ロードバイクでダウンヒルを安全に走るために必要なテクニックとは

Greenfield

ロードバイクでダウンヒルを安全に走るために必要なテクニックとは

ロードバイクで走るのは、平坦な道だけではありません。上り坂もあれば、下り坂もあります。特に、下り坂の場合、スピードが出やすく、事故のリスクが高まるので、より一層の安全意識が必要です。そもそもダウンヒルに恐怖感があるという人もいるかもしれません。そこで、今回はロードバイクのダウンヒルを、安全に走るためのテクニックをまとめます。

安全にダウンヒルを行うためのポイントについて

 

ヒルクライムで坂を上り切った後には、ダウンヒルが待っていますよね。

ペダルを漕がなくても、スピードが出やすく、バランスやコントロールが難しくなるので、一歩間違えると事故に繋がる可能性があります。

特に、スピードに乗った状態からの落車はとても危険で、大きな事故に繋がりかねません。

だからこそ、安全にダウンヒルを走るためのテクニックを身につけていきましょう。

ダウンヒルを安全に走るためのポイントは、以下の5つです。

 

・後輪荷重

・ブレーキング

・コーナリング

・視野

・体力マネジメント

 

これらのポイントを詳しく解説します。

 

 

ダウンヒルを安全に走るポイント① 後輪荷重

 

後輪荷重は、ダウンヒル時の基本的な乗車姿勢です。

ダウンヒルでは、無意識的に体重が前に傾いてしまいます。

その状態で走り続けたときにブレーキを掛けてしまうと、前方に一回転してしまうことがあります。

そういったことを防ぐためにも、ロードバイクの後側に体重を掛けて乗る必要があります。

後輪荷重の乗車姿勢は、まず、ハンドルの下ハンを持ち、サドルの後側に座ることでできます。

体の大部分を後ろに下げて、腕だけを前に出すようなイメージです。

後輪荷重は、ダウンヒル時にはとても重要ですので、常に意識してやるようにしましょう。

 

 

ダウンヒルを安全に走るポイント② ブレーキング

 

ダウンヒル時には、いつも以上にスピードが出ます。

そのため、ブレーキングを適宜行い、しっかりと減速することで、速度をコントロールしてください。

ダウンヒル時には、下ハンを持ってブレーキングをした方がいいです。

理由としては、下ハンの方が、ブレーキを力強く握りやすいからです。

そして、減速のタイミングですが、必ずコーナーに入る前に、曲がり切れる速度まで減速してください。

コーナー中にブレーキを掛けると、スリップの原因にもなるので、必ずコーナー手前でブレーキを掛けてください。

ブレーキを掛けるときは、お尻を後ろに突き出すようにしながら、後輪荷重を意識してください。

また、ダウンヒルで速度が上がりすぎないように、適度にブレーキングをしながら速度を調節することも重要です。

 

 

 

ダウンヒルを安全に走るポイント③ コーナリング

 

ダウンヒルでは、直線以外にも峠道によくあるコーナーがあります。

コーナーでは、曲がり切れないことによる衝突事故や、ロードバイクを傾けたことでのスリップなど、危険な場面が多いです。

スリップせずにコーナーを曲がり切るためには、速度の調節や、コーナーに入る前に前方を見て、コーナーの出口を確認することが重要です。

また、コーナーを曲がるときには、内側のペダルを上、外側のペダルを下にすることで、安定したコーナリングができます。

 

 

 

5.ダウンヒルを安全に走るポイント④ 視野

 

速度が出ている状態では、どうしても視野が狭くなってしまいますが、広い視野で走ることで、ダウンヒルも安全にこなせます。

例えば、前方にあるコーナーの入り口や状態、車などを減速させるためにある道路上の凹凸などの確認や、路面上の石やアスファルトのヒビ、対向車や後ろから来る車など、ダウンヒルでリスクになるような要素を捉えながら、確実にクリアしていくと安全に走れます。

ダウンヒルでは、周囲の状況を把握しながら、最適な速度やコースで走ることが、安全のために重要です。

 

 

 

ダウンヒルを安全に走るポイント⑤ 体力マネジメント

 

ダウンヒルをするときというのは、大抵ヒルクライムをした後です。

ヒルクライムで限界まで追い込んだ後、ヘトヘトになった状態で下りを走るのは危険です。

体力がない状態では、正確なバイクコントロールも難しくなりますし、1つ1つの安全意識も薄くなってしまいます。

なので、ヒルクライムをした後は、十分な休憩をとってからダウンヒルに臨んだ方がいいでしょう。

安全にダウンヒルを走るためには、こういった体力のマネジメントも必要です。

 

 

 

まとめ

ロードバイクに乗っていると、ついつい楽しくなってスピードを出してしまいがちですが、しっかりとしたバイクコントロールを身に着けないと、とても危険ですし、事故につながるリスクを高めてしまいます。安全に楽しくロードバイクに乗るためには、運転技術を身に着けることが重要ですが、ダウンヒルでは特に重要なので、今回紹介した技術を身に着けてください。

公式アカウント

関連記事