アウトドアシーンでも大活躍間違いなし! 永久に臭わない 潜水艦のために開発された消臭糸で作られたタオル【MIL_SPEC ミルスペック】

キャンパーに人気、DODカマボコテントのおすすめポイントはここだ!

キャンパーに人気、DODカマボコテントのおすすめポイントはここだ!
   
キャンプをする時に頭を悩ませるのがテントの問題です。テントを選ぶ時に、様々なポイントに気を付けながら選びますよね。今回紹介するDODのカマボコテントが1つあれば、タープとテント両方の役割を果たしてくれるので大変おすすめです。
   

広々とした快適なテントで人気

DODのカマボコテントは広々としたテントで、快適に過ごすことができます。

組み立てサイズの外寸でいうと幅は300cm、奥行きはなんと640cmもある非常に大きいサイズのテントです。

高さも195cmありますから成人男性が立っても安心です。

天井が低いといったことでストレスを感じることは少ないでしょう。

くわえて、寝室スペースは大人5人を収容できるほどの広さを持っており、非常に広々とゆったりしたテントです。

ここまで大きいと、収納サイズも大きく場所を取るんじゃないか?と思ってしまいますよね。

しかしDODのカマボコテントの収納サイズは幅68cm、奥行き32cm、高さ32cmと、比較的コンパクトなサイズに収まります。

重さは16.1kgと若干重たいように感じますが、オートキャンプでの使用であれば許容範囲でしょう。

また、快適に過ごすことができる要因は広さだけではありません。

DODのカマボコテントにはUPF50+のUVカット加工がアウターテントに施されており、UVカットにおいても十分な機能を持ち合わせています。

耐水圧の数値も、アウターテントは3000mm、フロアは5000mmなので、中程度の雨であれば耐えることができます。

突然の雨でもあまり気にしなくていいという点もこのテントで快適に過ごすことができる要因の1つです。

 
DOD カマボコテント

 

 

2ルーム機構

DOD カマボコテント
出典:DOD

 

DODのカマボコテントのおすすめポイントは何と言っても2ルーム機構が採用されている点です。

DODのカマボコテントにはリビングスペースと寝室スペースの2ルームが用意されているため、タープを張ってリビングスペースを作る必要がありません。

タープを張らなくてもよいとなると、荷物も減りますし、道具を揃えるためのコストも抑えることができます。

テントの中にあるリビングスペースだと小さいんじゃない?と思いますよね。

実際には十分なほどのリビングスペースが確保されており、大人10人を収容できるほどの広さがあります。

少人数でキャンプをする場合であれば、大人4,5人で広々とリビングスペースを使うことができます。

大人5人で寝ることができる寝室スペースと、大人10人が集まることができるようなリビングスペースをDODカマボコテント1つ貼ることだけで確保できる点はこのテントをおすすめできる理由の1つです。

 

 

タープを接続すればリビングを拡大可能

DOD カマボコテント
出典:DOD

 

DODカマボコテントはリビングスペースはそのままでも十分な広さがあるのですが、タープを接続することでさらに広いリビングスペースを確保することができるように設計されています。

別売りのT/C生地のチーズタープを接続し、チーカマスタイルでリビングを拡張、結露を防止したり、オクラタープを接続し、広いリビングスペースを確保する事も可能です。

タープを接続する事で、より広いリビングを確保できることはもちろん、タープポールの高さを調節する事で、開放感のある空間を作る事もできます。

DODカマボコテントに合うように設計されたタープが2種類も販売されている点も、道具選びに困らずに済みそうでいいですよね。

 

 

カマボコテント1つでオールシーズンいける!

DOD カマボコテント
出典:DOD

 

夏用や冬用のテントを買い分けなくても、DODカマボコテントはオールシーズンに対応しているため、これ1つあれば季節に合わせてテントを買い揃える必要がないのです。

DODカマボコテントはスクリーンタープのように、メッシュにすることができるため、夏のキャンプでは風通しを良くし、涼しく過ごすことができます。

また、従来のタープとは違い、蚊帳のような役割を果たしてくれるため蚊の侵入を防ぐことができるという点もおすすめポイントです。

冬はメッシュにした部分を閉めることで断熱もできますし、下からの風が入りにくいようにするためのスカートもついているため、快適に過ごすことができます。

 

 

用途によって選べる2サイズ

ここまで紹介してきたカマボコテントは大きめのサイズのカマボコテント2ですが、他にカマボコテントミニもあります。

カマボコテントミニはカマボコテント2と比べ非常にコンパクトなサイズに収まっており、リビングスペースは2〜3人で広々と使い、寝室も3人が寝れるほどのスペースを確保した仕様です。

3人ほどの少人数でのキャンプであればカマボコテントミニでも十分な広さがあります。

サイズ以外はカマボコテント2と同じスペックなので、少人数でのキャンプがメインで大きいサイズのテントは必要ないという方はカマボコテントミニがおすすめです。 
DOD カマボコテント

 

 

まとめ

今回紹介した、カマボコテント2とカマボコテントミニは2ルーム機構のテントで、これ1つあればタープも必要ないほど使い勝手の良い製品です。サイズが2種類あることもあり、各々のキャンプシーンに合わせてチョイスすることができます。テント選びに悩んでいる方は、カマボコテントを視野に入れてみてはどうでしょうか。

キャンプ道具カテゴリの最新記事