猛暑日が続いてダウン寸前?熱中症を防ぐ食事や対策をもう一度おさらいしよう!

Greenfield

猛暑日が続いてダウン寸前?熱中症を防ぐ食事や対策をもう一度おさらいしよう!

みなさんは、毎日きちんと熱中症対策をしていますか?以前は35℃以上になることはまれでしたが、最近は地球の温暖化やヒートアイランド現象の影響で、35℃以上の猛暑日が当たり前になっています。それに伴い、都市部を中心に熱中症患者も急増中。熱中症は、重篤になると命に関わることもあるため、決して甘く見てはいけません。今回は、熱中症の予防策や対処法についてもう一度おさらいしようと思います。

熱中症はこんな症状!

熱中症はこんな症状!

 

暑さに身体が慣れていない時期は、熱中症になりやすいので要注意です。

特に、梅雨明けしたての猛暑日が続く時期や、長い間オフィスや部屋で冷房にあたっていて急に外へ出かけるときには注意してください。

熱中症かも…と疑われる症状がでたときにはすみやかに適切な応急対策をとるようにしましょう。

以下では熱中症の主な症状をまとめてみました。

 

めまい

「めまい・たちくらみ」は熱中症の初期症状です。

すみやかに経口補水液などで水分補給を行って、涼しい場所で休憩するなどの対応処置を行ってください。

 

頭痛や吐き気

頭がガンガンする、または吐き気がする場合も熱中症のサイン。

涼しい場所に移動して、経口補水液や塩をひとつまみ入れた麦茶などで水分補給を行いましょう。

水分補給はこまめに、喉が渇く前に行うことがポイントです。

 

筋肉痛やけいれん・こむら返り

筋肉痛や筋肉のけいれん、こむら返り(足がつる)といった症状は体内の水分が不足しているサインです。

スポーツや農作業などで、大量に汗をかいたときによく起こります。

特に筋肉のけいれんは、血中の塩分が不足しているために起こる症状です。

経口補水液や塩分の入った飲み物で水分をこまめに補給するようにしてください。

 

 

意識障害・呼びかけに反応しない

意識がない、呼びかけに反応しないといった症状は、重篤な熱中症にかかっているサイン。

救急車を呼んで、早急に医療機関へ搬送してください。

搬送中は首回りやわきの下、脚の付け根に保冷剤をはさむなどして、体温を下げる応急処置を行いましょう。

 

 

熱中症の予防に役立つ料理の簡単レシピ

熱中症の予防に役立つ料理の簡単レシピ

 

不規則な生活習慣や食習慣は、熱中症や夏バテの要因。

ふだんからバランスのとれた栄養のある食事を摂取して、睡眠も十分とるようにしてください。

ここからは、夏バテや熱中症予防に役立つ食事の簡単レシピをご紹介します。

 

トマトと玉ネギの冷製サラダ

地中海沿岸、チュニジアやモロッコなどでよく食べられているサラダです。

トマトには過酷な暑さを乗り切るためのリコピンが含まれ、玉ねぎには硫化アリルが含まれています。

硫化アリルは体内に入るとアリシンに変化します。

アリシンはビタミンB1と結合してアリチアミンという物質を合成します。

アリチアミンは、血中のビタミンB1を持続させ、疲労回復に効果があるといわれています。

 

【材料】

トマト・玉ネギ・オリーブオイル・塩少々

【作り方】

トマトは適当な大きさにカットし、玉ネギはスライスして数分間水にさらします。

トマトと水をきった玉ネギスライスをオリーブオイルと塩(適量)で和えたら完成です。

 

キュウリのモロッコサラダ

キュウリにはカリウムが豊富に含まれています。

カリウムは体内の塩分と水分バランスを整える役割を担っています。

しかし夏場は汗とともにカリウムが体外へ排出されるため、カリウム不足になりがちです。

カリウム不足は夏バテの原因になります。

 

【材料】

キュウリ・ヨーグルト・ニンニク・塩(適量)

【作り方】

キュウリを5㎜角にカットして、すりおろしたニンニク、水切りしたヨーグルト、塩(適量)で和えます。

 

鶏ムネ肉の豆乳ソース

鶏ムネ肉の豆乳ソース

 

鶏ムネ肉には、翼成分の異名を持つ「イミダゾールペプチド(イミダペプチド)」が含まれています。

イミダペプチドには、夏の過酷な環境に耐える抗酸化作用と抗疲労効果があります。

豆乳にはイソフラボンをはじめ、タンパク質、カルシウム、ビタミン類がバランスよく含まれています。

 

【材料】

鶏ムネ肉・豆乳・酢・黒コショウ・塩

【作り方】

鶏ムネ肉を均一な厚さになるように観音開きにして、片面に塩と黒コショウをふり、ロールケーキのようにくるくると巻いて、ラップでハム状に包んで両端を結びます。

沸騰したお湯にラップで包んだ鶏ムネ肉を沈め、弱火で20分ほど火を通します。

20分したら火を止めてさめるまでそのままの状態にして、さめたら冷蔵庫で1時間ほど冷やします。

冷えた鶏ムネ肉を輪切りにしてお皿に盛ります。

塩適量で味を調えた豆乳に酢を足してトロミをつけ鶏ムネ肉にかけます。

 

 

 

熱中症になった場合の応急策

熱中症になった場合の応急策

意識がない場合

熱中症は症状によって応急処置や対応が異なります。

意識がない、または意識がもうろうとしている場合は、重篤な熱中症の症状です。

早急に救急車を呼んで医療機関に搬送するようにしてください。

医療機関に搬送する間は、「氷のう」や保冷剤をタオルで巻いて、首回りやわきの下、脚の付け根を集中的に冷やします。

 

 

頭痛や吐き気がする場合

できるだけ涼しい場所に移動して身体をクールダウンさせましょう。

自分で水が飲める場合は、塩を含んだ飲料や経口補水液などでこまめに水分補給します。

自力で水が飲めない場合は、すぐに医療機関でみてもらいましょう。

 

経口補水液の作り方

家にあるものでできる、経口補水液の作り方をご紹介します。

以下の材料を混ぜあわせるだけです。

 

水:1リットル

塩:3g(小さじ1/2)

砂糖:40g(大さじ4と1/2)

 

 

 

まとめ

今回は、熱中症の対応策や予防策についておさらいしました。食欲のわかない夏場も、きちんとしたバランスのとれた食生活を心がけましょう。睡眠不足やお酒の飲みすぎも熱中症の原因になることがあります。夏バテや熱中症予防には、規則正しい生活習慣がポイントになります。

公式アカウント

関連記事