11月は「キャリー ザ サン 」 折りたたみ 太陽光充電式 LED ランタン / Greenfield「公式LINEお友達登録」で アウトドアスポーツアイテムを毎月プレゼント!

【ブエルタ・エスパーニャ2019シリーズ】ビルバオ・ステージ・レースレポート

【ブエルタ・エスパーニャ2019シリーズ】ビルバオ・ステージ・レースレポート
   
今年のブエルタ・エスパーニャの折り返し地点となった、バスクのステージ。ビルバオ市内を中心に、バスクの自転車ファンがサイクリストたちに熱い声援を送りました。2日間のレースの様子をお送りします
   

バスク地方の登りが主役のステージ

ブエルタ・エスパ―ニャ, ロードバイク

 

バスク地方が今年のブエルタ・エスパーニャの舞台となった第12ステージ。

この日サイクリストたちがたどり着くゴール地点は、ビルバオ市内の目抜き通りであるグラン・ビアです。

道幅が広く、長い直線のこの道路が完全に封鎖され、サイクリストたちと自転車ファンが埋め尽くします。

第12ステージのスタート地点は、自動車やバイクのレースで有名なナバラ・サーキット。

このスタート地点から選手たちは北上し、ビルバオまでの171㎞を走ります。

この日は4つの山岳を超えるコース。

とは言え、そのすべてが3級山岳のため、バスクでのステージの割には登りが少ないコースになりました。

しかし、実は3級山岳でもあなどることができないのが、バスクの登りなのです。

バスクでのレースの特徴のひとつに、距離が短めで斜度がある登りがコースに数多く出てくることが挙げられます。

そのうえゴール地点のビルバオが近づくと、道幅の狭い登りが選手たちの前に現れるのです。

こうしたコースの場合、有力選手が集中し大人数で構成されるメイン集団よりも、少人数の選手で構成された先頭の逃げ集団の方に、こうしたコースが有利に働くことがあります。

この12ステージもその例外ではありませんでした。

 

 

ベテランの経験が発揮されたステージ優勝

ブエルタ・エスパ―ニャ, ロードバイク

 

ビルバオの市内に入る直前の道幅の狭い登りで、先頭の逃げ集団にいたフィリップ・ジルベール選手(デセウニック・クイック・ステップ)が飛び出します。

この動きに反応し後を追ったのは、スペイン人若手サイクリストのアレックス・アランブル選手(カハ・ルラル・セグロス・RGA)とフェルナンド・バルセロ選手(エウスカディ・バスク・カントリー・ムーリアス)の2人だけ。

ジルベール選手と若手スペイン人サイクリストたちの差は約10秒。

当初は、後ろのスペイン人2人が、ジルベール選手に追いつくのは難しくないように見えました。

しかし、経験豊富なベテランのジルベール選手は、ゴールまでこの10秒のタイム差を維持し、結局この日のステージ優勝を飾ることとなりました。

レース後の記者会見では、

「僕と同世代のアレハンドロ・バルベルデ選手が、現役の世界チャンピオンだからね。僕もしばらくはこのレベルでレースができると思うよ。」

と話していたジルベール選手。

一方、彼に追いつくことができなかった2人のスペイン人サイクリストは、それぞれに表情に悔しさをにじませていました。

まず、アランブル選手は、

「また2着だよ。くやしいなぁ」

というもの。

と言うのも同選手は、ブエルタ・エスパ―ニャの前哨戦となったブエルタ・ブルゴスでも2着となるなど、ここ数か月2着となるレースが続いていたのです。

一方、バルセロ選手も悔しそうな表情を見せました。

とくに前日の第11ステージを優勝したのはバルセロ選手のチームメートもミケル・ビズカラ選手だったため、

「2日間連続でステージ優勝したかったけど、やっぱり難しいよね。」

と話していました。

 

 

サンマメ・スタジアムからスタートした第13ステージ

ブエルタ・エスパ―ニャ, ロードバイク

 

翌日第13ステージはビルバオからスタートする166㎞のコース。

スタート地点は、アスレチック・ビルバオの本拠地のサンマメ・スタジアムです。

このスタジアムが建設されたのは2013年のこと。

すでに6年近く経っていますが、まだまだ新しく、ピカピカのスタジアムです。

このスタジアムの駐車場に出走前サイン台が設置されました。

広いはずの駐車場に、たくさんのバスクの自転車ファンが詰めかけます。

司会者の「昨日のステージで、最後の3級山岳を頂上までウィリーで登った選手がいます。」という言葉に、観客は大拍手。

そんなバスクの観客に囲まれた選手たちは、いつもより愛想よく、観客からのサインや2ショットのお願いに応えます。

この日距離は短めなものの、3級山岳が6つのあとに頂上ゴールという、北スペインならではのハードなステージ。

スプリンターにとっては、厳しいステージになります。

この日、サイクリストたちはスタート直後、サンマメ・スタジアムのなかを1周します。

アスレチック・ビルバオのユニフォームを着て集団の先頭を走るのは、地元出身のオマール・フレイレ選手(アスタナ)、ジョナサン・ラストラ選手(カハ・ルラル・セグロスRGA)、そしてミケル・ビズカラ(エウスカディ・バスク・カントリー・ムーリアス)選手の3人。

 

ブエルタ・エスパ―ニャ, ロードバイク

 

なかにはグラウンド内でPK合戦で一勝負してから集団に戻る選手たちの姿も、数多く見られました。

詰めかけたバスクの自転車ファンは、スタジアムのなかに入ることはできませんでしたが、スタジアムの外壁にあるオーロラビジョンで選手たちの様子を見ることができました。

サイクリストが楽しそうにサッカーごっこをしている姿に、観客の中から暖かな笑い声が聞こえてきました。

 

 

まとめ

ちょうどブエルタ・エスパーニャの中間地点となった、今年のバスクステージ。何度もこの地方を走っている選手たちが活躍する結果になりました。また、サンマメ・スタジアムでのスタートも新しい試みとして、ファンに好意的に受け入れられている様子でした。

海外カテゴリの最新記事