ロードバイクにディスクブレーキは必要?メリット・デメリットを考えてみた

Greenfield

ロードバイクにディスクブレーキは必要?メリット・デメリットを考えてみた

マウンテンバイクには、当たり前のように取り付けられているディスクブレーキ。近年、ロードバイク業界にもディスクブレーキ化の波が来ています。プロの自転車ロードレースでも、ディスクブレーキを搭載したロードバイクが使われたり、販売向けのロードバイクにも、ディスクブレーキに対応したモデルが続々と登場しています。これからロードバイクを購入される方や、買い替えを検討される方にとって、ディスクブレーキは迷える選択肢になるでしょう。そこで今回はディスクブレーキのメリットとデメリットをまとめていきます。

ディスクブレーキってそもそもどんなもの?

 

まずは、ディスクブレーキの基本的な説明から。

自転車に使われているブレーキには、主にキャリパーブレーキとディスクブレーキの2種類があります。

キャリパーブレーキは、シティサイクルからロードバイクなどのスポーツサイクルまで幅広く使われているブレーキで、ホイールのリム部分をブレーキシューで挟むことによって、停止・減速ができます。

ディスクブレーキは、マウンテンバイクやシクロクロスなど、オフロード向けの自転車に主流なブレーキで、ホイールの中心部分に付けられた「ブレーキローター」というパーツを挟み込むことによって、ホイールの回転を止める仕組みです。

これまでロードバイクには、キャリパーブレーキが使われていましたが、近年のトレンドとして、ロードバイクにもディスクブレーキを搭載した方がいいのではないか、という流れが起きています。

ディスクブレーキが対応したロードバイクの購入を検討されている方は、キャリパーブレーキとの違いをよく比較したうえで、購入することをおすすめします。

 

 

ディスクブレーキのメリット

 

ディスクブレーキのメリットには一体どんなものがあるのでしょうか。

ここでは、ディスクブレーキを搭載するメリットをまとめていきます。

 

①制動力が上がる

ディスクブレーキは、マウンテンバイクなどオフロードを走ること想定して付けられたブレーキなので、キャリパーブレーキよりも制動力に優れています。

また、雨天時などでも制動力が安定しているのもディスクブレーキのメリットです。

キャリパーブレーキでは、リムが濡れることによって制動力が落ちるという面があるので、制動力の強さ、安定性に関しては、ディスクブレーキに軍配が上がります。

 

②リムを軽量化できる

ロードバイクにとって、車体の重量はできるだけ軽くしたいですよね。

キャリパーブレーキを使用する場合、ホイールには、リムとブレーキシューとの摩擦を考慮して設計されるため、熱に弱いカーボンホイールは扱いが難しいです。

ディスクブレーキは、ブレーキによる摩擦をホイールが考慮しなくてもいいので、その分耐熱性や耐摩耗性がいらない、軽量のカーボンホイールを気兼ねなく使えます。

キャリパーブレーキの場合、下り坂のスピードが出る場所で、強くブレーキを掛けると摩擦熱でカーボンホイールが変形する恐れがあります。

せっかく高いお金を出して購入したホイールを大事に使うなら、ディスクブレーキの方が適しています。

 

 

ディスクブレーキのデメリット

 

マウンテンバイクでは長年使われているディスクブレーキですが、ロードバイクに搭載され始めたのは最近になってからです。

そのため、ロードバイクにディスクブレーキを使用するデメリットがいくつかあります。

ディスクブレーキを検討されている方は、知っておいた方がいいでしょう。

 

①空力性能が悪い

ディスクブレーキを使う場合、ホイールに使うスポークの本数を多くしなければなりません。

スポークの本数が多くなると、自然と走行時の空気抵抗が増します。

ロードバイクにとって、空気抵抗の軽減は至上命題でもあり、ディスクブレーキの難しい所です。

 

②メンテナンスや交換が大変

キャリパーブレーキだと、メンテナンスや交換はとても簡単にできます。

しかし、ディスクブレーキの場合、部品数や構造など慣れていないと難しい面も多く、最近使われ始めたということもあり、パーツの互換性や規格なども知る必要があります。

長年使われ続けてきたキャリパーブレーキは、その辺りの問題をクリアしています。

時間の問題かもしれませんが、扱いやすさ・使い勝手の面でディスクブレーキはまだまだ発展途上といえるでしょう。

 

③ブレーキローターが危険

ディスクブレーキでは、走行中円盤状のブレーキローターが高速で回転します。

また、ブレーキの使用によってブレーキローター自体が熱を持ちます。

高温かつ高速で回転するブレーキローターが、体に触れた場合、危険が伴います。

実際にプロの自転車ロードレースでは、ブレーキローターで足が切れた選手もいました。

安全面では、ディスクブレーキはまだまだ課題が多いようです。

 

 

まとめ

ディスクブレーキは制動力に優れる反面、まだまだ発展途上で課題も多いことがわかります。とはいえ、ディスクブレーキ自体は優れたブレーキでもあり、課題をクリアしていくことで、今後のロードバイクのトレンドになっていくでしょう。新しいものが好きなら、試してみることをおすすめします。

関連記事