12月は「HotChillys ホットチリーズ 」 コンバーチブル バラクラバ / Greenfield「公式LINEお友達登録」で アウトドアスポーツアイテムを毎月プレゼント!

【ブエルタ・エスパーニャ2019シリーズ】最終週マドリード・ステージ・レポート

【ブエルタ・エスパーニャ2019シリーズ】最終週マドリード・ステージ・レポート
   
今年のブエルタ・エスパーニャの最終週の舞台となったのは、マドリード近郊。意外と山がちのスペインの首都の近くを、サイクリストたちが駆け抜けます。ブエルタ最終週の様子をレポートします。
   

ステージ優勝したベテランも驚く高速レース

ブエルタ・エスパ―ニャ, ロードバイク

 

マドリードの北に位置するグアダラハラがゴールとなった第17ステージ。

この日の距離は220㎞。

登りらしい登りはレースの前半にある3級山岳が1カ所だけというスプリンター向けのコース設定のはずでした。

しかし、レースが終わってみると、このステージでの選手たちの平均時速は約51㎞/h。

特にスタートして最初の1時間では、時速70㎞/hを記録したほどのスーパー・ハイペースのレースとなりました。

その原因は、風。

レース中、選手たちは終始強烈な追い風を受けて走っていたため、ブエルタ史上まれに見るハイスピードレースとなりました。

この日のハイペースには、ステージ優勝したベテランのジルベール選手も驚くほど。

レース後のインタビューでは、

「僕もプロになっていろんなレースを走ったけど、ここまでハイペースのレースは経験したことがなかった。たぶん、僕自身、今日のレースは一生忘れられないと思う。」

とコメントしました。

このハイペースなレースのあおりをまともに受けてしまったのが、通称「グルペット」と呼ばれる選手の集団です。

ブエルタ・エスパ―ニャは3週間に渡るレースです。

そのため、途中で体調を崩してしまう選手がいることも少なくありません。

そのような選手は、レース中「グルペット」という集団をほかのサイクリストと共に作り、制限時間内の完走を目指して、若干ゆっくりめのペースでステージを乗り切ることになります。

しかし、この日のレースのように先頭集団のペースが速いと、この「グルペット」のペースも上がらざるを得ません。

この日、グルペットも終始ハイスピードでのレースを強いられました。

そんなグルペットにいた選手のひとりは、

「優勝したジルベール選手のペースがあまりに早いので、もしかしたら制限時間内にゴールにたどり着けないんじゃないかと心配になった。ものすごく怖かった。」

とレース後に話をしていたほど。

3週間のレースの恐ろしさを垣間見ることができたステージとなりました。

 

 

トレドの登りと石畳が勝敗を分ける

ブエルタ・エスパ―ニャ, ロードバイク

 

第19ステージは、城壁の町アビラからスペインの古都トレドへと向かう165.2kmのコース。

共に石畳の道が街を代表する風景となっている2都市の間を選手たちは走ることになりました。

特にトレドのゴール前には約500mにわたる石畳の登りが選手たちを待ち受けます。

この日のレースを制したのは、今年のブエルタが生涯2度目の3週間のレースとなったレミー・カバ―ニャ選手(デセウニック・クイック・ステップ)。

途中でチームメイトのジェームス・ノックス選手の落車の影響を免れた彼が、この日のトレドの登りを一番最初に駆け上りました。

このステージまで来ると、選手たちの体力・気力は限界にまで達します。

そのためか、この日のレース後には水分やプロティンと同時に、甘いお菓子を食べてエネルギー補給している選手の姿が少なからず見受けられました。

例えば、スイス・チャンピオンの経験もあるシルバン・ディリェ選手の左手には、スペインのキオスコなどで普通に販売されている、イチゴ味のソフトキャンディが握られています。

 

ブエルタ・エスパ―ニャ, ロードバイク

 

選手がエネルギーを摂取するためには、甘い物の力を借りることが、やはり有効なのでしょうか。

意外な選手たちの一面を見ることができた、トレドでのゴールとなりました。

 

 

マドリードのスプリントを制したオランダ人サイクリスト

ブエルタ・エスパ―ニャ, ロードバイク

 

最終第21ステージはマドリードの南のフエンラブラダからマドリードの中心街のサーキットコースへと向かう約100㎞のコース。

例年どおり、リーダージャージを着たプリモッシュ・ログリッジ選手擁するジュンボ・ビズマが先頭で、マドリードのサーキットコースに入ってきます。

 

ブエルタ・エスパ―ニャ, ロードバイク

 

その後、地元マドリード出身のゴンザロ・セラーノ選手(カハ・ルラル・セグロスRGA)が集団から飛び出します。

 

ブエルタ・エスパ―ニャ, ロードバイク

 

しばらく彼の逃げは続きましたが、最後の1周を前に、スピードアップしたメイン集団に飲みこまれてしまいます。

その後は最後のスプリントをものにしたいチームがレースを順調にコントロール。

今年好調のデセウニック・クイック・ステップ所属のオランダ人サイクリストのファビオ・ヤコブセン選手が、この日のステージ優勝者となりました。

一方、リーダージャージを着たプリモッシュ・ログリッジ選手はメイン集団の中盤で、何の問題もなくゴール。

2019年のブエルタ・エスパ―ニャの総合優勝者に輝きました。

初日のチーム・タイムトライアルでの落車というアクシデントにも関わらず、優勝したログリッジ選手。

チームメートやスタッフから、大変な祝福を受けていました。

 

 

まとめ

ログリッジ選手の総合優勝という形で幕を閉じた今年のブエルタ・エスパ―ニャ。スタート時暑さから、雨や雹まで降るという極端なコンディションの中を選手たちは3週間戦うことになりました。来年のブエルタはオランダのユトレヒトからスタートします。例年より2週間ほど早くスタートする来年のブエルタを楽しみに待つことにしましょう。

海外カテゴリの最新記事