【スペイン・ロードバイク・レースレポート】日本代表チームが活躍!プルエバ・ビリャフランカ・オルディジアコ・クラシカ

Greenfield

【スペイン・ロードバイク・レースレポート】日本代表チームが活躍!プルエバ・ビリャフランカ・オルディジアコ・クラシカ

毎年7月25日にバスクのビリャフランカ(オルディジア)で開催されるプロのロードバイク・レースのプルエバ・ビリャフランカ・オルディジアコ・クラシカ。今年はこの大会に日本代表チームが参戦しました。例年になく暑い北スペインで開催された今年のレースの模様をお送りします。

歴史の古いロードバイクのレース

ロードバイク, スペイン

 

熱心な自転車ファンが多い地域として、そして多くの名自転車選手を輩出する地域として有名なスペイン・バスク地方。

毎年7月25日この地方のオルディジアで、プロのロードレースが開催されます。

それがプルエバ・ビリャフランカ・オルディジアコ・クラシカ。

今年で96回目の開催を迎える、スペインで2番目に古い自転車レースです。

コースは周回コース。

1周約33㎞のコースを5周します。

レースの距離は165㎞。

バスク地方特有の、距離は短くても斜度のある登りを何度も走ることになるこのレース。

それは同時に、選手たちはかなりのスピードで下る必要があることを意味します。

道幅が狭く、カーブが多いため、意外とテクニックの要求されるコースでもあります。

今年のこのレースの最大の敵は、高い気温でした。

レース当日の予想最高気温は37度。

朝10時のレースのスタート時点ですでに28度の気温でした。

風もほとんどなかったため、選手たちは高温のなか、過酷なレースに挑むことになりました。

 

 

日本代表チームの参加

ロードバイク, スペイン

 

今回、このレースに日本代表チームが参加しました。

出走したのは、ゼッケン番号順に、選手はゼッケン番号順に雨澤毅明選手、石橋学選手、石上優大選手、入部正太郎選手、小石祐馬選手、増田成幸選手、岡篤志選手の7人です。

この日、日本代表チームのライバルとなったのは、大レースの常連であるモービースターやイスラエル・サイクリング・アカデミー。

スペインのレースではおなじみの、カハ・ルラル・セグロス・RGA、ブルゴスBH、エウスカディ・バスクカントリ-・ムーリアス、フンダシオン・エウスカディ、チーム・コメタ。

ほかにもポルトガルやフランス、南米パラグアイ、アフリカのギニアのチームが参加し、国際色豊かなレースとなりました。

今回、2週間のヨーロッパ遠征の初戦としてこのレースに出走した日本代表チーム。

レース数日前にヨーロッパ入りしたとはいえ、時差ボケなどの影響はほとんどないまま、このレースに挑むことになりました。

 

 

石上優大選手がアンダー23歳のリーダーに

ロードバイク, スペイン

 

レースはスタート直後に数人の選手が落車したものの、30㎞ほどで逃げ集団が形成されます。

日本代表チームは入部選手をこの第1集団のなかに送りこむことに成功。

 

ロードバイク, スペイン

 

現役の日本チャンピオンの走りに、バスクの自転車ファンも注目します。

レース序盤で逃げ集団が形成された後、メイン集団はこのレースで優勝を狙うモービースターとエウスカディ・バスク・カントリー・ムリアスの2チームがしっかりとコントロール。

先頭集団とのタイム差を最大で3分ほどに抑えます。

その後は大きな落車もなく、一見淡々とレースは進みます。

 

ロードバイク, スペイン

 

しかし、レース中に気温は一気に上昇し、35度を超えます。

加えてコース上に日影はあまりなく、風もほとんど吹かない状況。

選手たちは暑さと戦いながらレースを進めることになりました。

レースが動きはじめたのは、ゴールまで残り60㎞ほどになってから。

メイン集団のペースが上がり、逃げ集団を吸収します

その後はモービースターやムーリアスをはじめとするチームの選手が、個々に大集団から抜け出そうとするも、すぐに集団に吸収される状況が続きます。

ゴールまで10数キロの地点で、モービースターのラファ・バリェス選手が仕かけたアタックが決まり、彼はそのままゴールまで独走。

 

ロードバイク, スペイン

 

彼が今年の優勝者となりました。

バリェス選手がゴールした後、29秒差で12人ほどの選手がスプリントでゴールに一気になだれ込みます。

各チームのエース級の選手がそろったこの集団の中に、日本代表の石上優大選手の姿がありました。

最終的に石上選手は7位でゴールします。

このゴールにより、石上選手はアンダー23カテゴリーのリーダーとなりました。

 

 

表彰式にて

ロードバイク, スペイン

 

そしてレース後の表彰式で、石上選手は2回表彰台に上ることになりました。

ひとつは、前述のアンダー23カテゴリーのこのレースのリーダーとして、もうひとつはこのレース名物の「ナイスガイ」賞の受賞者として、表彰されるためです。

この若き日本人自転車選手の活躍に、バスクの自転車関係者も感心している様子でした。

「これから先が楽しみな選手だよね。またこのレースに走りに来てほしいな」

このように話しているバスクの自転車関係者が複数いました。

 

 

まとめ

石上優大選手の表彰台で幕を閉じた今年のプルエバ・ビリャフランカ・オルディジアコ・クラシカ。日本代表チームのヨーロッパ遠征初戦としては、満足できるものだったのではないでしょうか。

 

公式アカウント

関連記事