アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

植物性ミルク5選と活用レシピ

植物性ミルク5選と活用レシピ
穀物などの植物からつくられる植物性ミルク。試してみたくてもさまざまな種類があり、どれがよいのかわからないのではないでしょうか?そこで今回は、おすすめの植物性ミルクを5つピックアップ。選び方や活用レシピも紹介します。

注目されている植物性ミルクとは?

植物性ミルク

大豆やアーモンドなど、植物性の原料からつくられた飲料を植物性ミルクといいます。低カロリーで食物繊維が豊富なものがあるため、美容や健康への効果が期待できると注目されていますよ。

また、植物性ミルクには、牛乳に含まれるラクトースやカゼインが含まれていません。牛乳でアレルギーや腹痛を起こす人でも飲めるとされています。

加えて、植物性ミルクは、牛乳よりも環境にかかる負荷が少ないのが特徴。生産の過程で、温室効果ガスの排出量が少ないためです。牛乳の代わりに植物性ミルクを使用すると、環境問題に貢献できますよ。

出典:BBC「Climate change: Which vegan milk is best?

 

植物性ミルクの選び方

植物性ミルク

植物性ミルクは主原料によって栄養素や味、価格が異なります。選ぶときにチェックすべきポイントを説明しますね。

欲しい栄養素で選ぶ

日常の食生活で不足しがちな成分を含む植物性ミルクを選びましょう。植物性ミルクの成分については後述するので、参考にしてみてください。

なお、植物性ミルクは飲みやすくするために、砂糖が添加されているものがあります。カロリーが気になる人は、砂糖が不使用かチェックしましょう。

好きな味で決める

味の好みによって、植物性ミルクを選ぶのもよいでしょう。アーモンドミルクは香ばしい味、豆乳はまろやかな味など、種類によって風味が大きく変わります。自分の好みにあったものを探してみてください。

コストを重視する

価格も購入するときのポイントですよね。植物性ミルクの相場は、200mLの紙パックで100~250円くらい。種類やメーカーによって価格が異なるので、お財布と相談して決めると無理なく飲みつづけられます。

ページ: 1 2
   
   

ヴィーガン・エシカルカテゴリの最新記事