洗っていいの?ゴアテックスのアウターの機能性はメンテナンスで蘇る!!

Greenfield

洗っていいの?ゴアテックスのアウターの機能性はメンテナンスで蘇る!!

登山で活躍するアウター、レインウェア。高価なものでもあるので、できるだけ長く使っていきたいですよね。ゴアテックスを始め、防水性・撥水性のある製品は、普通の服と同じように、汚れたら手入れが必要です。雨に濡れたあと、汗をかいたあとは、きちんと手入れをしないと、撥水性が落ちるばかりでなく、ウェア自体の劣化が早くなってしまいますよ。今回は、ゴアテックスウェアのお手入れについてご紹介いたします!

ゴアテックスは洗濯しても大丈夫なの?

出典 Patagonia

 

「防水性だから洗ったら効果が落ちる」こう考えている方も少なくないようです。

ところが実際、汗や皮脂で汚れたウェアをそのままにしておくと、性能は逆に落ちてしまいます。

また、そのまま長時間しまい込んでおくことで、汚れが湿気を含み、カビの原因になることも。

ゴアテックス公式サイトでも紹介されていますが、実は洗濯しても大丈夫なんです。

むしろ、正しい洗濯をすることで、機能性が蘇るんですよ♪

ここからは、ゴアテックスウェアを長く快適に着続けるための、洗濯を含めたメンテナンス方法を紹介します!

 

 

ゴアテックスの手入れ方法

洗濯機で洗えるゴアテックス。

実際に、どのような点に気を付けて手入れをしたらいいのか、手順に沿ってご紹介いたします。

それぞれの製品ごとに注意事項が異なる場合があるため、洗濯したい製品のタグも確認してみてくださいね。

 

洗い方

洗濯機に入れる前に

泥汚れや油汚れがあれば、先に軽く手洗いをします。

撥水性素材は汚れが繊維の奥に染み込みにくいので、油汚れも落としやすいです。

山頂で食べたラーメンの油が付いてしまっても諦めないでくださいね♪

ファスナーはすべて閉じ、ファスナーと洗濯槽がこすれやすいので、ネットに入れてから洗濯機に入れましょう。

 

洗濯機の設定

 

洗濯機で、他の洗濯物と同じように洗います。

洗い→すすぎ(2回以上)→脱水(かるく)

ぬるま湯(40℃)で洗うことで、汚れが落ちやすくなります。

また、洗剤をしっかり落とすためにすすぎは2回以上行いましょう。

 

洗剤の選び方

洗剤は中性の液体洗剤を使用しましょう。

家庭用でも大丈夫ですが、蛍光剤や漂白剤を含んでいるものは向いていません。

アウトドア店舗でも取り扱っている、防水・撥水性素材のために作られた洗剤の方が安心して洗えますよ。

 

 

漂白剤や柔軟剤は、生地を傷めるので使用しないようにしましょう。

 

干し方

軽く脱水したあと、ハンガーにかけて干します。

水が滴るようなら、タオルで軽く水気をとってください。

直射日光に長時間当たらないようにしましょう。

 

撥水性を蘇らせる方法

 

ゴアテックスウェアは、熱を加えることで撥水性が回復します!

ウェアが完全に乾いてから、標準温度で15分〜20分程乾燥機にかけてあげましょう。

乾燥機がない場合、アイロンの使用も効果的です。

あて布を使用することと、スチームは使わないことを注意してくださいね。

アイロンもない場合は、ドライヤーを少しずつ位置を動かしながら当ててください。

また、メンテナンスしていたのに、撥水性が回復しなくなってきたということであれば、撥水剤を取り入れてみましょう。

乾燥後、撥水剤を使用することで、より撥水効果が高まります。

この場合は、洗濯→乾燥→撥水剤の塗布→乾燥→熱処理(乾燥機やアイロンなど)の順番で行いましょう。

 

 

洗濯の頻度

目で見て汚れていれば洗いましょう。

また、目に見えない汗、皮脂汚れも素材を傷める原因となりますので、汚れて見えなくても定期的に洗ってください。

汚れを取り除いた状態にすることが、撥水性と透湿性を長期間維持させます。

頻繁に使用しているなら、2,3週間に一度、数ヶ月に一度の使用でもシーズンに一回は洗うことをおすすめします!

 

 

ゴアテックスの寿命

ゴアテックスとは厳密に言うと、通常ナイロンなどの表地と裏地に挟まれている、メンブレンと呼ばれる薄い膜のこと。

ふつうに使用した際、メンブレン自体の劣化はほとんどないそうです。

しかし、ウェアは長期間使用することで、メンブレンを挟んでいた生地が剥離してきたり、シームテープが剥がれてきたりします。

剥離すると透湿性が失われてしまい、内側が結露してしまいますし、テープが剥がれるとシーム(縫い目)から水が入ってきてしますので、レインウェアとしての機能を果たさなくなります。

これらは見た目ですぐに分かるので、寿命の目安にしてください。

メンテナンスは、この劣化をできるだけ遅くするためにとても大切なんですよ。

 

 

 

まとめ

悪天候時に重要なパートナーとなるゴアテックスウェア。普段の洗濯と同様に、下山後はアウターも洗濯することをおすすめします!ポイントは、乾燥機やアイロンの熱で撥水性を蘇らせること。丁寧にメンテナンスすれば、長期間に渡って活躍してくれますよ♪

公式アカウント

関連記事