アウトドアシーンでも大活躍間違いなし! 永久に臭わない 潜水艦のために開発された消臭糸で作られたタオル【MIL_SPEC ミルスペック】

【ルイガノ】おしゃれなロードバイクが魅力のルイガノとは?おすすめもご紹介

【ルイガノ】おしゃれなロードバイクが魅力のルイガノとは?おすすめもご紹介
   
ルイガノは、カナダ発のスポーツ用品のメーカーで、特にロードバイクなど自転車の品揃えが良いと評判です。カナダでもフランス領だったこともあり、フランスの影響を大きく受けてヨーロッパの雰囲気を残すルイガノの魅力とおすすめを紹介します。
   

ルイガノはカナダの自転車会社

ルイガノ ロードバイク

 

ルイガノは、カナダでもフランス語圏であるケベックに本部をおく、スポーツ用品のメーカーです。

創設者のルイ・ガノー氏は、13歳の時から自転車レースをはじめ、1983年には父親の家のガレージにて「ルイガノ」ブランドとしてサイクルウェアの制作をはじめました。

まだその当時はカラフルなウェアがない時代だったので、ルイガノでは14色のウェアを作り、デザインとカラフルさで人気になります。

また1984年のロスオリンピックには、自転車競技のカナダ代表として参加しています。

現在はサイクルウェアだけでなく、自転車、そして自転車のアクセサリーなど自転車で必要な物をトータルで作るメーカーになりました。

2018年ルイガノは、サイクルベースあさひが総販売代理店となり、日本国内向けのプロダクトデザインは有限会社アキコーポレーションが行っています。

そのため、日本人の体形や好みなどに合わせたデザインになっているといっても過言ではないでしょう。

 

 

デザインとカラフルさが人気の秘密

ルイガノ ロードバイク

 

ルイガノの1番のポイントとしてあげられるのは、デザインとカラフルさでしょう。

ルイ・ガノー氏は大学では芸術学部でアートを学んだので、アーティストとしてウェアを作成することを選択。

そういった部分は今でもしっかりと受け継がれていて、ルイガノの自転車を見てみると、オレンジ、ピンク、緑、紫、ブルーなど他のメーカーにはないようなきれいな色が多いです。

ルイガノは色合いをとても大切にしていて、とくに本部のあるケベックは、17世紀植民地時代にフランス領となっていたことから、言葉だけでなく、文化も色濃く残っている町です。

世界遺産にも登録されている美しい街並みを誇るケベックの町並みに似合うデザインをしているのです。

またルイガノのロードバイクの特徴としては、アルミフレームでも軽量のものを使っているので、全体的に軽くファーストロードバイクにぴったりです。

またロードバイクというと、どうしてもドロップハンドルが多いのですが、ルイガノではバタフライハンドルやフラットハンドルのものもありますので、自分の好みに合わせて選べるところも嬉しいポイント。

ルイガノの自転車は、電動アシスト自転車、ミニベロ、クロスバイク、スポーツ用、ジュニア用、キッズ用など合わせて12種類の豊富なラインアップがあります。

その中でもロードバイクは、AVIATOR(アビエーター)、BEACON(ビーコン)の2つがあります。

 

 

ルイガノのおすすめのロードバイク

ロードバイク CTR COMP(シーティーアールコンプ)2017年モデル

CTR COMPは、フレームはアルミロードで最上級モデルであるCTR COMPで、フォークはカーボン製のロードバイクです。

コンポはシマノでも上級モデルであるShimano105を搭載、ケーブルなどはフレーム内部にあるので、見た目もスッキリとしています。

また安定したハンドリングができるテーバードヘッドを採用しているので、ワンランク上の走りができます。

ブラックがメインカラーですが、部分的に黄色でカラーリングしてあるところがおしゃれで、通勤にもあう落ち着いたカラーリングが魅力。

 
ルイガノ ロードバイク

 

ロードバイク ルイガノ CTR COMP (グロスブラック) 2017 LOUIS GARNEAU

 

ルイガノ ビーコン9.0 2019年モデル

ルイガノ ビーコンは、ロードバイクの中でも特にロングライドに必要な機能が満載です。

すでに荷物などを積めるリアキャリアが標準装備されていますので、あとはバッグを用意すれば良いだけ。

荷物を持ってツーリングをしながらキャンプをするという、ツーリングキャンプにも最適です。

またビーコン9.0には、ロードバイクでよくあるドロップハンドルではなく、バタフライハンドルが装備。

バタフライハンドルというのは、ちょうちょの羽のように、大きなハンドルが特徴で日本ではあまり見ませんが、持ち手が多い他、引きつけや楽な前傾姿勢もできるので、長距離でも疲れにくいわけです。

またセンタースタンドが付属していますので、荷物がある時にも、倒すことなく駐輪することができます。

 

LOUIS GARNEAU(ルイガノ) BEACON9.0〔19 BEACON9-0〕ロードバイク【店頭受取限定】

 

 

NEWS

ロードバイクの本場ヨーロッパで人気の北欧メーカー「SWIX社」が展開する

「バイク ケアライン」がついに日本初上陸!

バイクウォッシュ

自転車を清潔に保つ、ボディ全体に使える強力で優しいクリーナー。
低温でも問題なくご利用いただけます。

 

 

 

 

ディグリーザー(脱脂剤)

効率的なチェーンクリーナー。自転車チェーンとギア、シャフトなどのための非常に強力な脱脂剤です。

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント(潤滑油)ウェット

水と汚れに強い耐久性!
オイルに適下することで、悪天候の過酷な条件下に対する耐久性をアップ。自転車チェーンのすべらかな運行を助けます。

 

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント (潤滑油)ドライ

ほこりや乾燥した天候下でのより良いシフティングのために。
自転車チェーンに使うことで、摩擦係数を下げるスプレーです。

 

 

 

 

まとめ

ルイガノは、おしゃれなロードバイクが多く、コスパも良いのでエントリーモデルとしてもおすすめです。ルイガノが自転車の生産をするようになったのは、割と最近ということもあり、ネームバリューと言う面では他の有名自転車メーカーに比べると劣りますが、自転車の性能や機能の面では十分。ルイガノのオシャレなロードバイクでサイクリングしてみませんか?

ロードバイクカテゴリの最新記事