『トレーナー/インストラクター応援企画!』新規無料掲載登録で、先着50名様に『RATIONお試しセット』をプレゼント!

シーズンオフの名物レース「メモリアル・マリア・イサベル・クラベーロ」

シーズンオフの名物レース「メモリアル・マリア・イサベル・クラベーロ」
   
ロードレースがシーズンオフになる11月、マドリードでクリテリウムのレースが開催されます。それが、メモリアル・マリア・イサベル・クラベーロ。今回はこのレースのようすをレポートします。
   

メモリアル・マリア・イサベル・クラベーロはスペイン人サイクリストの里帰りレース

メモリアル・マリア・イサベル・クラベーロ ロードバイク

 

11月になると、ロードレースはシーズンオフになります。

しかし、毎年この時期にマドリードの北で開催される「クリテリウム」のレースがあります。

それがメモリアル・マリア・イサベル・クラベーロ。

今年で28回目の開催を迎えた歴史ある大会です。

しかし、その雰囲気はとても家庭的でこじんまりとしたもの。

いつもは大型のチームカーなどでレース会場に到着する選手たちですが、この大会は個人参加のため、友人や家族と連れ立って、自家用車でレース会場にやってきます。

とくにスペイン国外のチームに所属する選手にとって、この時期は家族と一緒に過ごすことができる貴重な時間です。

その代表が、日本のチームに所属しているスペイン人選手たちでしょう。

今回の大会には、日本チームに所属するスペイン人選手が5人参加していました。

 

日本チームに所属する選手たちの里帰り

今年、マトリックス・パワータグで大活躍したベテランのフランシスコ・マンセボ選手は、日本での全レース終了後、奥様と日本旅行を楽しんでから、スペインに帰国。

その足でこのレースに駆けつけました。

一方、今年インタープロ・サイクリング・アカデミーでアジアやアフリカ、ヨーロッパの数々のレースを走ったのが、パブロ・トーレス選手。

ツアー・オブ・ジャパンでは、ステージ優勝もしました。

「来年はヨーロッパのチームで走る予定です。近いうちに子供が生まれるので、家族と一緒にいる時間が欲しくてね。」

この話に、観客席からはあたたかな「おめでとう」の拍手が送られていました。

 

メモリアル・マリア・イサベル・クラベーロ ロードバイク

 

キナン・サイクリング・チームのスペイン人、マルコス・ガルシア選手とサルバドール・グアルディオラ選手は、このレースに毎年参加しています。

ガルシア選手のご自宅はこのレース会場の近く。

そのため、ご家族全員が応援に駆けつけました。

グアルディオラ選手の応援団は、ご家族と2匹の愛犬たち。

キナン・サイクリングのスペインの応援団は、少し大所帯となりました。

 

メモリアル・マリア・イサベル・クラベーロ ロードバイク

 

ニッポー・ビニ・ファンティー二・ファイザーネで、多くのレースを走ったホアン・ホセ・ロバート選手は、来年スペインのフンダシォン・エウスカディへの加入が決定しています。

彼のスプリントが、久しぶりにスペインのレースで披露されることでしょう。

 

 

メモリアル・マリア・イサベル・クラベーロは元プロのサイクリストも参加

メモリアル・マリア・イサベル・クラベーロ ロードバイク

 

このメモリアル・マリア・イサベル・クラベーロには、元プロサイクリストのカテゴリーのレースもあります。

今年このカテゴリーのレースに参加した顔ぶれの一部をご紹介しますと、

  • ペドロ・オリーリョ氏(世界チャンピオンオスカル・フレイレのアシスト)
  • ホセ・ルイス(チェチュ)・ルビエラ氏(ランス・アームストロングのアシスト)
  • イゴール・アントン氏(元エウスカルテル・エウスカディ所属)
  • コルド・フェルナンデス氏(元エウスカルテル・エウスカディ所属)
  • イゴール・アスタロア氏(2003年の世界チャンピオン)
  • ダビデ・ロペス氏(元チーム・スカイ所属)
  • パべル・トンコフ氏(1996年のジロ・デ・イタリア総合優勝)

など、全部で30人ほど。

そして応援団として、現モービースター監督のパブロ・ラストラス氏も会場に遊びにきました。

 

メモリアル・マリア・イサベル・クラベーロ ロードバイク

 

そんな豪華なメンバーのなかで、今年このカテゴリーで優勝したのは、バスク人サイクリストのイゴール・アントン氏。

彼のプロサイクリストとしてのラストランは2年前のブエルタ・エスパーニャでした。

ひさしぶりの勝利に、笑顔を見せたアントン氏なのでした。

 

 

チーム・ムーリアスのラストランは、サミティエル選手が優勝

メモリアル・マリア・イサベル・クラベーロ ロードバイク

 

今回のプロサイクリストのカテゴリーには3人のエウスカディ・バスク・カントリー・ムーリアス所属の選手が出走していました。

昨年のブエルタ・エスパーニャでステージ優勝したオスカル・ロドリゲス選手、今年のブエルタ・エスパーニャで活躍したフェルナンド・バルセロ選手とセルヒオ・サミティエル選手です。

実は、彼らのチームは今年いっぱいでの解散がすでに決まっています。

そのため、この日のレースが、チーム・ムーリアスのジャージをお披露目する最後の機会となりました。

そして、レースが始まるとこの3人のチームワークが炸裂します。

まず、スタート直後にバルセロ選手が先頭グループに入ると同時に、メイングループではロドリゲス選手が集団をコントロールします。

そして、レースが中盤を過ぎたころに3人の選手が逃げ集団を形成しますが、その中にサミティエル選手の姿がありました。

そして、ゴールまでラスト2周となったとき、サミティエル選手がラストスパートをかけて、先頭に躍り出ます。

結局、ゴールまで逃げ切ったサミティエル選手が、今年のこのレースの優勝者となりました。

 

メモリアル・マリア・イサベル・クラベーロ ロードバイク

 

最後のレースを優勝で飾ったチーム・ムーリアス。

選手たちにも笑顔がこぼれました。

 

 

NEWS

ロードバイクの本場ヨーロッパで人気の北欧メーカー「SWIX社」が展開する

「バイク ケアライン」がついに日本初上陸!

バイクウォッシュ

自転車を清潔に保つ、ボディ全体に使える強力で優しいクリーナー。
低温でも問題なくご利用いただけます。

 

 

 

 

ディグリーザー(脱脂剤)

効率的なチェーンクリーナー。自転車チェーンとギア、シャフトなどのための非常に強力な脱脂剤です。

 

 

 







ロードバイクカテゴリの最新記事