キャンプに欠かせない焚き火。自然と炎を身近に感じたいキャンパーの理想を全部盛りしました。燃えにくいのは当たり前、タープ泊ガチ勢が開発した本気の一枚がここに誕生!火の粉が舞い上がっても安心して焚き火が出来ます。

ENJIN TARP

・焚き火の火の粉が舞い、生地に穴が空いてしまった。
・燃えにくい帆布やTC生地だと重くて持ち運びが億劫。
・別の難燃タープを買ったが生地がゴワゴワする。
・ギアに清潔感が欲しいけれども、今まで丸洗い出来なかった。
・かゆい部分に手が届かないからタープが張りづらかった。
・強風で苦労して張ったタープが破れてしまった。

そんなキャンパーの悩みを解決する、頑丈で機能性の高い一生モノのタープです。

ENJIN TARP

タープ下での焚き火でも気にする事無く、風が強い日、火の粉が多少生地に当たったぐらいでは穴が空いたりする事はございません。

ENJIN TARP

通常、難燃加工が施されている生地では洗濯や経年劣化による加工が剥がれてしまい、劣化がひどい時は1〜2回使用しただけで生地がボロボロになってしまいます。
ENJIN TARPでは、洗濯をしても糸や布自体に難燃性を保持しているため難燃力が低下する事はありません!

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】 私たちは日本のアウトドア、レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的とした総合ウェブメディアです。 これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者向けの様々な情報を中心に配信しております。 また、アウトドア関連のイベント情報やフィールドで活躍するスペシャリストの方、遊びを豊かにするアイテムを創造し形にするクリエイターの方をクローズアップいたします。