季節の変わり目に必須! 寒いときにさっと羽織れる、アウトドアに最適な持ち運びらくちんポータブルブランケットや、2WAYクッションブランケット

ディープリムホイールとは?ロードバイクのディープリムの効果とメリット・デメリット

ディープリムホイールとは?ロードバイクのディープリムの効果とメリット・デメリット
   
ロードバイクのホイール交換は非常に効果的な改造で、いろいろな種類があります。レースでよく使用されるものに「ディープリム」がありますが、いったいどんな効果があるのでしょうか。今回はディープリムホイールのメリットとデメリットについて解説します。
   

ディープリムホイールとは?

ロードバイク ディープリムホイール

 

ロードバイクのホイール交換は、本格的にロードバイクを楽しんでいればいつかは検討するだろうカスタマイズです。

ロードバイクの改造は軽量化が第一目的ですが、重いのに価格が高いディープリムホイールもあり、プロのレースでも装備したマシンをよく見かけますよね。

そもそもディープリムホイールとはどのようなものなのでしょうか。

 

リムが深いホイールのこと

ディープリムホイールは、その名のとおりリムが深いタイプのホイールです。

おもにリムの太さが30㎜以上のものをセミディープリム、50㎜を超えるホイールをディープリムと呼び、見た目的にも一般的なホイールとは大きな違いがありますよね。

基本的にカーボン素材が使用されていますが、それでもノーマルのホイールよりは重たいことが多いです。

 

レース用としてよく用いられる

ディープリムホイールは、一部のモデルを除いた完成車にはあまり搭載されておらず、交換で取り付ける場合が多いです。

とくにレース志向のライダーが好んで使用しているので、グランツールのマシンでもよく見かけますよね。

高価であること、また、メリットだけでなくデメリットもあるため、趣味乗り用マシーンで使われることは珍しいです。

 

 

ディープリムホイールにするメリット

ロードバイク ディープリムホイール

 

ディープリムホイールは効果で、カーボン製が多いのでやや扱いがデリケートな部分があります。

それでも多くのライダーがディープリムホイールを欲する理由は、成績を残すために有効なメリットがあるからです。

 

空気抵抗を軽減する

ロードバイクはスピードが速いため、空気抵抗も感じやすいです。

ノーマルのロードバイクでも、向かい風でスピードが出にくくなる経験をした方も多いでしょう。

ディープリムホイールは空気抵抗を減らすため、スピードが出しやすく、維持しやすいメリットがあります。

エアロフレームを採用したロードバイクだと、フレームの性能を生かすために、完成車でもディープリムを採用しているモデルがありますね。

 

SHIMANO(シマノ) WH-9000-C75-TU-F フロント単品

 

速度を維持しやすい

ディープリムホイールは空気抵抗が減らせるため、ペダリングが軽快になって速度を維持しやすいメリットがあります。

さらに、リムが太い分重さがあるので、慣性でホイールが回りやすく、スピードが落ちにくい特性もあります。

筆者がディープリムホイールを使っていたときは、空気抵抗よりも重さでホイールが回る感覚のほうが強く感じられました。

速度を重視するトラックレーサーやトライアスロンバイクでも、ディープリムホイールを装備したマシンが多いですよね。

 

campagnolo(カンパニョーロ) BORA ULTRA 80 TRACK TU F

 







シマノ デュラエース WH-R9100-C40-CL クリンチャー 前後セット(EWHR9100C40FRCC) ホイールバック付属
SuperTeam カーボン wheel 700C Road Bicycle wheelset 38/50/60/88mm 3K Matte

ロードバイクカテゴリの最新記事