 116L 11S チェーン ICNHG70111116

 

チェーン切り

チェーンを接続したり、切断するための工具がチェーン切り(チェーンカッター)です。

シンプルな工具ですが、これもチェーンの種類(ギアの数)によって対応するものが変わるので、まずはチェーンの種類を確認してから購入するといいでしょう。

 

SHIMANO シマノ チェーン切りIG/HG/UGチェーン用11段対応 TL-CN28 Y13098500

【ポイント5倍】シマノ チェーン切りIG/HG/UGチェーン用11段対応 TL-CN28 Y13098500

 

オイル

新しいチェーンを取り付けた後には、オイルを塗って抵抗を減らし、チェーンの保護します。

塗らないと回転が悪くなるだけでなく、すぐにサビてしまうので、持っていなければかならず用意しておきましょう。

 

 







ロードバイクカテゴリの最新記事